« なぜ騙される? マルチな競馬商材に気をつけろ | トップページ | 弥生賞予想 »

2009.03.07

チューリップ賞&オーシャンS予想

チューリップ賞。圧倒的な勝利で2歳女王となったブエナビスタが桜へ向けて始動する。アンライバルド、リーチザクラウンという牡馬クラシックのトップレベルの馬と接戦を演じた新馬戦を持ち出すまでもなく、ブエナビスタの強さは牝馬としては規格外。他馬を寄せ付けなかった阪神JFと同じ距離、コース。休養明けも死角はない。問題は相手探し。筆頭は2戦2勝のブロードストリート。前走の500万下は直線、わずかに仕掛けられただけで2着に2馬身差の快勝。素質は相当に高い。3番手は重賞勝ちの敬意を表してジェルミナル。点数を絞るならブエナビスタから2頭への3連単2点買いか。波乱を期待するなら、3着に人気薄を選びたい。

◎ブエナビスタ ○ブロードストリート ▲ジェルミナル
△フェイズシフト、カウアイレーン、イナズマアマリリス、マイティースルー

中山はオーシャンS。去年、サンアディユが非業の死を遂げてから1年になる。馬場が回復する見込みなければ、逃げ、先行馬で決まりそうだ。意欲の連闘策、アーバニティが本命。初めてのスプリント戦となった前走・韓国馬事会杯では、出遅れながら強引に先団に取り付くと前の2頭をあっさりと交わす横綱競馬。ゴール前は手綱を抑える余裕もあった。スプリンターとしてのポテンシャルが高かったのか、よほど中山1200が合うのだろう。姉にはG1馬、スティンガーもいる血統だ。順当なら相手はキンシャサノキセキだろうが、サープラスシンガーの残り目も考えたい。

◎アーバニティ ○キンシャサノキセキ ▲サープラスシンガー
△アイルラヴァゲイン、アポロドルチェ、コスモベル

5日、ドバイではジュベルハッタ(G2)が行われ、年度代表馬・ウオッカが出走した。鞍上は武豊。内々の4、5番手を進んでいたウオッカだったが、直線を向いても進路が開かず、トップスピードに乗ることができないまま5着に敗れてしまった。非常に長いことで知られるナドアルシバの直線だけに、長い時間、身動きの取れないウオッカを見るのはもどかしかった。だが、海外の厳しい競馬では最内の1番人気馬の進路を楽々と開けてくれるほど、ライバルたちもお人好しではない。28日のデューティーフリーに向けて苦い教訓となったはずで、本番で今回の経験を生かしてほしい。

>>ジュベルハッタ・レース結果と映像(JRA)
>>アースリヴィングが2着に好走したUAEオークス(JRA)

|

« なぜ騙される? マルチな競馬商材に気をつけろ | トップページ | 弥生賞予想 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/44266611

この記事へのトラックバック一覧です: チューリップ賞&オーシャンS予想:

« なぜ騙される? マルチな競馬商材に気をつけろ | トップページ | 弥生賞予想 »