« フェブラリーS予想 | トップページ | 東西格差 ”引退する3人”と”勇退する5人”の調教師 »

2009.02.26

フェブラリーS回顧 世代交代はなされたのか?

数日遅れの回顧になるが、ことしの最初のG1、記録がてら振り返っておこう。私の本命は4歳馬、エスポワールシチー。2強の力が上位であると認めてはいたものの、データとしてフェブラリーSは4、5歳馬が圧倒的に強く、世代交代があるかもしれないとの考えだった。結果的には4歳馬のワンツーだったが、軸馬を間違えたのだから仕方がない。ゲートが開いて立ち遅れたのはサンライズバッカス。予想通りハナに立ったのは佐藤哲・エスポワールシチー。けれんみのない逃げで、1000メートル通過は58秒8。確かに速いペースだが、前走はラップを落としてゴール前で交わされたように、後続に脚を使わせてナンボのタイプ。ラスト1ハロンで捕まったが、馬券を買った方としては納得の行く競馬だった。勝ち馬とコンマ2秒差の4着というのは、相手が悪かったとしか言いようがない。近い将来、ゴールドアリュール産駒の初めてのG1勝ち馬となれるのではないだろうか。

そのエスポワールシチーを怒涛の勢いで差しきったのが、サクセスブロッケン、カジノドライヴ、カネヒキリの3頭。いずれも逃げ馬の直後にポジションを取っていた。ゴール板ではサクセスブロッケンがクビ差、先頭に出ていたが、これは鞍上・内田博幸のダートで馬を動かす巧さ故、という気がしてならない。レース後、内田が「こういった接戦では騎手の腕を試される」とコメントしていたのに嫌味はあるまいが、掲示板に載ったのは地方出身者3人、外国人1人とJRAの生え抜きジョッキーには苦い顛末。こうした厳しい流れのなかでも、馬を先行させて、長い直線もバテさせずに脚を持たせる技があるのかもしれない。2着は安藤勝のカジノドライヴ。前走、大幅に馬体が減って、戻してはきたものの、軽めの調教だったこともあって重い印は打てなかった。勝ち馬とクビ差の好走で、米G2勝ちが飾りではないことをアピール、次のドバイにも楽しみが広がった。新世代から2強を継ぐ馬たちが成長を見せてくれたのが何より嬉しい。

そして、3着にはG1最多勝記録がかかっていたカネヒキリ。2番枠を引いた時点で不利は大きいと感じていたが、ルメールが内々をロスなく回って先行させる理想的な競馬。それでも、直線は狭いスペースから脚を伸ばさねばならず、外から気持ちよく差してきたサクセスブロッケンらとは枠順の有利、不利の差があった。距離不足、連戦の疲れ、合わないペースといったものもあって、そうしたマイナス材料を勘案すれば、同タイムの3着は力負けと断じることはできないだろう。むしろ、王者健在を印象付けた感さえあり、4歳勢が胸を張って世代交代なったと言うためには、もう一度、カネヒキリを真っ向勝負で負かす必要がある。ただ、カネヒキリも脚元に爆弾を抱えている以上、休養して馬体を緩め、いちいちハードなトレーニングで仕上げ直すといったことはできず、騙し騙し連戦を重ねていくしかない。G1最多勝の新記録が樹立できれば、そこを引き際として良いと思うが、双方にとってチャンスは限られてくるかもしれない。

|

« フェブラリーS予想 | トップページ | 東西格差 ”引退する3人”と”勇退する5人”の調教師 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/44188258

この記事へのトラックバック一覧です: フェブラリーS回顧 世代交代はなされたのか?:

« フェブラリーS予想 | トップページ | 東西格差 ”引退する3人”と”勇退する5人”の調教師 »