« ポルトフィーノ除外 小島茂師が晒された思わぬ批判 | トップページ | 秋華賞回顧 ネット批判を跳ね返す小島茂厩舎の大激走 »

2008.10.19

秋華賞◎トールポピー 疑惑を晴らして真の女王へ

”疑惑の裁決”、そうファンの記憶に刻まれた今年のオークス。勝ち馬のトールポピーを操る池添は、直線で大きく内に切れ込んで有力馬の進路を妨害。騎手には騎乗停止処分が下されながら、着順変更はなしという灰色裁定のなかで、トールポピーは樫の女王の座を手にした。それから4ヶ月後、ローズSに出走したトールポピーは6着に敗れ、マイネレーツェル、レジネッタ、オディールというオークスで被害を与えた馬に先着を許してしまった。疑惑のラフプレーがあったからオークスも勝てたと受け取られても仕方がない結果だ。だからこそ、本番の秋華賞は負けられない。前走は明らかに仕上がっていない馬体。叩いた効果と、距離の延長はプラスに働く。真の女王と認めさせるためには、文句なしのフェアプレーでライバルをねじ伏せるしかない。

◎トールポピー ○レジネッタ ▲オディール
△ソーマジック、レッドアゲート、リトルアマポーラ、メイショウベルーガ

|

« ポルトフィーノ除外 小島茂師が晒された思わぬ批判 | トップページ | 秋華賞回顧 ネット批判を跳ね返す小島茂厩舎の大激走 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/42833182

この記事へのトラックバック一覧です: 秋華賞◎トールポピー 疑惑を晴らして真の女王へ:

« ポルトフィーノ除外 小島茂師が晒された思わぬ批判 | トップページ | 秋華賞回顧 ネット批判を跳ね返す小島茂厩舎の大激走 »