« 中山記念回顧 横山典のプロフェッショナルに脱帽 | トップページ | サンアディユ急死 さよならを告げる間もなく »

2008.03.08

チューリップ賞予想 二強に食い込む馬を探せ

いよいよクラシックトライアル。今週は弥生賞とチューリップ賞という最も本番に直結する二鞍が組まれている。ここで完勝するような馬が出てくれば、皐月賞、桜花賞に王手をかけることになる。土曜はチューリップ賞。人気は阪神JFを勝ったトールポピーと 1番人気だったオディール。前者はフサイチホウオーの全妹であり、後者は 2歳G1で2着したキュンティアを母に持つ良血馬。ともに桜花賞を制する資質は兼ね備えている。厳しい流れだった阪神JFで好走した能力は疑いようがなく、3連単でいえば2頭とも馬券になる可能性は高い。ならば、狙いは第三の馬。キャリア1戦馬は分が悪いのを承知で関東馬・ギュイエンヌ、前走はダート変更が響いて惨敗したエアパスカル、シックスセンスの下になるスペルバインド、ダートで勝ち上がってきたマルチメトリックらを二強に絡ませて買ってみたい。

◎トールポピー ○オディール
△ギュイエンヌ、エアパスカル、スペルバインド、マルチメトリック

また、中山の黄梅賞(500万下)には新馬戦を持ったまま楽勝したサイレントフォースが駒を進めてくる。父はシンボリクリスエス、母はサイレントハピネスの藤沢ブランド。春が近づいてシンボリクリスエス産駒の活躍が目立ち始めているが、これは父の遺伝力の強さだろうか。混戦の牡馬クラシック戦線を揺るがす勝ち方ができるか、大いに注目したい。

|

« 中山記念回顧 横山典のプロフェッショナルに脱帽 | トップページ | サンアディユ急死 さよならを告げる間もなく »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/40418412

この記事へのトラックバック一覧です: チューリップ賞予想 二強に食い込む馬を探せ:

« 中山記念回顧 横山典のプロフェッショナルに脱帽 | トップページ | サンアディユ急死 さよならを告げる間もなく »