« 謹賀新年 2009年の競馬はまずまずのスタート | トップページ | シンザン記念回顧 まだ奥があるアントニオバローズ »

2009.01.11

シンザン記念&フェアリーS予想 

今週は東西で牡馬、牝馬の3歳マイル重賞が行われる。西はシンザン記念。朝日杯FSで好走した実績馬を選ぶか、条件戦を使ってきた素質馬を買うか、今回は後者を採りたい。本命は1枠を引いたアントニオバローズ。夏に新馬2着、その後にソエで放牧され、4ヶ月半ぶりに臨んだのが前走の未勝利戦だった。出遅れながら、記録した勝ち時計は1分22秒1。これは前週の準オープン特別とコンマ1秒しか違わない。父はマンハタンカフェ、母の父はキングマンボ。1ハロンの距離延長は大歓迎のはずで、展開もハイペースでツルマルジャパンが引っ張ってくれるなら折り合いは心配ない。対抗は朝日杯6着のミッキーパンプキン。前走は速い流れと内の悪い馬場に押し込められたのが敗因。単穴はキンカメ産駒のキングストリート。新馬こそ取りこぼしたが、その時の相手は土曜の特別戦を強い内容で快勝した。骨折の後遺症が出た武豊から太宰に乗り替わるが、マークが緩くなると前向きな面も見出したい。

◎アントニオバローズ ○ミッキーパンプキン ▲キングストリート
△スズカワグナー、キングスガレリア、モエレエキスパート

東はフェアリーS。今年からマイルに距離延長され、時期も1月に移設された。メンバーの中で唯一の重賞勝ち馬にも関わらず、血統的な評価から人気の低いイナズマアマリリスを狙い打つ。父スエヒロコマンダーがそうだったように、先行して持続的なラップを刻んでいくのが特徴。前走の阪神JFはせっかく好スタートを切ったのに、4角では13番手まで下げる、もったいない競馬。鞍上が池添に戻り、今回は先行策を取るはず。今の中山の馬場には適しており、連の確保を期待したい。対抗は新馬、500万と連勝してきたパールシャドウ。こちらも平均ペースが得意なクロフネ産駒。単穴はデビュー当時は桜候補と騒がれたダイワバーガンディ。前2走は消化不良で、立て直した今回は一発気配。連下は前走、直線1ハロンだけで3馬身突き放したアイアムネオなど。

◎イナズマアマリリス ○パールシャドウ ▲ダイワバーガンディ
△アイアムネオ、ジェルミナル、エリザベスムーン

|

« 謹賀新年 2009年の競馬はまずまずのスタート | トップページ | シンザン記念回顧 まだ奥があるアントニオバローズ »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

アイアムムネオって(爆笑)
素で間違えてるんですか?
アイアムネオでしょ

投稿: 通りすがり | 2009.01.11 14:40

>通りすがりさま どうも^^;、ムネオだったらインパクトあるのに

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2009.01.15 00:05

あけましておめでてうございます。って遅いですね。毎日更新はまだかと、覗かしてもらってます。予想当たりますよね。参考にさせてもらってます。

投稿: easygore | 2009.01.16 19:27

>easygoreさま 予想は当たりませんが、反面教師にしてやってください。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2009.01.25 02:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/43705376

この記事へのトラックバック一覧です: シンザン記念&フェアリーS予想 :

« 謹賀新年 2009年の競馬はまずまずのスタート | トップページ | シンザン記念回顧 まだ奥があるアントニオバローズ »