« 凱旋門賞当日のパリは曇り空 サムソンに勝機はあるか | トップページ | 凱旋門賞から一夜 ザルカヴァの強さに賞賛の声 »

2008.10.06

遥かなり凱旋門賞 夢は次の世代へ引き継がれる 

強い風と断続的な雨のなかで開催された凱旋門賞。メイショウサムソンは最後にゲートへ誘導されると、すぐにスタートを切られるアウェイの洗礼を受ける。後方3番手からの苦しいポジション。乾坤一擲、内側から抜け出すことに賭けた武豊だったが、直線では激しく馬体をぶつけられた。サムソンも意地を見せる。そこから必死の伸びを見せようとしたのだ。しかし、タフなコースの前に力尽きて10着。タラレバは必要ない。これが最高峰の舞台で闘うことの厳しさだ。サムソンは良く走った。それ以上にライバルが強かったということだ。

去年、万端整えながら、災禍で遠征を断念。それでも、陣営は多くのハードルを乗りこえて、再びロンシャンの地をめざした。だから、大歓声の中、サムソンがトップホースたちとともに入場してきたときには、グッとこみあげてくるものがあった。優勝したのはザルカヴァ。何度もコブシを突き上げて歓喜を表現するスミヨン。そして、勝者に贈られる観衆のスタンディングオベーションと敬意の眼差し。この日、この場所に来て凱旋門賞の価値が初めて分かった気がした。そう易々と欧州最高の栄誉は手に入れられない。

ありがとう、メイショウサムソン、高橋成忠師、武豊騎手、遠征を支えた多くのスタッフの方々。日本のホースマン、ファンの夢は今年も叶わなかった。だが、ひとつひとつの挑戦が礎となって、いつか実を結ぶ時が来るだろう。バトンは次の世代へと引き継がれる。遥かなる凱旋門賞。きょう、その夢の実現にまた一歩近づいた。

歓喜のスミヨンとザルカヴァ

※ 凱旋門賞の観戦記は後日、改めて更新したいと思います。これからパリを発って陸路でワルシャワをめざし、帰国は14日になる予定です。 Tシャツ、ネックストラップなど凱旋門賞グッズをお土産に購入しました。希望する読者の方々にプレゼントできればと考えています。詳細はのちほど。

|

« 凱旋門賞当日のパリは曇り空 サムソンに勝機はあるか | トップページ | 凱旋門賞から一夜 ザルカヴァの強さに賞賛の声 »

海外競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/42702933

この記事へのトラックバック一覧です: 遥かなり凱旋門賞 夢は次の世代へ引き継がれる :

« 凱旋門賞当日のパリは曇り空 サムソンに勝機はあるか | トップページ | 凱旋門賞から一夜 ザルカヴァの強さに賞賛の声 »