« 猫ぱんち予想 ジャパンカップ2009 | トップページ | ”2年半ぶりアドマイヤに武豊” Yahoo!ヘッドラインに »

2009.11.30

ジャパンカップ回顧 ”ウオッカ”というドラマの大団円

復活の勝利を望みつつも、勝つまでは難しいかもしれない。レース前、多くのファンの偽らざる心情でなかったか。それが現れていたのは微妙なオッズの揺れ。単勝はウオッカが1番人気でも、3連単のアタマはコンデュイットから売れていた。秋2戦、カンパニーに完敗していたウオッカ。最大の敵は折り合いと衰えゆく闘争心であるとされ、距離が延長されるジャパンカップでは条件はさらに厳しくなると見られていた。レースは武豊・リーチザクラウンが先手を奪い、アサクサキングス、エイシンデピュティが追いかける展開。ウオッカはその直後につけ、四位・レッドディザイヤは中団、内田博・オウケンブルースリは後方待機。道中も約12秒フラットの淀みないラップが続き、1000メートル通過は59秒0。前後半に差のないミドルペースが生まれた。エ女王杯、マイルCSと2週続けて逃げ馬に楽をさせてしまったことが、ジャパンカップでは騎手の心理として逆作用したのかもしれない。この流れ、ウオッカ陣営から「5、6番手の好位」を命じられていたルメールには願ってもないものだった。直線では一瞬の切れ味で後続を突き放すと、オウケンブルースリの追撃をわずか2センチだけ凌ぎきってゴールした。

ジャパンカップ、天皇賞秋と、これほどの大舞台で2センチ差の勝利を2度もモノにする馬はお目にかかれまい。ウオッカは”持っている”サラブレッドなのだろう。ルメールはレース後も勝利の確信が持てず、ウイニングランはおろか、引き上げてきた馬道でも関係者に「2着」のジェスチャーを送ったほど。ゴールを過ぎてからは、完全にオウケンの勢いが勝っていた。騎乗法にベストなセオリーがあり、それがゴール板ぴったりにスピードもスタミナもお釣りなく使い切ることであるならば、今回の手綱さばきは神業と表されるものなのかもしれない。ほかの乗り方で1着を取るシーンは思い浮かばない。ウオッカは騎手にとって難しい馬だ。掛かることを怖れれば、ハナに行くか、後方で抑えるしかない。昨秋の天皇賞のようなハイペースで先団追走が理想的な競馬だが、いかんせん展開は時の運。陣営が求めたのは、岩田が”独断先行”した去年の安田記念の競馬であっただろう。だからこそ、武豊を降ろし、「掛かるイメージを持たない」ルメールを配した。トップジョッキーの面子を潰す交代劇は勇気の要る決断だ。だが、不完全燃焼の秋2戦は陣営にマグマをたぎらせ、大きな賭けに出ることを後押しした。

レース後、ウオッカは鼻出血を発症していたことが明らかになった。症状は軽いが、日本牝馬初のJC優勝を果たしたことで、役目は終えたのだと訴えているよう。これ以上、ウオッカを走らせるべきではない。振り返れば4年、ウオッカの闘いは圧倒的な能力を誇示する過去の名馬たちとは一線を画すものだった。ライバルに逆転された桜花賞。それでもダービーを選び、勝利した64年ぶりの偉業。精彩を欠いた宝塚記念からの7連敗。その間には凱旋門賞断念もあった。安田記念での復活劇。ダイワスカーレットとの歴史的名勝負となった盾。海外遠征での挫折。そして、この秋…。これほどファンに喜び、怒り、哀しみ、楽しみを与え、見事な大団円を迎えた馬がいただろうか。オグリキャップか、トウカイテイオーか。ウオッカは彼らと同じく、数字だけでは語りえない”記憶”を競馬界に刻んだ。そうしたドラマを演出し続けたのが、谷水オーナーであり、角居師である。社交辞令ではない。リスクに過剰な恐れを抱くことなく、繊細に馬の状態を見極め、未踏の領野へ歩みを進めた。彼らの存在がなければ、ウオッカは一介のオークス馬に名を留めていた可能性もあった。一ファンとして、深く御礼申し上げたい。

同タイム2分22秒4、オウケンブルースリ。4角でコスモバルクの外を回すロスが、2センチの差となって響いた。しかし、これは結果論。先行勢総崩れのなかで、あれほどウオッカが脚を残しているとは計算できない。普通のレースなら楽勝だった。今回はライバルの能力も、手綱さばきも普通ではなかった。音無師は有馬記念出走には懐疑的のようだが、じっくり休養して春の盾には万全の状態で臨んでほしい。来年の古馬戦線はオウケンにかかっている。3着はレッドディザイヤ。この馬の好走で3歳牝馬のレベルの高さが改めて証明された。同等以上のポテンシャルのあるブエナビスタの古馬との対決も楽しみになった。4着にマイネルが連れてきたコンデュイット。押せ押せのローテで疲労が蓄積していたなかでの健闘、大いに評価されるべきだ。武豊のリーチザクラウンは9着。形としてはウオッカのラビットを務めることになってしまったが、今後も折り合いをつけられるかが課題になる。もしかしたら武豊はウオッカ陣営とは別の意味で泣きたい気持ちになったかもしれないが、こんなことで意気消沈するジョッキーではない。師走競馬は気持ちを沸騰させて、リーディング争い、ウチパク逆転へ猛スパートをかけてくる気がする。

|

« 猫ぱんち予想 ジャパンカップ2009 | トップページ | ”2年半ぶりアドマイヤに武豊” Yahoo!ヘッドラインに »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

 陣営の執念がウオッカの首を押さえ込むルメールにのりうつったようでした。
ヒシアマゾン、エアグルーブのときのJCとは日本勢と外国勢の勢力図は完全に入れ替わった形。
馬のレベル・調教技術などは肩を並べたといっていいんでしょう。
しかし、乗る方はいまだに外圧にさらされてますね。
日本のトップジョッキーである武豊が『マイラー色がでてる、天皇賞は完敗』と評した馬に、ルメールが乗ると東京2400Mを先行して勝ってしまう。
当日、東京でスミヨンが勝ちまくってますし、日本人ジョッキーにはもうちょっとがんばってほしいものです。
コンデュイットはパドック見る限り、顔見せかと思いましたが、さすがの走りだったと思います。

投稿: キングフラダンス | 2009.12.01 19:43

>乗る方はいまだに外圧
キングフラダンスさんのこの言葉で思い出しました。
先日のJCで一番びびったのは、騎手のうちわけ。

外人騎手8人、地方騎手2人、元地方騎手3人で、
JRA純粋戦士が5人しかいなかったこと…。

目先の結果が大事なのはわかるが、もっと若手を使ってやってくれよ…。
…佐藤聖也とかさ。時すでにお寿司だけど。

投稿: あさか | 2009.12.01 22:39

>あさかさん
> 目先の結果が大事なのはわかるが、もっと若手を使ってやってくれよ…。

JCという大舞台であえて若手に乗り替わりなんてあり得ないですよ。
目先の結果も何も,JC捨てて何を最終目標にするのかって感じです。

投稿: ゴリラ | 2009.12.02 01:05

>ゴリラさん
JCで若手に乗り替わりしてくれ、という意味ではないですwまぎらわしい書き方ですみません。
目先の結果、というのはJCの勝利ではなく普段のレースの話です。
JCの騎手うちわけ見てたら普段の「外圧」を象徴してるようでね…。

投稿: あさか | 2009.12.02 13:26

うーむ、ずいぶん前に送信したのに未だに反映されない…。
もし2重投稿になってたら消していただけると助かります。管理人さま。

>ゴリラさん
まぎらわしい書き方ですみません。JCで若手に乗りかわれとかチャンスやれという意味で書いたのではありません。
近年のジョッキー事情がJCを見るとよくあらわれていたな、と。普段のレースでの外圧の話です。
シルクメビウスのタナパクみたく、若手にチャンスを与え、大きいレースでも外人や地方騎手に乗り替わりがないと
個人的にはちょっとうれしいです。
最近では目先の一勝のために、ちょっとへぐると若手はすぐ乗り替わりになったり、そもそも乗せてもらえないから…。
とはいえ今回のウォッカの乗り替わりに関しては、下手だから替えられた、というわけでもないんでしょうが。

投稿: あさか | 2009.12.02 23:10

若手にチャンスを・・・で勝ちきれなくて
挙げ句の果てが殺処分では馬が救われないと思います。

勝つための最善が乗り替わりだとするなら
やはり乗り替えるべきではないでしょうか。
馬にとっては目先の一勝なんてものはないと思います。

技術で勝てない者が騎乗機会を失っていくことは
非常に正当な競争の結果なのではないでしょうか。

で、外国人騎手ってだけで技術が上なのかどーなのかって事ですが、ルメールの騎乗・判断を見る限り、乗り替えは正解なわけで。

学校のシステム変更以来、若手騎手の技術も上がってますから、状況は変わっていくとは思います。
かえって煽りを受けるのは中堅かも・・・

投稿: | 2009.12.04 16:35

>キングフラダンスさま 外国のトップジョッキーの技術の高さは本当に驚嘆させられますね。それが馬券に生かせるといいのですが、いつもやられてから思い出すテイタラクであります。

>あさかさま、ななしさん
おっしゃる趣旨、了解しております。きっとゴリラさんにも伝わったのでは。優勝劣敗は当然ですが、デビューから誰もが巧く乗れるわけではなくて、若手を育成する仕組みが今は欠けているのだと思います。プロ野球ならファームがあるように、競馬も中央と地方の免許を一本化して、若手は地方スタートで経験を積ませるというようなこともありではないかと。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2009.12.04 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/46906413

この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンカップ回顧 ”ウオッカ”というドラマの大団円:

« 猫ぱんち予想 ジャパンカップ2009 | トップページ | ”2年半ぶりアドマイヤに武豊” Yahoo!ヘッドラインに »