« NHKマイルC 粘れ粘れ、レッツゴーキリシマ! | トップページ | 記憶に刻まれた ”世界のG1級” さらばコンゴウダイオー »

2008.05.12

NHKマイルC回顧 頭抜けたディープスカイの瞬発力

荒れた馬場で切れ味が武器の馬は不利になるのではと言われたNHKマイルC。その懸念から私もディープスカイ、ブラックシェルの印をひとつずつ落とし、先行力あるレッツゴーキリシマを本命にした。だが、結果は真逆。ゴスホークケンが果敢に先手を取り、ダンツキッスイ、エイムアットビップが追いかける展開。先行勢は壊滅した。スタートが今ひとつだったディープスカイは後方3番手。馬場の良い外に各馬が集中するのを予測して、4角では馬群の内をつく。同じようなコースを先に抜け出したブラックシェルを残り200で交わすと、まったく危なげない走りでゴールを駆け抜けた。四位の「追えば必ず伸びる」という確信に基づいた好プレーが勝利に導いた。それだけの自信を鞍上に与えたのは、毎日杯でアドマイヤコマンドらを千切り捨てた瞬発力の高さだ。皐月賞に見向きもせず、NHKマイルC一本に絞った陣営の仕上げも完璧だった。

2着ブラックシェルは早め先頭の競馬で能力を出し切った。クロフネ産駒らしく、府中も合っている。以前から感じていたが、マイラーだろう。例年の松国ローテでダービーをめざすことになるが、馬券の対象になるまではどうか。3着はファルコンSを勝っているダノンゴーゴー。この馬も上位2頭と同じようなコースを通って追い込んできた。展開が向いたのは事実だが、14番人気は少し人気を下げすぎたか。2番人気ファリダットは大外から伸びて5着。先約から武豊はブラックシェルではなく、こちらを選んだのだろうが、府中マイルG1を乗り切るにはまだまだ底力が足りない印象だった。レッツゴーキリシマは道中こそスムーズに進めたものの、直線はぱったり。血統のイメージに相反して、悪い馬場は良くないのかもしれない。力も足りなかった。勝ったディープスカイはダービーも視野に入れている。混戦の今年は充分にチャンスもあるだろう

|

« NHKマイルC 粘れ粘れ、レッツゴーキリシマ! | トップページ | 記憶に刻まれた ”世界のG1級” さらばコンゴウダイオー »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/41188042

この記事へのトラックバック一覧です: NHKマイルC回顧 頭抜けたディープスカイの瞬発力:

» [競馬] NHKマイルCはまたも毎日杯組が優勝 [昨日の風はどんなのだっけ?]
【NHKマイルC(GI)】(東京)〜ディープスカイ 人気に応えて快勝 | News | 競馬実況web | ラジオNIKKEI 競馬ニュース - netkeiba.com | NHKマイルC、1番人気ディープスカイが制す もう全く分かんなくてケンのレースだったんですが、自分の中ではディープサマーと名前的に... [続きを読む]

受信: 2008.05.14 21:22

« NHKマイルC 粘れ粘れ、レッツゴーキリシマ! | トップページ | 記憶に刻まれた ”世界のG1級” さらばコンゴウダイオー »