« 天皇賞春予想 | トップページ | ルドルフ超えの困難さ かしわ記念でカネヒキリ敗れる »

2009.05.04

天皇賞春回顧 高レベルだった日経賞組のワンツー

逃げ宣言のテイエムプリキュアが中途半端にペースを落としたため、離れた番手に控えるはずだったホクトスルタンが先頭を奪い、それを抑えの利かないシルクフェイマスが交わして1周目のスタンド前を通過。 1000メートル通過は60秒4、7ハロン目まで11秒台が5回刻まれる厳しい流れになった。有力馬はスクリーンヒーロー、アサクサキングスが先団、それを見るようにアルナスライン。マイネルキッツは内をロスなく周りながら、2周目の3コーナーでは2番手集団までスムーズに押し上げていく。直線、ホクトスルタンが後退。アサクサキングスも早々に手応えをなくす。それをマークしていたアルナスラインが外から伸びてくる。しかし、内をすくったマイネルキッツも脚色がいい。2頭は身体を併せる形になったが、内の経済コースを回した分、マイネルキッツがクビ差、凌ぎきった。3着は後方から差してきたドリームジャーニー。勝ち時計はあのディープインパクトのレコードと1秒差。スタミナが問われるステイヤーのためのレースだった。

終わってみれば、日経賞の1、2着がひっくり返っただけ。アルナスラインが勝った日経賞は前年のマツリダゴッホより内容的には濃いもので、私が本命を打った理由のひとつもそこにあった。それだけに3着のモンテクリスエスに印を回し、重賞未勝利とはいえマイネルキッツを軽視したのは予想下手としか言いようがない。鞍上の松岡正海は巧かった。関東の若手ではもっとも信頼できるジョッキーではと思っていたが、人気薄で気楽に乗れたとはいえ、内枠を最大限に生かす大一番での好騎乗。前走後、自ら天皇賞参戦を進言したというから、自信もあったのだろう。ラフィアンは八大競走初優勝で岡田総帥の喜びもひとしおのはずだ。一方、アルナスラインはレース中に右前を落鉄していたそうで、伸びきれなかったのはその辺りに原因があるのかもしれない。アサクサマークで外へ行ったのはしょうがない。ドリームジャーニーはカリカリしたところがありながら、直線は矢のような脚。宝塚記念が楽しみ。1番人気アサクサキングスは9着。ハイペースも向かなかったが、心配した通り、阪神大賞典の激戦は深い疲労を残していたようだ。

ところで、松岡の勝利インタビューが話題になっている。開口一番、中途半端なテンションで「チョリース」と二度、カメラに向けて発したのだ。これは”おバカ”女性タレントの決まりの挨拶だそうで、松岡は関東ローカル番組で、G1を勝ったらチョリースをやると約束していたよう。しばしば、アスリートがヒーローインタビューなどで約束事を実行するのを目にするが、内輪受けで多くのファンをしらけさせることから、最近は”公約禁止”を取材条件にするところもある。今回、私は天皇賞でタレントに指図された行為などするべきではないと、一瞬、不快に感じた。それは、かつて天皇誕生日に施行された勝ち抜け制レースであり、ホースマン最高の栄誉とされた歴史を特別視する価値観に囚われていたからだろう。だが、近年のレベルダウン、長距離軽視の風潮を鑑みれば、いかにも私の考えは古臭い。チョリースはオールドファンや関係者に向けた「たかが春天で背広で馬ひいてんじゃねーよ」という権威性の否定であり、血統のロマンなどという幻想に陥ったファンを覚醒させる一撃だったのだ。だから、松岡を非難する気にはなれない。ぜひ祝勝会で岡田総帥と「盾チョロイス」と盛り上がり、ダービーでも「世界のホースマンに松岡チョリース」とやってほしい。

土曜日は青葉賞が行われ、1番人気のアプレザンレーヴが期待に応えて快勝。前走の毎日杯は出遅れて3着に敗れたが、まずまずのスタートを切り外々を回って不利のないレースができた。最後の200メートルではトップカミングに競りかけられたが、そこから再度、力強く伸びたのは凄まじかった。高松宮記念のキングヘイロー-ローレルゲレイロ、皐月賞のネオユニヴァース-アンライバルド、と今年のトレンドは親子制覇らしいが、アプレザンレーヴもシンボリクリスエスと父子で青葉賞優勝。父はダービーでは2着だったが、その雪辱を果たせるか。内田博幸はセイウンワンダーというお手馬もいるが、アプレザンレーヴを選んでくるようならダービーは楽しみになる。同馬のオーナーはアンライバルドやブエナビスタと同じサンデーレーシングで、7週連続の重賞Vとこちらの記録も更新した。来週はダイバーシティの登録が新潟大賞典にある。最後に青葉賞2着馬だが、真っ裸でベロベロに大都会で酔っていた草なぎメンバーを思い出せば、マッパヴェロシティは抑えなくてはならない馬だった。

|

« 天皇賞春予想 | トップページ | ルドルフ超えの困難さ かしわ記念でカネヒキリ敗れる »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

最後笑わせてもらいました!!

投稿: ぴー | 2009.05.04 07:36

地デジカで子鹿のキッツですかw
それにしても松岡はアホですね。
天皇賞でやっちゃ不味いでしょう。
ヴィクトリアマイルのようなナンチャッテなら
いいけど。

投稿: ジュサブロー | 2009.05.04 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/44889687

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞春回顧 高レベルだった日経賞組のワンツー:

« 天皇賞春予想 | トップページ | ルドルフ超えの困難さ かしわ記念でカネヒキリ敗れる »