« 余生問題① 議論すべき対象を明確にしよう | トップページ | 2009 セントライト記念予想 »

2009.09.18

それでもキャロットの申し込み期限はやって来る

引退馬の余生問題、続きを書こうと思ったのだが、筆が進まない。あまり急がず、マイペースで気長に書いていこう。一口馬主で思い出したが、目の前に迫っているキャロットクラブの出資申し込み期限。今年から出資にあたって希望順位制を導入、まるでPOGドラフトのように指名の順番にも気を遣わねばならなくなった。中間発表された申し込み状況によれば、もっとも人気を集めているのはレディブロンドの牝馬(父アグネスタキオン)。藤沢厩舎、ディープ一族、上も走っていて一口7万円はリーズナブルと見られたか。僅差で続くのがポトリザリスの牡馬(父ディープインパクト)。いつもの角居厩舎で12万5千円なり。初年度のディープ産駒でもあり、食指が伸びるのは当然か。3位はアドマイヤサンデーの牝馬(父ジャングルポケット)。トールポピーの全妹、12万5千円。後はシーザリオの牝馬(父キングカメハメハ)など。こちらは8万円と、去年の全兄20万円よりグッと下がった。この辺りは1位で行かないと取れないんだろう。

ディープ産駒を狙うなら、叔母に独2歳牝馬チャンピオンを持つプンティラの牝馬が気になる。7万円で音無厩舎。人気は7番目。他は上述のシーザリオもそうだが、ケイティーズファーストの牝馬も6万円なら選択肢に入る。姉のケイティーズベスト(父ファルブラヴ)は初めてキャロットで買った馬だったが、3戦0勝で引退。その分まで妹に賭けてみるか。その結果、往復ビンタを食らうことになるのもありがちだが。人気はなさそうだが、8万円のジャイアンツコーズウェイ産駒、ゴレラの牝馬は引かれるところがある。母はムーランドロンシャン賞2着の実績の持ち主。ちょっとノーザンダンサーの血が濃いかなと思ったが、4代目の欄にノーザンダンサー、セクレタリアト、ブラッシンググルーム、ロベルト、ニジンスキー、ハビタット、ヌレイエフ、トップヴィルと並んだ血統表と、両親から受け継いだ栗毛が何とも訴えてくるものがあるのだ。毎年、こんないい加減な選び方をしているから走る馬を引けないのか。これまで出資したキャロット馬は8頭。

ピアレスベル 不出走 7万5千円
ケイティーズベスト 3戦0勝(未勝利⑪着) 5万円
ハンメル 1戦0勝(未勝利⑫着) 4万5千円
ストゥレガーレ 8戦0勝(新馬⑥着) 6万円
プランセンティア 5戦0勝(地方④着) 6万円
現役・ソルスティス 1戦0勝(新馬⑨着) 4万5千円
現役・リアルアヴェニュー 今週デビュー 8万円
現役・プラウディーレ 未出走(喉鳴り手術) 4万円
※馬名、戦績、最高着順、一口価格

未だ勝利なし、連対なし、中央入着なし。それなのに何故、また虎の子の貯金をはたいてクラブ馬に貢ごうとするのだろうか。もちろん、選んだときはクラシックの期待をかけるのだが、ほどなく願いは未勝利脱出へと変わる。アクシデント続きでようやくデビューして、15着だったのが12着になったりすると、それだけで誉めてやりたくなってしまう。採算性などありはしない。大きすぎる願をかけた業か、夢敗れた後は引退まで厳しい現実をともに歩んでいかねばならない。 17日、大井のシルクアーリアが3戦目にして初めて2着に頑張ってくれた。今週日曜にはリアルアヴェニューが中山で内田博幸を鞍上にデビューを飾る。まずは無事なレースを祈りたい。

|

« 余生問題① 議論すべき対象を明確にしよう | トップページ | 2009 セントライト記念予想 »

若駒・POG・一口」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/46240380

この記事へのトラックバック一覧です: それでもキャロットの申し込み期限はやって来る:

» キャロット1歳馬募集出資申込状況 [にたろうの退屈な日々]
9月16日現在、100口以上の申込のある募集馬。募集馬名、申込口数No.5_レディブロンド08 434口No.43_ポトリザリス08 388口No.63_アドマイヤサンデー08 281口No.51_シーザリオ08 244口No.65_フェザーレイ08 240口No.47_グッドゲーム08 207口No.49_プンティラ08 197口No.62_ラフィカ08 182口No.53_タンザナイト08 181口No.56_グリーティングス08 179口No.27_カタリスト08 17...... [続きを読む]

受信: 2009.09.19 09:51

« 余生問題① 議論すべき対象を明確にしよう | トップページ | 2009 セントライト記念予想 »