« 2009 アイビスサマーダッシュ予想 | トップページ | ジョッキー版・ハルウララ 大江原圭が歓喜の初勝利 »

2009.07.22

シルク地方一口馬 続々デビューも惜敗続き

今年、地方競馬で初めてクラブ馬を登録し、一口会員を募ったシルクホースクラブ。その所属馬4頭が相次いでデビューしている。しかし、物珍しさもあって人気は集めるものの、なかなか勝利には手が届かない。初陣を飾ったのは道営のシルクポーラスター(父フサイチソニック)。6月9日、門別のJRA認定競走でデビューしたものの、馬っ気を出すなど集中力を欠いて後方からの競馬。1番人気5着に敗れてしまった。2戦目は3着、3戦目はよもやの殿負け。一方、クラブ法人史上、最低価格馬ではないかと推察される総額70万円、一口3500円のシルキーフェザント(父ムーンバラット)は今月19日、岩手で菅原勲を背に出走。単勝1.5倍のグリグリ印で、同馬に出資している私も胸が高鳴った。ところが、行き脚つかず、直線でも伸びを欠いて4着。残念無念! 地方の安馬も、中央の良血馬も、一度、出資してしまえば声を涸らして応援したい愛馬には変わりない。そう考えると、実にリーズナブルか。なお、大井のシルクオーサム(父ノボジャック)は6月21日、1番人気でデビュー。的場文が鞍上も追い比べで負けて2着。同じくシルクアーリア(父アフリート)は今月10日、3番人気4着と惜敗している。実力は値段なりかもしれないが、これから順調な成長を遂げて出資者を楽しませてほしいものだ。

>>地方競馬一口馬主スタート 満口続出の意外な人気!?(09/3/18)

|

« 2009 アイビスサマーダッシュ予想 | トップページ | ジョッキー版・ハルウララ 大江原圭が歓喜の初勝利 »

若駒・POG・一口」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、地方・中央問わず、豊富な話題でかなり過去まで追いかけて楽しく読ませていただきました。
また立ち寄らせていただきます。
さて、地方の話題で思い出したのですが、先日書店でなかなか楽しい本を見つけました。
『地方競馬の黄金時代』という本なのですが、ばんえいから金沢、高知や佐賀など各地のご当地名馬を各地の記者や実況アナウンサーなどの言葉で紹介しています。
また、名勝負のコーナーでは当時の新聞記事(馬柱)が掲載されていて、懐かしく読みました。
ほかに、カラーページでは、北見や益田、上山など廃止となった競馬場の現在の様子が見られます。
こちらは当時を知るものとしては少し寂しさもありますが、雑草の生えたダートコースは哀愁感があります。
と、まあこんな本なのですが、参考になるかどうかわかりませんが、良かったらAmazonや書店で探してみて下さい。
ではまた書き込みさせていただきます。
更新楽しみにしています。

投稿: うまじぇっと | 2009.07.26 20:16

>うまじぇっとさま その本、私も本屋で見つけました。面白そうな本だなーとは思ったのですが、引越しを控えているので後で買うことにしました。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2009.08.03 01:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/45705296

この記事へのトラックバック一覧です: シルク地方一口馬 続々デビューも惜敗続き:

« 2009 アイビスサマーダッシュ予想 | トップページ | ジョッキー版・ハルウララ 大江原圭が歓喜の初勝利 »