« サンアディユ急死 さよならを告げる間もなく | トップページ | Fレビュー予想 格上エイムのスプリント能力に期待 »

2008.03.15

新キャラクターにネット騒然 「うまたせ」超えるインパクト

2010年に太井競馬場で開かれる「佐々木武見デビュー50年祭」のマスコットキャラクター=写真=が、賛否両論を巻き起こしている。「可愛くない」「すごく違和感がある」「いや、保守的な地方競馬にしてはよくやった」「何度も見てるうちに味わいが出てくるよ…」 と、寄せられたのは約1000件。他の追随を許さない奇抜なデザインは、ネット掲示板やSNS、個人のブログ上でも熱い議論が交わされており、「わたしそんなに可愛くないかしら」と、キャラクターのぼやきが聞こえてきそうだ。

馬と鹿の魅惑のコラボレーション

主催者などでつくる祭りの事業協会は先月、「カツラを被ったセン馬にシカの角が生えた」キャラクターを公開し、愛称の募集を始めた。 滋賀県の彦根城築城400年祭の「ひこにゃん」のような“ゆるキャラ”人気を期待したが、現在のところいまひとつ。デザインを非公開で決めたことや、作者への報酬が新馬戦のオーシャンエイプス単勝記念馬券といったことにも批判が出ている。闘牛には不向きなサラブレッドに角を生やしたように見えることに違和感を示す人や、「馬鹿ちゃん」と名づけられるのではと危惧する人もいる。

一方、議論になったことで知名度はアップ。作者でタレントの鷹巣あやのさんが「今日のあなたはモツ煮込みで一杯ひっかけて」など、トゥインクル占いで丁寧に対応していることも好ましく受け取られているという。 また、競馬組合を統括する知事は、市民団体が求めている撤回を考えていないことを明らかにし、キャラクターについては「去勢する前から川合俊一がモデルになると思っていました」と賞賛した。なお、このキャラクターは大井競馬場が発表した「ウマタセーヌ」とは一切、関係がない。

|

« サンアディユ急死 さよならを告げる間もなく | トップページ | Fレビュー予想 格上エイムのスプリント能力に期待 »

つれづれ・ブログ運営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/40506554

この記事へのトラックバック一覧です: 新キャラクターにネット騒然 「うまたせ」超えるインパクト:

« サンアディユ急死 さよならを告げる間もなく | トップページ | Fレビュー予想 格上エイムのスプリント能力に期待 »