« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の10件の記事

2009.11.30

ジャパンカップ回顧 ”ウオッカ”というドラマの大団円

復活の勝利を望みつつも、勝つまでは難しいかもしれない。レース前、多くのファンの偽らざる心情でなかったか。それが現れていたのは微妙なオッズの揺れ。単勝はウオッカが1番人気でも、3連単のアタマはコンデュイットから売れていた。秋2戦、カンパニーに完敗していたウオッカ。最大の敵は折り合いと衰えゆく闘争心であるとされ、距離が延長されるジャパンカップでは条件はさらに厳しくなると見られていた。レースは武豊・リーチザクラウンが先手を奪い、アサクサキングス、エイシンデピュティが追いかける展開。ウオッカはその直後につけ、四位・レッドディザイヤは中団、内田博・オウケンブルースリは後方待機。道中も約12秒フラットの淀みないラップが続き、1000メートル通過は59秒0。前後半に差のないミドルペースが生まれた。エ女王杯、マイルCSと2週続けて逃げ馬に楽をさせてしまったことが、ジャパンカップでは騎手の心理として逆作用したのかもしれない。この流れ、ウオッカ陣営から「5、6番手の好位」を命じられていたルメールには願ってもないものだった。直線では一瞬の切れ味で後続を突き放すと、オウケンブルースリの追撃をわずか2センチだけ凌ぎきってゴールした。

ジャパンカップ、天皇賞秋と、これほどの大舞台で2センチ差の勝利を2度もモノにする馬はお目にかかれまい。ウオッカは”持っている”サラブレッドなのだろう。ルメールはレース後も勝利の確信が持てず、ウイニングランはおろか、引き上げてきた馬道でも関係者に「2着」のジェスチャーを送ったほど。ゴールを過ぎてからは、完全にオウケンの勢いが勝っていた。騎乗法にベストなセオリーがあり、それがゴール板ぴったりにスピードもスタミナもお釣りなく使い切ることであるならば、今回の手綱さばきは神業と表されるものなのかもしれない。ほかの乗り方で1着を取るシーンは思い浮かばない。ウオッカは騎手にとって難しい馬だ。掛かることを怖れれば、ハナに行くか、後方で抑えるしかない。昨秋の天皇賞のようなハイペースで先団追走が理想的な競馬だが、いかんせん展開は時の運。陣営が求めたのは、岩田が”独断先行”した去年の安田記念の競馬であっただろう。だからこそ、武豊を降ろし、「掛かるイメージを持たない」ルメールを配した。トップジョッキーの面子を潰す交代劇は勇気の要る決断だ。だが、不完全燃焼の秋2戦は陣営にマグマをたぎらせ、大きな賭けに出ることを後押しした。

レース後、ウオッカは鼻出血を発症していたことが明らかになった。症状は軽いが、日本牝馬初のJC優勝を果たしたことで、役目は終えたのだと訴えているよう。これ以上、ウオッカを走らせるべきではない。振り返れば4年、ウオッカの闘いは圧倒的な能力を誇示する過去の名馬たちとは一線を画すものだった。ライバルに逆転された桜花賞。それでもダービーを選び、勝利した64年ぶりの偉業。精彩を欠いた宝塚記念からの7連敗。その間には凱旋門賞断念もあった。安田記念での復活劇。ダイワスカーレットとの歴史的名勝負となった盾。海外遠征での挫折。そして、この秋…。これほどファンに喜び、怒り、哀しみ、楽しみを与え、見事な大団円を迎えた馬がいただろうか。オグリキャップか、トウカイテイオーか。ウオッカは彼らと同じく、数字だけでは語りえない”記憶”を競馬界に刻んだ。そうしたドラマを演出し続けたのが、谷水オーナーであり、角居師である。社交辞令ではない。リスクに過剰な恐れを抱くことなく、繊細に馬の状態を見極め、未踏の領野へ歩みを進めた。彼らの存在がなければ、ウオッカは一介のオークス馬に名を留めていた可能性もあった。一ファンとして、深く御礼申し上げたい。

同タイム2分22秒4、オウケンブルースリ。4角でコスモバルクの外を回すロスが、2センチの差となって響いた。しかし、これは結果論。先行勢総崩れのなかで、あれほどウオッカが脚を残しているとは計算できない。普通のレースなら楽勝だった。今回はライバルの能力も、手綱さばきも普通ではなかった。音無師は有馬記念出走には懐疑的のようだが、じっくり休養して春の盾には万全の状態で臨んでほしい。来年の古馬戦線はオウケンにかかっている。3着はレッドディザイヤ。この馬の好走で3歳牝馬のレベルの高さが改めて証明された。同等以上のポテンシャルのあるブエナビスタの古馬との対決も楽しみになった。4着にマイネルが連れてきたコンデュイット。押せ押せのローテで疲労が蓄積していたなかでの健闘、大いに評価されるべきだ。武豊のリーチザクラウンは9着。形としてはウオッカのラビットを務めることになってしまったが、今後も折り合いをつけられるかが課題になる。もしかしたら武豊はウオッカ陣営とは別の意味で泣きたい気持ちになったかもしれないが、こんなことで意気消沈するジョッキーではない。師走競馬は気持ちを沸騰させて、リーディング争い、ウチパク逆転へ猛スパートをかけてくる気がする。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009.11.29

猫ぱんち予想 ジャパンカップ2009

ああーん?

うにゃにゃー、気持ちよく眠ってるのに邪魔するにゃ。あー、ジャパンカップ? しょうがないにゃー。じゃあ、ホットカーペットの下から出なくていいなら、予想するにゃ。そりゃ、ここが引退レースになるかもしれないウオッカに勝ってほしいのは山々だけど、1番人気だと馬券的には本命は打ちづらいなー。外国馬は分からないので置いておくとして、猫指が伸びるのは圧倒的に成績が良い4歳馬から、オウケンブルースリ。天皇賞秋は出負けして展開に泣いたが、今回は距離が延長されて大威張り。去年のジャパンカップほどスローにならなければ、父ジャングルポケットから受け継ぐ府中魂が爆発するにゃー。全国リーディング目前の内田博幸もフェブラリーS以来、そろそろ大きなタイトルがあってもいい。相手はレッドディザイヤが怖い。ブエナビスタと同程度の性能ということを考えれば、53キロだし金星もあるかも。

◎オウケンブルースリ ○レッドディザイヤ ▲ウオッカ
△コンデュイット、スクリーンヒーロー、リーチザクラウン

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009.11.23

ハルウララ繁殖入り 種付け相手にディープインパクト?

ここ数日、おかしなアクセスの増え方をしているなと思ったら、久しぶりにあの馬が話題になっていたようだ。今月20日、フジテレビの「探そう!ニッポン人の忘れもの」という番組で、ハルウララがオーナーの安西美穂子氏とともに出演し、北海道の牧場で繁殖生活を送ることが明らかにされた。さらに、番組内では「ハルウララの交配相手がディープインパクトで既に交渉もほぼ終わっている」(座布団が行司にクリーンヒット)とも発表されたようだ。競馬中継を手がけるフジが報道しているのだから、社台への事実確認もされているとみるのが当然だ。本当に社台の懐の深さには恐れ入る。ディープは一発1200万円というグループの至宝。社台といえば、安西氏がハルウララを7000万円で売りつけようとして、伝説をつくった相手。7000万円といえば、ディープがセレクトセールで落札された値段であり、オーナーサイドからすれば「ウララもディープも同じ価値」ということなのかもしれない。

よもや種付け料までハルウララ基金で賄うわけではあるまいが、長らく消えていた「ハルウララ公式ホームページ」が立ち上げられている。1枚3500円でDVD販売が行われ、『傷ついた魂に』なる安西氏作詞のCDも近日発売予定だとか。ハルウララは高知から那須に連れ去られ、その後、千葉では「ホースセラピー」なるものに従事させられていた。多くの知らない人々に触られるアニマルセラピーは、動物にとって非常なストレスにもなることが指摘されている。安西氏に対して「いつもきっちりセラピーの仕事(人を癒すこと)をしていたウララはそれを教え命じた私に対しては、いつも怒ってばっかり、ちっとも優しくない」(公式サイト)というのも、気の小さい同馬にとってはセラピー向きでなかったということかもしれない。裏側にどんな人間の思惑があるにせよ、北海道の広々とした牧場で、より良い生活環境のもと暮らせるなら悪い話ではなかろう。馬は自分が一度も勝てなかったことや、日本中のバカ騒ぎとその後の醜悪な結末など、知る由もないのだから。

>>黒髪の館2☆ハルウララ☆

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2009.11.22

猫ぱんち予想 マイルCS 2009

もうやってらんね

すっかり逆神になってしまった、猫ぱんち番長にゃー。きのうの東スポ杯は1、2着馬をばっちり3連単にマークして買ったのに、思いっきり3着馬が抜けてたにゃ。マイルCSも出馬表を眺めれば、カンパニーが圧倒的に強そう。こんな日はホットカーペットの裏にもぐって、マタタビの夢でも見るに限るー。まあ、そう言わずに予想しろって? 管理人がうるさいにゃ。そうだにゃー。マイルCSって、前哨戦のスワンS組がぜんぜん振るわない。過去10年で連対したのはスーパーホーネット2着だけ。20頭中16頭は前走は府中コース。というわけで、データ的に行くなら三浦皇成が乗るハシッテ…じゃなかった、スマイルジャック。春のマイラーズCでスパホと差のない競馬ができているし、後ろから強襲する戦法が取れれば。若手が次々とG1を勝っていくなか、そろそろ天才新人騎手にも大きなタイトルの箔があってもいい頃合にゃ。知らんけど。

◎スマイルジャック ○カンパニー ▲キャプテントゥーレ
△アブソリュート、スズカコーズウェイ、ヒカルオオゾラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.11.17

エ女王杯回顧 直線を向いて気づく絶望的距離差

向こう正面で後続を大きく引き離したクイーンスプマンテテイエムプリキュア。この時点で波乱を覚悟していたからか、直線は半分は逃げきっちまえという野次馬的根性、半分は当たると思っていたメイショウベルーガ絡みの馬券が屑になったなという遣る瀬無さに覆われて、鬼脚で空しく追い込むブエナビスタを眺めていた。古今東西、荒れるレースの立役者は逃げ馬と決まっていても、レース前には忘れている。忘れているから荒れるのだ。競輪と競馬の違いは「追走義務違反」の有無である。前者は選手が責任を負い、後者は観客が愚者となる。私はおぼろげな記憶を手繰り寄せ、G1でこんな展開はいつ以来かと思い浮かべてみた。同じ淀の外回りなら、天皇賞春で7馬身差をつけたイングランディーレ。だけど、あの時は単騎だったし、スタミナの権化のような勝ち馬の脚は最後まで上がっていなかった。メジロパーマーの有馬記念? ダイタクヘリオスが口を割りながら競っていった。その年の天皇賞秋で殺人的なペースを刻んで、レッツゴーターキンの追い込みを呼んだ狂気の2頭。トウカイテイオーは後ろにいたし、誰も追いかけようとしなかった。ハナ差に迫ったレーガシーワールドとパーマーの上がり3ハロンの差は2秒5。2頭で行ったが故にペースを錯覚させた。

それでも、今年のエリザベス女王杯、クイーンスプマンテの上がりは36秒8。ブエナビスタは32秒9だから、およそ4秒の差がある。やはり尋常ではない。スローペースになったのは、もちろん複合的な要因があろう。単騎逃げでなかったこと、京都大賞典で逃げバテたペアだったこと、圧倒的人気のブエナビスタもペースの指標たる武豊の馬も後方待機タイプだったこと。それに3番手で馬群にフタをしてしまったスミヨンもキーパーソン。生来の欧州のペース感覚が名手を狂わせたか、ラビットはバテるものだと無意識の判断があったか。よもや、契約を打ち切られたアガ・カーン殿下のシャラナヤを封じるための奇策だったわけでもあるまい。ともあれ、福永が嫌といった「死に役」を、遅まきながら横山典・カワカミプリンセスが買って出て進出を開始。連れて安藤勝・ブエナビスタも一気にまくったものの、直線を向いて初めて絶望的な距離差に気づいたというのだから、まったく競馬は恐ろしい。着外に沈む普段と同じラップでゴールした格下馬を、凱旋門をめざした女傑は捕まえられなかった。騎手は俯瞰してレースをしているわけではないという当たり前の事実を認識するとともに、勝ち馬と2着馬の主戦だった荻野琢真はどんな思いで福島のモニターを見入っていたのかと、脳裏を過ぎるだけだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.11.14

猫ぱんち予想 エリザベス女王杯2009

この幸せは譲れない!

にゃにゃにゃにゃー(挨拶)。2週間ぶり、猫ぱんち番長にゃー。すっかり晩秋になって、朝晩は冷える。昔は猫はコタツで丸くなったそうだが、最近はホットカーペットで大の字になって温もりを全身で味わうのが猫の王道にゃー。エリザベス女王杯、前走は降着になってしもうたが、外枠を引いたブエナビスタの巻き返しに期待する。追い切りの状態は良さそうだし、外回りに変わるのも歓迎。レッドディザイアのいない牝馬限定戦なら、負けられない。未知の可能性はアガ・カーン殿下が送り込むシャラナヤにあるけれど、いきなり京都の馬場で走れるのか、誰も分からないなり。怖いのは準オープンで強い連中と接戦してきたメイショウベルーガ、スミヨンのリトルアマポーラ、一叩きされたニシノブルームーン。ブエナ1着固定の3連単にゃ。

◎ブエナビスタ ○メイショウベルーガ ▲リトルアマポーラ
△ニシノブルームーン、シャラナヤ、ブロードストリート、カワカミプリンセス

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009.11.06

馬券に生かせる? 武豊が明かした乗り替わり情報

ボクはカレンナホホエミを依頼されていて、追い切りにも騎乗していたのですが、同じ橋口厩舎のグレナディーンに圧倒されてしまいました。すると、橋口先生が急に「ファンタジーSに2頭使うことに決めたから、君はグレナディーンに乗ってくれないか」という指示。非常に珍しいケースですが、そういうわけで騎乗馬が変更になりました。(武豊オフィシャルサイト)

今週、武豊が自らの日記で披露した、ちょっと変わったエピソード。日曜・京都のメイン、ファンタジーSで新馬、フェニックス賞を連勝したカレンナホホエミに騎乗するはずだった武豊が、条件戦に出走予定だったグレナディーンへ騎乗変更を依頼されたというのだ。乗り替わりの事情は表立って新聞に書かれることはほとんどないが、同厩とはいえファンへ公に伝えられるのは面白い。グレナディーンは前走、1番人気が予想されるラナンキュラスに負けているものの、後ろから他馬に乗りかけられる不利があっての敗戦。巻き返しは大いにあろう。一方、カレンナホホエミも母テンシノキセキ譲りの快速馬で、オープンを勝っている実績がある。同馬には小牧太が乗ることになったが、上述のような舞台裏を聞くと頭からは買いにくい。しかし、下降した人気はレースではプラスに働く。馬券作戦にはこの情報をどう反映させるのか、とても悩ましい。もしカレンナホホエミが勝つようなことがあれば橋口師も立つ瀬があるまいが、果たして?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.11.04

G1・8勝 ヴァーミリアンが”ルドルフ超え”の呪縛解く

3日、名古屋競馬場で行われた第9回JBCクラシックは、圧倒的な支持を集めたヴァーミリアンが優勝。史上最多となるG1競走8勝を達成した。ヴァーミリアンは父エルコンドルパサーの7歳馬。2歳秋にデビューするとラジオたんぱ杯を制してクラシック候補に名乗りをあげたが、スプリングSから皐月賞、京都新聞杯、神戸新聞杯と二桁大敗。その後、新たな活路を求めて挑んだダートのエニフSで勝利を収め、それからダートを主戦場に戦い続けてきた。 2007年、5歳になったヴァーミリアンは川崎記念でG1初制覇を飾ると、ドバイ遠征をはさんで、JBCクラシック、JCダート、東京大賞典、フェブラリーSと4連勝。その後もJBCクラシック、帝王賞を勝ち、最多新記録に王手をかけていた。今回のJBCクラシック三連覇はアドマイドンと並ぶ記録でもある。

これまでG1競走8勝の壁は非常に厚く、何か見えない力が働いているのではと思えるときもあった。まるで7冠馬、シンボリルドルフの偉業を守るかのように。かつて、宝塚記念ではテイエムオペラオーが執拗なマークを受けて新記録樹立を逃し、リズムを崩した秋の府中ではライバルの強襲にあって2度の2着に甘んじた。アドマイヤドンはJCダートでハナだけ差し返され、ブルーコンコルドは単勝1倍台のJBCスプリントでまさかの4着。さらにカネヒキリは今春のかしわ記念でレース中に骨折、2着に敗れる事態も起きていた。しかし、ようやくヴァーミリアンがその呪縛を解いてくれたわけで、どこか安堵する気持ちも沸いてくる。競走能力に関わるような大きなケガなく、勝利を積み上げてきたヴァーミリアンには月並みだが「無事是名馬」という称号が相応しい。

新聞では「ルドルフ超え」「ディープ超え」と確信犯的にセンセーショナルな文字が踊っている。無論、芝G1と交流G1と層の厚さの違い、時代で異なるレース体系やG1数などのファクトを同じ俎上で比較できるはずもなく、少なくないファンが「ルドルフやディープの記録を上回る」との表現に違和感を覚えるのは自然なこと。一方で、イチローが張本勲の安打数を超え、日本記録でもない”プロ野球記録”として賞賛されたように、こうして「G1・8勝」が新記録として称えられるのは、野球と同じく競馬も記録のスポーツである証左であり、歓迎すべきことである。ディープとヴァーミリアンとどちらの記録が優っているかなど実にナンセンス。ダート王者としての戦歴のなかで大きな勲章をつかみ、未踏の地へ踏み出したことが素晴らしい。高齢馬の活躍がキーワードになりつつある今シーズン、ヴァーミリアンはさらに記録を更新できるだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.11.03

天皇賞秋回顧 ”馬齢を重ねる”アドバンテージが結実

「8歳馬、旧年齢なら9歳ではないか」という先入観。あるいは「4着固定の馬券ならG1でも買いたい」といった口さがない意見に同調するところが私自身あったかもしれない。しかし、横山典カンパニーをスッと内々の中団につけると、直線でも32秒9の脚を引き出して完勝させてしまった。レースの前半は59秒8と、想定以上のスローペース。後半は必然的に上がり勝負となるだけに、取りたいポジションに自在につけられる競馬の巧さが明暗を分けたのは当然だろう。騎手と気持ちを通じ合わせる術を身につけていった34戦の経験こそが、展開や枠順も味方に引き込み、盾で結実したと言ってよい。つい最近まで、追い込み一辺倒で多頭数を捌ききれない不器用なイメージを持っていたファンも多かったのではないか。ひとつのターニングポイントになったのは去年の中山記念。乗り替わった横山典があっと言わせる番手の競馬で勝利に導いたレースだ。この時、「目の前の勝ちを取りに行くだけの乗り方」と批難する向きもあった。しかし、振り返れば、イマイチくんから脱皮する新たな一歩だった気がしてならない。調教技術の進歩で息長い活躍もできるようになった現在、”馬齢を重ねる”のは無為な日々では決してなく、事を成すための大きなアドバンテージだ。

連覇が期待されたウオッカ。毎日王冠で逃げて差された武豊にとって、馬群で折り合いをつけ、好位から中団で競馬をすることが至上命題だったはず。スタートして控えることには成功したものの、他馬に寄られたこともあって、必要以上に位置取りは後方になってしまった。ある程度、速い馬が揃っていたにも関わらず、スローペースで淡々と進んだことも誤算だっただろう。直線では前がつまるも、そこから立て直して加速。安田記念の再現かと頭を過ぎったが、存分に脚を伸ばしていたカンパニーに並ぶことはできなかった。先に抜けていたスクリーンヒーローもクビ差、捕らえられなかったのは闘争心の減退を感じさせるところではあるが、ウオッカとて上がりは32秒9。不利な条件が重なっていく中、恥ずかしくないレースはしている。武豊は「完敗」と肩を落とし、角居師は「負け続けさせるのはかわいそう」と引退を示唆。ファンとしてはジャパンカップでもう1戦だけ、希代の名牝の走りを見せてもらいたいと願うが、馬よりも陣営にファイティングポーズをとる覇気が戻るか。

7番人気で連対、プチ波乱を呼んだスクリーンヒーロー。もう少し距離が必要かと思っていたが、この馬こそ府中替わりを待っていたクチ。父グラスワンダーもそうだったが、注目の下がったところで復活するのは血のなせる技か。ウオッカとは3馬身離れた4着にオウケンブルースリ。前が開かず、脚を余した印象。距離伸びるジャパンカップは条件は好転するが、人気も集めるだろう。2番人気の上がり馬、シンゲンが5着。ホワイトマズル産駒で、上がりの競馬は向かなかった。信玄は天下を獲れないものなのか。ドリームジャーニーは追い込みの競馬で6着。懸念されていた左回りで、スムーズに上がってくことができず、ペースもあわなかった。ところで、カンパニーの父、ミラクルアドマイヤ。トニービン直仔で、兄弟にフサイチコンコルド、アンライバルドがいる良血馬だが、種牡馬を引退後、ノーザンホースパークに移動。今は消息知れずという。カンパニーの活躍で一時は年171頭の牝馬も集めたが、他の産駒は鳴かず飛ばずだった。何処かで余生を過ごしているといいが、あまり詮索するのも無粋というものか。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2009.11.01

猫ぱんち予想 天皇賞秋2009

眠いときは寝る!

先週はかつお節代半年分もすってしまい、この1週間、ずっと冷蔵庫の上でフテ寝してたにゃー。だけど、我が輩のデザート係のガトーがマタタビを持ってきたので大興奮。一気にハッピーな気分に戻ったにゃ。おっと、合法的に気持ち良くなれるのは猫の特権にゃから、お前ら人間は真似しちゃだめにゃ。クスリに手を出すと、ビゲッ!の元騎手みたいにお縄になるでー。天皇賞秋、うたた寝しながら考えたけど、ウオッカが馬群に沈むシーンは思い浮かばない。前走は目標にされて差されたとはいえ、去年からパフォーマンスも変わらないし、速い馬がそこそこいるから折り合いもつきそう。相手は完全本格化したドリームジャーニー。単勝12倍もつく4番人気とは見くびられたもんにゃ。左回りが嫌われているようだけど、去年とは馬が違う。この2頭を軸にして、3連単ビッグゲッツ!

◎ウオッカ ○ドリームジャーニー
△シンゲン、カンパニー、サクラメガワンダー、オウケンブルースリ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »