« あり余るスピード ポルトフィーノは一族の無念晴らす? | トップページ | つれづれに 皐月賞の有力馬をおさらい »

2008.04.12

桜花賞予想 華麗なる一族・絶好枠エイムの巻き返し

まさかのポルトフィーノの出走取り消し。左寛跛行ということだが、つくづく桜花賞には縁のない血統ということか。この馬がいなくなったことで、かなりレース展開は変わってくるだろう。スローとなるか、逆に騎手全員が意識しすぎて速いラップを刻むことになるか。昨年の桜花賞はダイワスカーレット、ウォッカの力通り二強で決まった。馬連は14-18の外枠同士だったが、これを見て改修後の阪神千六の内外の有利不利がなくなったかと考えるのは早計だろう。外から内に切れこむのが難しいのは抜本的に変わっておらず、 4コーナーまでに外々を回らされるのは覚悟しておかなくてはならない。有力馬ではブラックエンブレムが16番枠に入り、松岡は難しい乗り方を要求されることになる。

逃げるのは最内枠デヴェロッペ。折り合いをつけたい外のエアパスカルブラックエンブレムは、無理に絡んでいくことは考えにくく、ペースは落ち着くとみる。逃げ馬を見ながら、内から好位で立ち回れそうなエイムアットビップに本命を託す。ファンタジーSでは1000メートル56秒9のハイペースで後続に10馬身差をつける大逃げ。それでも、オディールとコンマ2秒差に踏みとどまった能力を再評価したい。同馬の曾祖母はイットーで、ハギノトップレディ、ダイイチルビーといった名牝を輩出した華麗なる一族。前走のフィリーズレビューは熱発の影響で大敗したが、トライアル1番人気で10着は2000年のチアズグレイスを彷彿とさせる。ノーマークになる桜で良血が派手に花を咲かすことを期待したい。

◎エイムアットビップ ○オディール ▲トールポピー
△リトルアマポーラ、ブラックエンブレム、エアパスカル

|

« あり余るスピード ポルトフィーノは一族の無念晴らす? | トップページ | つれづれに 皐月賞の有力馬をおさらい »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/40855111

この記事へのトラックバック一覧です: 桜花賞予想 華麗なる一族・絶好枠エイムの巻き返し:

« あり余るスピード ポルトフィーノは一族の無念晴らす? | トップページ | つれづれに 皐月賞の有力馬をおさらい »