« ダイヤモンドS予想 2010 | トップページ | フェブラリーステークス予想 2010 »

2010.02.16

きさらぎ賞回顧 後方一気レーヴドリアンは2着まで

春のクラシック、とりわけダービーとは非常に相性の良い、きさらぎ賞。今年、人気を集めたのは未勝利、福寿草特別を鋭い差し脚で勝ち上がってきたレーヴドリアンだった。個人的にも、仲間内でやっているPOG の1位指名馬であり、重賞にも手が届きそうな唯一の砦でもあって、どんなレースをしてくれるのか期待と不安をもって観ていた。スタートして藤岡佑が仕掛けていくものの、行き脚がつかず最後方に置かれる。無理に押してかかり癖をつけるのはマズイと思ったのか、間もなく藤岡佑は後方待機に腹を決めたよう。 1000メートル通過は60秒4の平均ペース。ゆっくりと追走しながら、ようやくエンジンキーを回したのは4角。ロスを承知で大外を回し、殿から追い込んでくる。内の馬群を目標に差し脚を繰り出したが、ネオヴァンドームにクビ差、届かなかった。ディープインパクトでない馬がディープしちゃった、のかもしれないが、それなりに上がりのかかる競馬だったことを考えると、勝ちきってほしかったというのが偽らざるところ。テンに脚がない以上、こうした競馬はやむを得ないのだろうが、それでもローズキングダム、ヴィクトワールピサを追う第2集団にいることは確信させる中身ではあった。

今回の2着はローテーションにも影響を与えそうだ。収得賞金は1700万円。皐月賞の出走権はほぼ手に入れたが、ダービーには少し足りない。不器用な同馬にとって、皐月賞は条件の良いレースではない。兄のアプレザンレーヴは青葉賞からダービーを歩んだように、この馬も皐月賞はパスして、毎日杯あたりからダービーをめざすほうが適していると感じる。仮に皐月賞へ直行して5着以下に敗れれば、ダービー参戦は厳しくなる。デビュー戦から毎レース、馬体重が減っているのも気がかり。松田博師はどんな決断を下すのか、注目したい。勝ったネオヴァンドームは中間熱発もあったが、デムーロが巧く導いた。ゴール前、斜行してしまったのはいただけないが。3着ステージプレゼンスもキャリアを積めば先々が楽しみ。勝ち馬に前に入られる不利があったインペリアルマーチは4着。馬体は556キロと、絞り切れなかった前走のデビュー戦よりプラス体重だった。4角でも外に膨れるなど幼さを見せた内容ではあったが、それだけに本格化した後の姿を早く見てみたい気持ちにさせられた。番手につけるスピードがあるように、母キョウエイマーチ同様、マイルに適性があるのかもしれない。

|

« ダイヤモンドS予想 2010 | トップページ | フェブラリーステークス予想 2010 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/47585480

この記事へのトラックバック一覧です: きさらぎ賞回顧 後方一気レーヴドリアンは2着まで:

« ダイヤモンドS予想 2010 | トップページ | フェブラリーステークス予想 2010 »