« 常識覆す大外一気! ダービーを制した神がかり的騎乗 | トップページ | ディヴァインライトの大出世 娘ナタゴラは仏ダービー3着 »

2008.06.05

東京ダービーはDスカイ 騎手も2連覇で325万馬券

南関東の祭典、第54回東京ダービーが4日行われ、JRAから武豊と内田博幸が参戦するなど、大井競馬場は1万9000人のファンで盛り上がった。 1番人気は1.4倍の圧倒的な支持を集めたディラクエ。北海2歳優駿や京浜盃を制し、一冠目の羽田盃でも2着に好走していた。2番人気は羽田盃でディラクエを破ったニックバニヤン。鞍上は東京ダービー優勝の悲願がかかる"大井の天皇"、的場文男(51)。リーディング21回、通算5500勝をあげた生ける伝説ながら、過去26回の騎乗がある東京ダービーでは【083 15】と未だ勝利がない。羽田盃馬を操る的場文が今年こそダービーを勝てるのか、ファンの注目はそこに集まっていた。その瞬間を見逃すわけにはいかないと、私も仕事を終えて、ギリギリに大井へと駆けつけた。

夜風の気持ちいいパドック。ノーズダンデーが落ち着きなく立ち上がったりしているものの、他馬は粛々と周回を続けている。一際よく見せていたディラクエだが、牝馬もいないのに突然、発情。すわ馬っ気で消しかと思いきや、次の周回では矛を収めていた。ディラクエの胸中に浮かんだものは不明である。騎手が跨ると、観客から「フミオ!フミオ!」の声が飛んだ。もはや、恒例の東京ダービー名物だが、今年は2番人気。「最後だぞ!」と、発破をかけるファンも。レースはディアヤマトがつくる息の入らない流れ。ニックバニヤンも果敢に先行。ディラクエは中団待機。3コーナー、ハナを奪ったモエレラッキーをニックバニヤンが並びかける。人気のディラクエも前を捕まえようと早めに動いた。直線、ニックバニヤンは手応えをなくして後退。ディラクエも伸びを欠く。後ろから飛んできたのは10番人気ドリームスカイ。粘るモエレラッキーをクビだけ差しきった。

ドリームスカイは出遅れて後方4番手からの競馬を強いられた。鞍上の戸崎圭は動じることなく、末脚勝負にかけることを決めて鮮やかな差し切り勝ち。人気を背負った同厩舎のディラクエらが早めに仕掛けたため、ドリームスカイをアシストする結果になった。戸崎は去年のアンパサンドに続く東京ダービー連覇。奇しくも中央のダービーを彷彿とさせる、「直線一気」「Dスカイ優勝」「騎手連覇」だった。このサインに気づいたファンは大きな魚を得たかもしれない。 3連単は325万920円のTCK重賞史上、最高配当で大波乱の結末。今年も大井の天皇の悲願は叶わなかったわけだが、ドリームスカイの前2走の手綱を取っていたのは、皮肉なことに的場文。大井競馬の神様は何故こうも意地悪なのか。来年の東京ダービーも、「フミオ!」の声援を聞きに行かねば。

|

« 常識覆す大外一気! ダービーを制した神がかり的騎乗 | トップページ | ディヴァインライトの大出世 娘ナタゴラは仏ダービー3着 »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/41432238

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ダービーはDスカイ 騎手も2連覇で325万馬券:

« 常識覆す大外一気! ダービーを制した神がかり的騎乗 | トップページ | ディヴァインライトの大出世 娘ナタゴラは仏ダービー3着 »