« G1・8勝 ヴァーミリアンが”ルドルフ超え”の呪縛解く | トップページ | 猫ぱんち予想 エリザベス女王杯2009 »

2009.11.06

馬券に生かせる? 武豊が明かした乗り替わり情報

ボクはカレンナホホエミを依頼されていて、追い切りにも騎乗していたのですが、同じ橋口厩舎のグレナディーンに圧倒されてしまいました。すると、橋口先生が急に「ファンタジーSに2頭使うことに決めたから、君はグレナディーンに乗ってくれないか」という指示。非常に珍しいケースですが、そういうわけで騎乗馬が変更になりました。(武豊オフィシャルサイト)

今週、武豊が自らの日記で披露した、ちょっと変わったエピソード。日曜・京都のメイン、ファンタジーSで新馬、フェニックス賞を連勝したカレンナホホエミに騎乗するはずだった武豊が、条件戦に出走予定だったグレナディーンへ騎乗変更を依頼されたというのだ。乗り替わりの事情は表立って新聞に書かれることはほとんどないが、同厩とはいえファンへ公に伝えられるのは面白い。グレナディーンは前走、1番人気が予想されるラナンキュラスに負けているものの、後ろから他馬に乗りかけられる不利があっての敗戦。巻き返しは大いにあろう。一方、カレンナホホエミも母テンシノキセキ譲りの快速馬で、オープンを勝っている実績がある。同馬には小牧太が乗ることになったが、上述のような舞台裏を聞くと頭からは買いにくい。しかし、下降した人気はレースではプラスに働く。馬券作戦にはこの情報をどう反映させるのか、とても悩ましい。もしカレンナホホエミが勝つようなことがあれば橋口師も立つ瀬があるまいが、果たして?

|

« G1・8勝 ヴァーミリアンが”ルドルフ超え”の呪縛解く | トップページ | 猫ぱんち予想 エリザベス女王杯2009 »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

一瞬だけグレナディーンで全力勝負しようかと思ったけど…。
結局カレンナに負けて、乗り代わりは社台の意向でした~ってオチになったりして。
(それが表に出ることは絶対ないだろうが)

武さんのブログってすごく自己保身臭がするんだよね。
まぁ騎手としてはすごく正しい姿なんだけど。
どの発言が本当で、どれが自分のための嘘なのか…。

投稿: あさか | 2009.11.06 16:07

数年前までは、武さんは乗り代わり前に乗ってた馬には先着されないっていうデータ?ジンクス?があった気がします。(G1だけ?)
G1のときはよくこれで取捨選択してました。かなり使えたんですが、安勝さんの登場でこのジンクスが崩れたような記憶があります。
乗り馬は確かビリーブだったかと。
間違ってたらごめんなさい。
 武さん、今年は勝率が前年・通算と比べても落ちてますね。それでも、大多数のジョッキーの成績を凌駕しているのはすごいです。
カレンナホホエミのオーナーは胸くそ悪いでしょうね。心情的にこちらを応援します。

投稿: | 2009.11.08 01:05

>あさかさま グレナディーン馬券になりましたね。私はラナン頭固定したばっかりに、とり損ねました。

>ななしさん カレンナホホエミはやはり調子がよくなかったようですね。さすがプロ!

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2009.11.08 16:19

馬券になりましたね~。武さんごめんなさいw
やっぱり2歳馬はわからんなぁ……古馬もわからんけど。

投稿: あさか | 2009.11.08 21:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/46686197

この記事へのトラックバック一覧です: 馬券に生かせる? 武豊が明かした乗り替わり情報:

« G1・8勝 ヴァーミリアンが”ルドルフ超え”の呪縛解く | トップページ | 猫ぱんち予想 エリザベス女王杯2009 »