« 笠松競馬土地明け渡し訴訟 徒労の末に和解合意 | トップページ | 共同通信杯回顧 真価発揮ブレイクランアウト »

2009.02.08

共同通信杯予想

ダービーをめざす有力3歳馬が結集する共同通信杯。同じ舞台で行われる東京スポーツ杯の出走馬が優れた結果を残している。本命は東スポ杯2着のブレイクランアウト。前走の朝日杯は1番人気に推されながら3着に敗れたが、ハイペースのなか後方から3角まくりで大外を回す競馬では仕方あるまい。むしろ、コンマ1秒差に踏みとどまったことが驚異的だ。鞍上の武豊も怪我が癒えて調子を取り戻してきた。今回は信頼できる連軸と考える。相手は中山コースで連勝してきたトーセンジョーダン。前2走とも力が違ったという競馬で、父ジャングルポケットの血が活きるなら、府中替わりも問題ないはず。単穴は中京2歳Sで2着と好走したショウナンアルディ。前走は逃げ馬が残る流れを出遅れながらクビ差まで追い込んだ。母の父はトニービン。一発気配。

◎ブレイクランアウト ○トーセンジョーダン ▲ショウナンアルディ
△シェーンヴァルト、ブロスアンドコンズ、マッハヴェロシティ

|

« 笠松競馬土地明け渡し訴訟 徒労の末に和解合意 | トップページ | 共同通信杯回顧 真価発揮ブレイクランアウト »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/43995621

この記事へのトラックバック一覧です: 共同通信杯予想:

« 笠松競馬土地明け渡し訴訟 徒労の末に和解合意 | トップページ | 共同通信杯回顧 真価発揮ブレイクランアウト »