« キャロット出資 ジャイアンツコーズウェイ牝馬ら3頭 | トップページ | 猫ぱんち予想 菊花賞2009 »

2009.10.23

田原成貴2度目の逮捕 甘やかされ続けた成れの果て

先週14日、京都府警は元騎手、元調教師の田原成貴容疑者を京都市内の自宅で、覚せい剤取締法と大麻取締法違反容疑で逮捕していたことが明らかになった。田原容疑者は2001年10月に、羽田空港において覚せい剤取締法違反容疑で逮捕され、懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けたことがある。今回は大麻取締法違反との併合罪で起訴されることが予想され、再犯でもあることから実刑は免れない模様だ。田原容疑者は騎手時代から歯に衣着せぬ発言や独特の雰囲気で人気を集め、マヤノトップガン、トウカイテイオー、マックスビューティーなど数々の名馬を勝利に導いた天才的な騎乗が高く評価されていた。一方で「スポニチ記者殴打事件」、調教師転進後の「馬の耳に発信機事件」などトラブルもしばしば起こす問題児でもあったが、覚せい剤取締法違反で調教師免許を取り消される以前は ”スーパースター”の特権を生かして不問に付され続けてきた。

11年前のスポニチ記者殴打事件に際して、拙サイトは田原を甘やかし続ける周囲に憂慮を表明し、それまでファンだった田原との決別をコラムにした。心配は間もなく現実のものとなり、田原は1度目の逮捕を迎えるわけだが、その容疑は911テロで厳戒態勢の空港に刃渡り18センチのナイフと覚せい剤入りの注射器を持ち込むという、ラリってるとしか思えないものだった。裁判で田原は「馬の耳に発信機をつけたことで、処分を受けてむしゃくしゃしており、スカッとしたかった」などと供述。「二度と罪を犯さず、妻子を守っていく」と更生を誓った。しかし、著名漫画家が身元引受人となって釈放された後は一転、「JRAの悪行を告発するためわざと捕まった」など週刊誌や著書で証言を覆し、有料予想会社『BigGet』を立ちあげて派手な活動も再開した。2003年には朝日新聞でさえ「春・リターンマッチ」なる特集記事で、一方的に田原の言い分を垂れ流す特集記事を掲載。覚醒剤使用すら情緒的に"滅びの美学" と虚飾しかねないマスコミの風潮は、私には逮捕前の過ちを繰り返しているようにしか思えなかった。

最近は競馬最強の法則に連載を持ち、清水成駿と対談形式でレース評論をしていた田原。そこでも相変わらず、無頼派、孤高、男気あるアウトローといったイメージばかり喧伝されていた。逮捕を受けて最強の法則では、誌面差し替えや新聞広告差し止めなどに追われているそうだが、そうしたステレオタイプな田原を売りにしてきたのだから、あまり同情する気にはなれない。タッグを組んでいた清水はメールマガジンで、2度目の逮捕に至った田原への思いを吐露している。

ハイ・テンションでエキセントリックな性格は、常に放っておけない危なっかしさと「人なつっこさ」とを内包している。「馬鹿野郎」と言ったものの人柄は今も憎めない。実際、賢い奴だから、それを自分自身が一番よくわかっている。だから人にも薬にも家族にも甘える。 …電話で奥方は、「2度目だから別れます」と気丈に言い切ったそうだ。暗に「あなた方が主人を甘やかすから…」とは聞こえまいか。チクリと胸に痛い。(清水成駿の競馬春秋 09/10/22)

”スーパースター”に祭り上げられるほど、周りにはチヤホヤし、甘やかし、イエスとしか言わない人々が集まってくる。新聞記者に大怪我を負わせたとき誰も田原を叱責しようとしなかった。サテライトなるファンは盲目に田原の行動を美化してばかりだった。JRAすら「クスリをやっていると噂では知っていた」にも関わらず、事件が発覚するまで何もしようとしなかったのだ。田原の2度目の愚行を機に、耳障りの良い記事ばかり書いていないか、聖域をつくり見て見ぬふりをしていることはないか、今の競馬界を見つめ直してみることも必要かもしれない。マヤノトップガンが菊花賞を制して14年。十分な人生経験を積んだはずの中年男には自らの罪を償ってもらう他ないが、あの鮮やかな騎乗も表立って触れられることが一層少なくなるかと思うと、やはり残念な気持ちにはなる。

>>田原成貴逮捕の衝撃 隠蔽体質の変革を(01/10/8)

|

« キャロット出資 ジャイアンツコーズウェイ牝馬ら3頭 | トップページ | 猫ぱんち予想 菊花賞2009 »

コラム・書評」カテゴリの記事

コメント

音楽はじめたあたりでクスリをやりだしたんでしょうか。現役時代もマヤノトップガンの頃から妙な言動が目立つようになってましたね。

投稿: ジュサブロー | 2009.10.24 18:58

>ジュサブローさま お久しぶりです。クスリゆえの天才的騎乗となってしまうと、悲しい限りです。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2009.10.25 00:31

田原成貴と安田康彦には『馬に謝れ』とも言いたい。

馬は騎手によりゴールに導かれるにしても、
頑張ったのは馬なのだから、こういうことがあると
引き合いに出されて、ファンは激しく落胆します。

あの有馬記念で、感動させてもらっただけに、
感謝していただけに、2度も裏切られた・・・

投稿: テイオーファン | 2009.10.25 13:39

>テイオーファンさま まったく同感です。彼が本当に更正する日は来るのでしょうか?

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2009.10.27 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/46560992

この記事へのトラックバック一覧です: 田原成貴2度目の逮捕 甘やかされ続けた成れの果て:

« キャロット出資 ジャイアンツコーズウェイ牝馬ら3頭 | トップページ | 猫ぱんち予想 菊花賞2009 »