« タキオン急死 ”種付け頭数制限”は妥当性を持つか? | トップページ | 0勝ジョッキー・大江原圭 ついに1番人気で初勝利か? »

2009.07.06

英二冠馬・シーザスターズ 古馬初対決も快勝

4日、シーザスターズが古馬との初対戦となったエクリプスSを快勝した。同馬は英2000ギニー、英ダービーを圧倒的な強さで制してナシュワン以来、20年ぶりの二冠を達成。その後、先週のアイルランドダービーを回避して、エクリプスSに臨んでいた。シーザスターズの母は93年の凱旋門賞馬・アーバンシー、半兄は英愛ダービーを勝ったガリレオ。超のつく良血馬だ。順調に行けば秋の凱旋門賞では、日本のブエナビスタの前に立ちはだかる最大の敵になる。そのブエナビスタは札幌記念を前哨戦に据えて、古馬に挑むスケジュールが発表された。今年の札幌記念は大いに盛り上がることが予想される。

ロイヤルアスコットほどグラマーな場所はないぜ!って書いてある

唐突にこんなエントリーをしてみたのは、シーザスターズが勝った同じ頃、私も出張でイギリスの空の下にいたから。もちろん、仕事関係しか赴くことは許されず、街中の馬券売り場も指を咥えて通り過ぎるのみである。ホテルの部屋にあった観光ガイドの表紙は競馬場。どんな特集記事かと思ったら、先月のロイヤルアスコットの案内だった。ファッションショーの開かれるレストランの午後茶つきチケットは517ポンドからと書いてある。値段もロイヤルだ。去年、来たときはポンドは240円もして泡を吹いたが、今は170円ほど。それでも物価は高い。イギリスもいつか競馬観戦に訪れたいもの。今夜、こちらを発って帰国。

|

« タキオン急死 ”種付け頭数制限”は妥当性を持つか? | トップページ | 0勝ジョッキー・大江原圭 ついに1番人気で初勝利か? »

つれづれ・ブログ運営」カテゴリの記事

コメント

ブエナビスタが札幌記念から始動ですね
凱旋門賞はもちろんその前のディープスカイとの対決も
本当に楽しみになってきました

投稿: 動画倉庫の番犬 | 2009.07.19 17:12

>動画倉庫の番犬さま ブエナビスタ、順調に行ってくれるといいですね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2009.08.03 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/45555007

この記事へのトラックバック一覧です: 英二冠馬・シーザスターズ 古馬初対決も快勝:

« タキオン急死 ”種付け頭数制限”は妥当性を持つか? | トップページ | 0勝ジョッキー・大江原圭 ついに1番人気で初勝利か? »