« 朝日杯FS予想 一瞬の脚を活かすブレイクランアウト | トップページ | 有馬記念予想 最大の惑星馬はフローテーション »

2008.12.23

朝日杯FS回顧 上位拮抗で春のクラシックが楽しみに

2レース、単勝万馬券で人気薄を激走させたのを見て、最終週を前に騎乗停止を食らった岩田の気合いを感じていたのだが、朝日杯はその通りの結果になった。岩田・セイウンワンダーは新潟2歳S以来の競馬。馬体はプラス10キロだったが、増えたのは成長分。しっかり仕上げられていた。休養明けで入れ込みが心配だったが、むしろ順調に使われてきたはずの1番人気の武豊・ブレイクランアウトの方がテンションは高かった。先月、右腕を骨折して、朝日杯一鞍に絞って、この日に復帰した武豊。パドックで姿を現すと一斉に視線を集めた光景は、やはり武豊がいなければ競馬は始まらないといったスーパースター健在ぶりと、衰えぬオーラを痛感させられた。朝日杯は武豊にとって、まだ獲れていない数少ないG1のひとつ。そのチャンスを逃したくない気持ちが強かっただろうが、それ以上に、一日でも早くレースに乗りたいという湧き上がるような衝動があるのだろうなとも思った。

レースはゲットフルマークスツルマルジャパンがハナを争うなか、やはり先行勢には厳しい流れになった。セイウンワンダーは後方の内側で脚を溜めていた。ルメールのフィフスペトルがその前。ダッシュつかずに最後方からの競馬を強いられたブレイクランアウトは、 3コーナーから一気に進出していく。武豊がガチだったのは、4コーナーでフィフスペトルを外から被せて進路を塞いだところ。両馬ともキャロットクラブの持ち馬。同馬主の遠慮はない。一方、セイウンワンダーは武豊とルメールの攻防を余所に内をついて、直線、一気に抜け出した。坂上からフィフスペトルが猛追を見せるが、アタマ差だけ凌ぎきった。岩田の好騎乗は最大の勝因だが、もしフィフスペトルがスムーズな競馬ができていたら後先は分からなかったのではないか。結果的に脚の使いどころを誤ったブレイクランアウトを含めて、この距離では上位3頭の力の差はほとんどないのかもしれない。今週のラジオNIKKEI杯組のリーチザクラウンなどと、春に相まみえるのが楽しみになった。

|

« 朝日杯FS予想 一瞬の脚を活かすブレイクランアウト | トップページ | 有馬記念予想 最大の惑星馬はフローテーション »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/43500611

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯FS回顧 上位拮抗で春のクラシックが楽しみに:

« 朝日杯FS予想 一瞬の脚を活かすブレイクランアウト | トップページ | 有馬記念予想 最大の惑星馬はフローテーション »