« JCダート回顧 またもやルメールの魔術が炸裂! | トップページ | ”交流”の建前捨て 新たなダート競走体系の確立を »

2008.12.14

阪神JF予想 1戦1勝の好素質馬・ミクロコスモス◎!

10月26日に京都で行われた1800メートルの新馬戦。このレースで2着だったリーチザクラウンは、次走で大差勝ちし、千両賞も全くの圧勝でダービーの最有力候補へと躍り出た。1着のアンライバルドも、急遽、乗り替わりとなった京都2歳Sでは折り合いを欠いて敗れたものの、高い素質を持っていることは疑いようがない。そして、3着のブエナビスタは未勝利を持ったまま大楽勝。気の早い評論家は3頭が逢い見えたレースを“伝説の新馬戦”と名づけて、ファンにも広く知られるようになった。阪神JFの前日最終オッズで 1番人気の2.9倍に支持されたのは、伝説の新馬戦メンバーのブエナビスタだ。抽選を潜り抜けた強運と、ビワハイジとの母子制覇の話題性の高さもあって、注目を集めているようだ。

それでも阪神JFは別の馬から入ってみたい。ブエナビスタも、人気の一角であるダノンベルベールも発馬に難があり、フルゲートの阪神1600ではリスクを抱えることは間違いない。力通りなら、あっさりだろうが、オッズと相談して穴狙いで行ってみよう。新種牡馬・ネオユニヴァースの仔、ミクロコスモスに本命を打つ。まだ1戦1勝だが、番手にすっとつけて断然、有利だった逃げ馬を素晴らしい瞬発力で差しきった前走は、センスの良さを感じさせるものだった。武豊から鮫島良への乗り替わりはマイナス材料だが、気負わずに競馬ができれば好勝負だ。穴に1戦1勝、メイショウボナール。この馬のラップも“伝説の新馬戦”と遜色ないものだった。

◎ミクロコスモス ○ブエナビスタ ▲メイショウボナール
△ダノンベルベール、ジェルミナル、アディアフォーン、デグラーティア

|

« JCダート回顧 またもやルメールの魔術が炸裂! | トップページ | ”交流”の建前捨て 新たなダート競走体系の確立を »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/43413693

この記事へのトラックバック一覧です: 阪神JF予想 1戦1勝の好素質馬・ミクロコスモス◎!:

» 【競馬】阪神ジュベナイルフィリーズ予想 [にたろうの退屈な日々]
昨日はスカスカッと外してしまったね~無念。さて阪神JF。血統的には◎ブエナビスタ。(【競馬】ブエナビスタ強い!参照)桜花賞、オークスを目指して、慎重にレースを選んで欲しかったというのが正直な気持ちだ。1勝の身でこのレースを使って欲しくなかっらなあ。揉まれたときのダメージが残らなければ良いが・・・ここは完成度の面で他の馬に遅れを取る可能性も大きいでしょう。○ジェルミナルはアグネスタキオン産駒で、Almahmoud、Bold Ruler主導でPharos-Phararisの土台構...... [続きを読む]

受信: 2008.12.14 09:14

« JCダート回顧 またもやルメールの魔術が炸裂! | トップページ | ”交流”の建前捨て 新たなダート競走体系の確立を »