« 鼻出血発症 ブラックエンブレムは最下位に敗れる | トップページ | フェブラリーS回顧 世代交代はなされたのか? »

2009.02.22

フェブラリーS予想

1番人気は新記録となるG18勝を賭けて臨むカネヒキリ。不治の病を克服してG13連勝を飾った同馬の歴史的瞬間を観てみたい思いの一方で、4、5歳馬が圧倒的に強いフェブラリーSは若い世代の台頭があるのではないかとも予想する。逃げ馬、エスポワールシチーに本命を打つ。昨夏、ダートに転向してから500万からオープンまで破竹の4連勝。一息入れた平安Sでは2着に敗れたが、一線級相手でも十分に戦える力があることを証明した。今回、叩いた上積みの効果は期待できる。東京マイルは準オープンの錦秋Sで1分35秒3という破格の時計で5馬身差の快勝を収めたコース。馬場も重くなりそうにないなら、スピードに任して押し切ってしまう可能性も高いのではないか。エスポワールとはフランス語で希望という意味。望みは高く。相手はもちろんカネヒキリ、単穴はヴァーミリアンだが、波乱もあるとみて気になる馬はヒモで抑えておきたい。

◎エスポワールシチー ○カネヒキリ ▲ヴァーミリアン
△カジノドライヴ、フェラーリピサ、バンブーエール、サンライズバッカス

|

« 鼻出血発症 ブラックエンブレムは最下位に敗れる | トップページ | フェブラリーS回顧 世代交代はなされたのか? »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/44136618

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーS予想:

« 鼻出血発症 ブラックエンブレムは最下位に敗れる | トップページ | フェブラリーS回顧 世代交代はなされたのか? »