« ”交流”の建前捨て 新たなダート競走体系の確立を | トップページ | 朝日杯FS回顧 上位拮抗で春のクラシックが楽しみに »

2008.12.21

朝日杯FS予想 一瞬の脚を活かすブレイクランアウト

2歳戦というのは、とかく逃げ馬が揃ったりするものだが、今年の朝日杯FSは例年にも増して行きたい馬が揃ったなという印象だ。キャリア4戦とも逃げてきたツルマルジャパン、京王杯で後続を完封したゲットフルマークス、それにホッコータキオン、ケンブリッジエルの8枠両頭。最内枠を引いたミッキーパンプキンも控えたいだろうが、2戦2勝の内容は逃げ切りだ。激しくやり合う先行勢を中団でじっくり見ながら、ここぞというタイミングでは一瞬の脚で馬群に交わす、そんな芸当を持った馬が軸に相応しい。ブレイクランアウト◎。前走の東スポ2歳Sは突き抜けるかという脚色だったが、並んで勝ち馬を競り落とせなかった。それでも上がりは33秒4。こういうタイプの馬は、直線の長い府中より、小回り中山が合うことが多い。鞍上はブレイクランアウトに乗るためだけに、多少の無理は押して骨折から復帰する武豊。トップジョッキーの意気込みからも、勝ち負けにならないことはあるまい。相手は名手の手綱、ルメールのフィフスペトル。両馬ともキャロットクラブの所属だが、同世代の私の愛馬は未勝利でケツばかり走っている。可愛い愛馬には違いないが、己の不明を恥じるばかりである。

◎ブレイクランアウト ○フィフスペトル ▲シェーンヴァルト
△セイウンワンダー、ミッキーパンプキン、エイシンタイガー

|

« ”交流”の建前捨て 新たなダート競走体系の確立を | トップページ | 朝日杯FS回顧 上位拮抗で春のクラシックが楽しみに »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/43479937

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日杯FS予想 一瞬の脚を活かすブレイクランアウト:

« ”交流”の建前捨て 新たなダート競走体系の確立を | トップページ | 朝日杯FS回顧 上位拮抗で春のクラシックが楽しみに »