« 猫ぱんち予想 秋華賞2009 | トップページ | キャロット出資 ジャイアンツコーズウェイ牝馬ら3頭 »

2009.10.19

秋華賞回顧 レッドディザイアと松永幹師の勝利

勝負の流れというのは、ひとたび狂うと、思いもよらぬ方向へ連鎖していくから恐ろしい。春はディープインパクト再来と言われ、凱旋門賞制覇の夢まで託されたブエナビスタ。しかし、負けて強しだった札幌記念で渡仏をあきらめると、蟻洞を発症するトラブルに見舞われて調整が遅れた。そして、秋華賞。猛然と追い込んでレッドディザイアを捕らえたかに見えたものの、ハナ差だけ届かず。しかも、4角で藤田ブロードストリートらに不利を与えたとして3着降着の憂き目に。京都の内回り、ごちゃつく多頭数の競馬で内枠を引いたところから、運気は下降していたのかもしれない。鞍上の安藤勝も、それほど大きな進路変更はしたつもりはなかったようだが、直後にいたのが鬼脚を伸ばして3位入線したブロードだったのは不運だった。断然の本命馬ゆえ、道中は外へ出させてもらえるはずもなく、4角でも易々と進路が開く可能性は低かった。どうすれば良かったのかと、安藤勝が憤懣やるかたない気持ちになるのも理解できる。

勝ったレッドディザイアはローズSの負けを糧にして、攻めの姿勢を貫いたことが結果につながった。今回は猛稽古で究極の仕上げ。馬体はマイナス14キロと研ぎ澄まされた。レースでは内回りの不利を蒙らないよう、かかるリスクを恐れずに前々で競馬をした。桜花賞、オークスで後塵を拝したブエナビスタとの差を逆転しようと、真っ向から挑み続けた松永幹師のチョイスは非常にオープン且つ明快であり、レッドディザイアから馬券を買ったファンは勝っても負けても胸に落ちた臨戦過程ではなかったろうか。もちろん、レースで手綱を操ったのは四位ではあるが、中継に映し出された松永幹師の爽やかな喜びようも含めて、主役は馬と調教師だった気がしてならない。それとも、イソノルーブルから現役時代の印象を重ねるオールドファンの郷愁に過ぎないだろうか。松永幹師は次走についてブエナが走るレースを選ぶと答えている。もし、この2頭がジャパンカップでウオッカと対決することになったら、秋の楽しみがまた増えるのだが。

繰り上がり2着のブロードストリート。「スムーズなら突き抜けていた」と藤田。同馬はスタートでアオり、道中は馬群後方でブエナを虎視眈々とマークしていた。藤田はどのような思いで直線に向かおうとしていたのだろう。ポジションは内のブエナを見る斜め後ろ。4角では進路はなかった。前を行くレッドについていくつもりだったか、ブエナに並びかけて蓋をするつもりだったか。藤田ほどの騎手ならブエナが外へ寄ってくる可能性も予見していただろう。いずれにせよ、出遅れた藤田もまた、リスクを負った騎乗で勝ちを欲していたということであって、ギリギリの状況下で不利を受けて勝利を逃し、安藤勝はルールに従って処分を下されたということだ。今年1月、JRAは「『進路の取り方』に対する制裁基準」を見直し、ファンが理解しやすいようルール改定を行った。今回、G1連対馬を降着にするには裁決委員の葛藤もあったはずで、それは審議時間17分という長さに現れている。しかし、基準をオープンにしたことが”疑惑のオークス”とは違って、自らを律して背中を押すことになったのかとも感じた。

参考:
>>オークス疑惑の裁決? 騎乗停止も降着処分はなし(08/5/27)
>>”疑惑の裁決”が産んだ大改革 満たされぬ正しさ求めよ(09/6/19)

|

« 猫ぱんち予想 秋華賞2009 | トップページ | キャロット出資 ジャイアンツコーズウェイ牝馬ら3頭 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します。

ブエナビスタの降着は、まぁ致し方ないと思いますが、
ただ、審議の相手がブロードストリートだけだったのは
少し腑に落ちないものがありました。

ワンカラットも被害馬だと思っていたのに、知らないうちに
消えていた感があります。
そうなると、ワンカラットも対象にすると掲示板を外すことに
なるからなのか?と穿った見方をしてしまいます。

陣営にとっては、3着でも掲示板外でも、勝たなければ意味がない
のかもしれませんけれど。

ともあれ、レッドディザイアがようやく一矢報いることができ、
騎手時代からのミッキーファンの私は、素直に
「おめでとうございます♪
 小倉で初重賞をとって間もなくG1も獲るなんて素晴らしい!」
と喜びたいです♪

投稿: ぱちりん | 2009.10.20 18:41

>ぱちりんさま ワンカラットも被害馬だと、JRAの発表にはありますね。着順変更を要するまでの不利は、ブロードが対象ということでは?私もミッキーが牝馬G1取ってくれて、とても嬉しいです。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2009.10.20 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/46527954

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞回顧 レッドディザイアと松永幹師の勝利:

« 猫ぱんち予想 秋華賞2009 | トップページ | キャロット出資 ジャイアンツコーズウェイ牝馬ら3頭 »