« オークス疑惑の裁決? 騎乗停止も降着処分はなし | トップページ | ダービーは皐月賞組 Mチャールズこそ威光に相応しい »

2008.05.31

王道か規格外か 稀に見る混沌ダービーは予想難解

今週も天候には恵まれなかった東京。ダービー当日は晴れるようだが、土曜の競馬は不良で行われている。内外のどちらにアドバンテージがあるとも、前が残るとも、後ろが届くとも言えないが、馬場状態には注意しておきたい。人気も割れている。前売りでは NHKマイルC勝ちのディープスカイと皐月賞3着のマイネルチャールズが1番人気を争い、3番人気がダート無敗のサクセスブロッケン、青葉賞馬・アドマイヤコマンドが続く。ダービーは1番人気に絶大な信頼を寄せることができるレースだったが、去年、ひさしぶりにフサイチホウオーが着外に敗れる波乱が起きた。混戦だったオークスは、その借りを全妹のトールポピーが返し、例年の傾向通りに桜花賞組が上位を占める結果になった。果たして、今年のダービーは皐月賞組が王道の強さを見せるのか、あるいは過去のデータを覆す結末が待っているのか。

データ的に視覚がないのがマイネルチャールズ。弥生賞から皐月賞を経てダービーというのは、由緒正しきローテーションだ。昔から弥生賞とダービーの相性は頗る高く、しかも皐月賞で惜敗していた弥生賞馬は、スペシャルウィーク、ナリタトップロード、メジロライアンなど良く連対している。去年もアドマイヤオーラが3着を確保しており、3連単、3連複の馬券からは決して外せない。一方、ディープスカイはNHKマイルCから、返す刀でダービーに臨むマツクニローテに準じた。近年、キングカメハメハ、タニノギムレットがダービーを制している新しい戦い方だ。ディープスカイは毎日杯、NHKマイルCを連勝しており、キングカメハメハと同タイプ。但し、最初からダービーを視野に入れていたキングカメハメハと違い、 NHKマイルCに全力投球したクチで、お釣りがあるかどうかは難しいところ。前走は荒れた馬場をこなしたものの、基本的には切れ味で勝負する馬だ。

サクセスブロッケンはダートで4連勝中。過去につけた着差の合計は31馬身というから、適性云々よりエンジンが違うということだろう。父はシンボリクリスエス、母はサンデー産駒のサクセスビューティーで 6年前のフィリーズレビューを勝っている。芝で走らないのがおかしい血統で、ダートを使われてきたのは脚元を気遣ってきただけ。ダート連勝で臨んだ馬と言えば、サンデー直仔のゴールドアリュールが思い浮かぶが、同馬はシンボリクリスエスとはコンマ1秒差の5着に好走している。血統的に問題ないとは言え、初芝のサクセスブロッケンにとって馬場が柔らかいのは大歓迎のはずだが、重が苦手というオチはありうる。アドマイヤコマンドはキャリア3戦。青葉賞とダービーを連勝した馬はいないが、近6年で3頭が連対している。キャリア4戦の青葉賞馬ではゼンノロブロイやレオダーバンが2着にきている。 3月デビューでダービーの栄冠に輝けば歴史に残る偉業になる。

他で穴人気になっている馬も見てみよう。意外にも?5番人気に推されているのが、皐月賞2着のタケミカヅチ。前6走にいずれも重賞に出走して掲示板を外していない堅実さが、混戦のなかで支持されているのだろう。ゴールドアリュール×マルゼンスキーの配合は荒れ馬場にも強そうだ。レインボーペガサスは4着だった皐月賞で脚を余したことと、安藤勝への信頼が印を厚くさせているようだ。NHKマイルCで2着だったブラックシェルは7番人気。前走で府中向きなのは明らかになった。人気薄の武豊は怖い。青葉賞2、3着のクリスタルウイング、モンテクリスエスは両馬とも重適性に欠けるか。折り合いに不安のあるショウナンアルバは外枠を引いたのがどう出るか。ステイヤーの底力が問われる展開なら、スペシャルウィーク×リアルシャダイのフローテーションも一発ある。とにかく頭を悩ませてくれる。

|

« オークス疑惑の裁決? 騎乗停止も降着処分はなし | トップページ | ダービーは皐月賞組 Mチャールズこそ威光に相応しい »

事前見解」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/41380043

この記事へのトラックバック一覧です: 王道か規格外か 稀に見る混沌ダービーは予想難解:

« オークス疑惑の裁決? 騎乗停止も降着処分はなし | トップページ | ダービーは皐月賞組 Mチャールズこそ威光に相応しい »