« 冬のイスタンブールでナイター競馬! | トップページ | 旅打ちトルコ競馬! 東西文明が交わる熱情ナイター »

2010.03.14

桜の切符を賭けて 笠松の期待を背負うラブミーチャン

「不思議の国、笠松」というフレーズを聞いたことがあるファンも少なくないのではないだろうか。フェートノーザン、オグリキャップ、オグリローマン、ライデンリーダー、レジェンドハンターなど、この小さな地方競馬場は不思議と全国区の名馬を誕生させてきた。一説には毎日、厩舎から競馬場へと至る坂道を歩かせることで、馬が鍛えられるのだとも聞くが確かではない。だが、トモが緩くて中央では満足に調教時計も出せなかったコパノハニーが、笠松に移って2歳ダートの頂点を極めるラブミーチャンに変身したのを見ると、不思議の力の存在を感じずにはいられないのだ。そのラブミーチャンが桜花賞への切符をかけて、初めて中央の芝に挑むフィリーズレビュー。話題性ほど記者の印は集めなかったが、前日売りでは単勝3.8倍前後の1番人気に推されている。父サウスヴィグラス、母の父アサティスともダートで圧倒的な良績を残しているだけに、芝の走りに懐疑的になるのが当然だが、3歳春までなら能力差で芝を克服するケースも見られること、そして何よりラブミーチャンが持つ強運に乗ってみようというファンの期待が人気を押し上げているのではないか。

馬主のドクターコパ氏は風水の方位で笠松への移籍を決断し、画数の良い馬名へ変更することにしたそうだが、その効果か、ワイドショーを含めてテレビ局が押し寄せたり、阪神への応援バスツアーが組まれたりと、プチハルウララ現象が起きつつある。新たなスターの出現は、存続の瀬戸際に立たされ続けている笠松競馬にとって願ってもないものでもある。今月、懸案の一部地主による土地明け渡し訴訟で和解したものの、賃料の支払いによって5年ぶりの赤字に転落。さらに厳しい経営状態に直面した。それでも、来年度、プラス予算を編成することにしたのは、ラブミーチャン効果による増収を見込んでのこと。笠松競馬は同馬の広報活動を強化することで、新規ファンの獲得につなげたいとしている。オグリの時代と違い、地方に在籍したまま中央のG1に参戦できる今、同馬が息長く活躍するほど売上面にも影響をもたらそう。しかし、そのためにはG1級の能力を発揮するのが大前提。ラブミーチャンは諸先輩より少し重い期待を背負って、初めてのターフを駆けることになる。何としても切符を取りたい。

>>ラブミーチャン公式サイト

|

« 冬のイスタンブールでナイター競馬! | トップページ | 旅打ちトルコ競馬! 東西文明が交わる熱情ナイター »

事前見解」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/47805337

この記事へのトラックバック一覧です: 桜の切符を賭けて 笠松の期待を背負うラブミーチャン:

» 【フィリーズレビュー】サウンドバリアーV ラブミーチャンは12着 [堺市の賃貸不動産屋で働く、営業マンの日記]
今日はフィリーズレビュー。地方競馬の星「ラブミーチャン」は、予想通り馬群に沈みました。父サウスヴィグラスだけならまだしも、母系がアサティスですもんね。厳しいのは・・・ [続きを読む]

受信: 2010.03.14 17:41

» レギュラーメンバーとラブミーチャンが出走取消 [堺市の賃貸不動産屋さんで働く、営業マンのブログ]
どうした?ラブミーチャン? 出走取り消しだそうな。 大した事がなければ良いですが。 久々に南関東のメンバーみると、 [続きを読む]

受信: 2010.03.22 18:22

« 冬のイスタンブールでナイター競馬! | トップページ | 旅打ちトルコ競馬! 東西文明が交わる熱情ナイター »