« ダービーは皐月賞組 Mチャールズこそ威光に相応しい | トップページ | 東京ダービーはDスカイ 騎手も2連覇で325万馬券 »

2008.06.04

常識覆す大外一気! ダービーを制した神がかり的騎乗

今年もダービーが終わった。戦国ダービーと言われたが、栄冠を勝ち取ったのは1番人気、四位洋文ディープスカイ。NHKマイルC馬が G1を連勝したことで、「日本ダービー」の威光が霞むことはなかった。距離不安が囁かれたディープスカイにとって、スローペースは望む展開だったかもしれない。強めの調教でプラス体重で出走できたのは、前走の反動もなく上り調子だった証拠。それにしても、最内枠を引きながら、直線は大外を回して追い込んでくるという、とても1番人気を背負った馬とは思えない手綱さばきには驚愕させられた。 4角は15番手。ダービーポジションもヘッタクレもあったものではない。それだけ、この世代では能力が抜きん出ていたということだし、常識を覆した騎乗は神がかり的だった。史上二人目となる四位のダービー連覇の前に、私の予想は完敗である。

2着は完璧なレース運びで、ようやく折り合いもついた小牧のスマイルジャック。皐月賞以外は複勝圏を外れたことはなく、12番人気は評価を落としすぎた。 この馬の祖母はカイウンテンシ。私が競馬を始めた頃、良く馬券を買っていた思い出深い馬だ。ぜひ、種牡馬になって、血統表に祖母の名も残してほしい。3着は武豊ブラックシェル。1コーナーで同厩舎の福永モンテクリスエスに進路をカットされ、序盤で馬が燃えてしまったことが響いた。武豊は2週続けての不利に怒り心頭。

「先週のオークスもそうだったが、騎手のマナーが最近は悪すぎる。厳しい競馬とラフプレーは違う。緊張感がない のか、これではファンが本当に離れてしまう。今まで積み重ねてきたことが、あの一瞬で終わってしまった」とぶ然とした表情だった。(ZAKZAK)

まったくの正論だと思うが、きちんと公の場で言い続けてほしい。別に福永に「福島に行け」と言う必要はないけれど。それにしても、怒りの対象が同厩舎の馬とは、多少はアドマイヤを見習うところもありやなしや。本命にしたマイネルチャールズ4着。成長力に欠けていた。仕上げの考え方にも拠るのだろうが、プラス体重にするために強めの調教を控えたのは、最高峰のレースを制するには物足りなかったのかもしれない。皐月賞と違って、今回は松岡の騎乗にも問題はなく、実力は出し切れたように思える。秋に期待しよう。

ディープスカイを除いて、5着レイボーペガサスまで皐月賞組が占めたわけだが、台風の目となった別路線組は厳しい結果が待っていた。青葉賞組はクリスタルウイング6着、アドマイヤコマンド7着、モンテクリスエス16着。アドマイヤコマンドは入れ込みも激しく、馬体も大幅に減った前走よりマイナス。青葉賞を激走した反動がありありだった。ゆっくり休養して再スタート、菊花賞は楽しみだ。京都新聞杯馬、メイショウクオリアはブービー。流れに乗れなかったが、現状はこの程度だろう。そして、3番人気に支持されたダート4連勝中のサクセスブロッケンは潔く18着。 4番手追走という正攻法の競馬ができたのだからスピードはある。先入観かもしれないが、パドックでは硬い芝を走らせるには怖い歩様に見えた。距離か芝適性か、敗因は分からないが、ダービーを盛り上げた陣営の挑戦には拍手を送りたい。

最後に触れておくべきか。場内の勝利インタビュー中、四位が観客に向けて「うるせえよ、おい」と発言したことが波紋を広げている。報道によれば、最前列にいた泥酔客が「しーい、しーい」とインタビューを遮るように大声を出し続けたことに、他のファンに迷惑になると四位がキレてしまったらしい。もちろん、公人として残念な行為であるし、テレビ中継で流れてしまったのは不幸だった。ダービーという特別なものを汚されたと憤るファンの気持ちも共感できる。ただ、擁護するつもりはないが、ダービーで1番人気馬に乗り、後方一気の大外ぶん回しという神業を繰り出した精神状態は、尋常なものではなかったのではと類推する。むしろ、インタビュアーの「みなさんのご迷惑になりますので少しお静かに願います」ぐらいの状況説明的フォローがあっても良かったのではと思う。

|

« ダービーは皐月賞組 Mチャールズこそ威光に相応しい | トップページ | 東京ダービーはDスカイ 騎手も2連覇で325万馬券 »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

インタビューは見てなかったのですが、聞いた限りではインタビュアーがまず注意すべきですよね。

四位騎手の神懸かりというか、この人の騎乗はこういう乗り方が多く、ディープスカイがたまたま抜けた力を持っていたから勝てましたが、力が横一線の馬が揃うとこれでは勝ち負けすら出来ないと思います。
四位騎手のそういう所が私は残念ながら嫌いです。

サクセスブロッケンは先行は出来ましたが、走りが固い様に見えました。脚もとに負担がかかって無いか心配です。

次走でダートを使っても、今回の影響で惨敗する可能性もあるのでは・・?と感じているのは私だけでしょうか?
(馬は賢いので痛みを覚えている可能性も)

投稿: はやひで | 2008.06.04 17:43

ダービー当日はウイナーズサークルのすぐ横にいたので、顛末を全部見ていた訳ですが、あの常識外れの客は非常にうざかった。誰かが排除してなきゃだめでしょう。近年ああいう類の輩がウイナーズサークル付近に群がって来てるんですねよ
誰も何もしないから自分があえてやったと好意的に見ています。ま、騎手クラブが問題視したら大事になる事象ですので、開催執務委員長あたりが命令かけて来週から緑虫か警備員がウイナーズサークルの外にも貼り付くことになるのでしょうね。

投稿: | 2008.06.04 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/41420939

この記事へのトラックバック一覧です: 常識覆す大外一気! ダービーを制した神がかり的騎乗:

« ダービーは皐月賞組 Mチャールズこそ威光に相応しい | トップページ | 東京ダービーはDスカイ 騎手も2連覇で325万馬券 »