« 天皇賞春 忘れられた実力馬・ポップロック◎! | トップページ | 旅打ち高知競馬! 南国・土佐の大らかさに包まれて »

2008.05.07

アドマイヤジュピタが盾制覇 作戦失敗が功を奏す?

トップホースたちが持てる力を余すところなく発揮した天皇賞春。最強馬決定戦の名に恥じないレースになったのではないだろうか。私もライブ観戦のため東京から現地へと赴いた。まず、向かったのはライスシャワーの慰霊碑。劇的な復活を遂げた、あの天皇賞から13年も経ったとは感慨深い。この日は多くの供物が供えられ、ライスシャワーがファンの心に生き続けていることを感じさせられた。今年、レースの鍵を握るとされたのは、関係者による決起集会まで開いたアドマイヤ軍団の行方。ところが、ペースをつくるはずの福永・アドマイヤメインは出遅れ。そして、番手近くからの競馬を想定していた岩田・アドマイヤジュピタもスタートで失敗してしまった。一方、横山典・ホクトスルタンが好スタートを切り、思い切ってハナを叩く。ホクトスルタンは1000メートルを1分1秒1で通過。淀みのないラップが刻まれ、どこかで13秒台に落として息を入れたいところ。だが、後ろからアドマイヤイメインがプレッシャーをかける。2000メートルは2分03秒だったが、先行勢には数字以上の厳しい流れになった。

夏の日差しとなった淀 慰霊碑を訪れる人は後を絶たない

直線、粘ったホクトスルタンは、ラスト1ハロンでスタミナが枯渇。その後ろにいた1番人気、四位・アサクサキングスが交わしにかかるが、こちらも伸びを欠いた。代わって先頭に立ったのは3角過ぎから進出してきていたアドマイヤジュピタ。だが、武豊・メイショウサムソンも盛り返す。壮絶な追い比べは、アタマだけジュピタに軍配が上がった。G1初挑戦で盾を制する偉業。本来の先行する競馬ではなく、見事な差し脚で勝利へ導いたのは、後方で折り合わせることに腹をくくった岩田のファインプレーだ。アドマイヤメインは殿負け。結果的に先行勢が壊滅したことを考えれば、出遅れのために先行争いに巻き込まれなかったのは幸いした。ホクトスルタンが格好の目標となったのも有利だった。多頭数出しの余計な作戦は良績につながらないことが大半。今回、2頭の出遅れによる作戦失敗が図らずも最高の結果を生んだと言えないか。もちろん、自ら勝ちに行ってサムソンをねじ伏せたのだから、ジュピタが天皇賞馬に相応しい実力を持っていたことに疑いはない。

アドマイヤ総帥、近藤利一は初めての盾制覇に人目を憚らずに涙した。本業は解体業。あくの強い馬主で好き嫌いの分かれるタイプだが、斜陽の競馬界に多額の資本と情熱を投下してくれていることは感謝せねばなるまい。ジュピタの父はスピード馬のフレンチデュピティ、母の父はライスシャワーを輩出したリアルシャダイ。母系が強く出たということか。天皇賞もステイヤーらしい戦いぶりだった。2着メイショウサムソンは不振から脱出。反動がなければ良い。 3着アサクサキングス、4着ホクトスルタンは展開次第では充分に勝てる力があるところを見せてくれた。とりわけ、メジロマックイーンから血の継承が期待されるホクトスルタンには、どこかでG1を獲得してほしい。来春の天皇賞まで待たなくとも、宝塚記念や有馬記念はチャンスがありそう。 9着ドリームパスポートは大型連休の渋滞に巻き込まれ、輸送に12時間もかかった影響が惨敗につながった。陣営のボーンヘッド。本命にしたポップロックは見せ場なく12着。敗因を教えてほしいものだ。

うるさい気性はいつものこと。アドマイヤジュピタ 復活を遂げたメイショウサムソン

決起集会を開いたアドマイヤ軍団 岩田は喜びを爆発させた

|

« 天皇賞春 忘れられた実力馬・ポップロック◎! | トップページ | 旅打ち高知競馬! 南国・土佐の大らかさに包まれて »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/41127619

この記事へのトラックバック一覧です: アドマイヤジュピタが盾制覇 作戦失敗が功を奏す?:

« 天皇賞春 忘れられた実力馬・ポップロック◎! | トップページ | 旅打ち高知競馬! 南国・土佐の大らかさに包まれて »