« 2009 セントライト記念予想 | トップページ | 猫ぱんち予想 毎日王冠2009 »

2009.09.30

凱旋門賞展望 シーザスターズ母仔制覇へ高まる期待

圧倒的な強さで凱旋門賞を制するザルカヴァを目の前で観てから一年。ロンシャンの雰囲気があまりに幻想的だったのと、公私とも色々なことがありすぎたのとで、もう何年も経ったかのような錯覚に陥る。今年はブエナビスタが参戦を表明して、ディープインパクト以来の凱旋門賞フィーバーがやってくるのかと期待していたが、札幌記念惜敗で国内専念。がっかりしたファンも多いだろうが、ブエナビスタがいなくとも、今年の凱旋門賞(日本時間10月5日深夜)は胸ときめかす豪華メンバーが揃った。ついついフライングして、そんなヒロシに騙されたわけでもないのにヒロシTMの観戦ツアーに申し込んでしまった人々も、何も肩を落とす必要はない。仕事さえなければ、私もヒロシに抱きついて飛んでいきたいぐらいだ。

>>凱旋門賞リポート 最強牝馬が誕生したロンシャンの一日(08/10/08)

もちろん、お目当てはシーザスターズだ。英2000ギニー、英ダービーと20年ぶりに英クラシック二冠を制し、愛チャンピオンSまでG1を5連勝。母は凱旋門賞馬のアーバンシーで、英ダービー馬・ガリレオを含めて5頭のG1ホースを産んでいるのは凄い。アーバンシーは今年3月、出産直後に亡くなってしまったが、シーザスターズには母仔凱旋門賞制覇が賭けられている。この偉業、アーバンシーが勝った翌年の凱旋門賞で、カーネギーが母デトロワに続いて達成している。シーザスターズが勝てば史上2度目となる。同馬は父がグリーンデザート産駒のケープクロスということもあって、スタミナ不安が必ず囁かれていたが、前走は渋った馬場でフェイムアンドグローリー(英ダービー2着)を退けており、多少の雨が降っても優位は動かないだろう。

歴史的名馬の誕生に待ったをかけるライバルはいるのか? 前述フェイムアンドグローリーはモンジュー×シャーリーハイツ。馬場が泥田のように悪化すれば逆転の目が出てくる。その時は主役が回避している可能性も高いが。ヴェルメイユ賞は繰り上がり1着ではあったが、3歳牝馬・スタセリタは魅力的。鞍上はルメール。ザルカヴァと比べるのはかわいそうでも、無敗の6連勝は同馬を彷彿とさせる。ブエナビスタのライバルと日本の新聞では書かれていたが、確かに日仏オークス馬対決は見てみたかった。全87回の凱旋門賞のうち54勝をあげている3歳馬からは、他にヴァルリーマンが相性のよい前哨戦・ニエユ賞から参戦する。古馬ではBCターフを勝った異色のセントレジャー馬・コンデュイットだが、前々走ではシーザスターズに一蹴されている。個人的には去年、こっそり馬券を買い込んだチチカステナンゴ産駒のヴィジョンデオタに注目している。

お知らせ:
今月に入っても濁流の如き仕事の勢いは衰えず、ブログ更新も停滞しております。貧乏暇なし。この5ヶ月ほど、休日は十指に満たず、出張と徹夜の日々です。来月半ばには絶対に連休を取ってやると心に決めていますが、それまで更新はお休みさせていただくかもしれません。

|

« 2009 セントライト記念予想 | トップページ | 猫ぱんち予想 毎日王冠2009 »

海外競馬」カテゴリの記事

コメント

忙しいのは良いことですけど、5ヶ月に十指とは・・・。心中お察しします(自分も、7月からそんな感じでした)。

後日の再開を楽しみに待っております。

投稿: トリトン | 2009.09.30 08:10

シーザスターズ強かったですね~。
道中馬体当てられまくってんのに、最後の直線びゅっと来るんですもん…。
ありゃあブエナが行ってても…別にアンチじゃないですが。
ああいうのが本当に強い馬なんだろうな…。

投稿: あさか | 2009.10.05 22:42

>トリトンさま 優しいお言葉ありがとうございます。もう間もなく正常化させたいと思っています。 >あさかさま シーザースターズ強かったですね。エルコンみたいにじっくり挑戦する馬が出てきてほしいですね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2009.10.10 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/46349943

この記事へのトラックバック一覧です: 凱旋門賞展望 シーザスターズ母仔制覇へ高まる期待:

« 2009 セントライト記念予想 | トップページ | 猫ぱんち予想 毎日王冠2009 »