« 謹賀新年 カンボジアからご挨拶 | トップページ | ホリエモン ネットオークションに1円で出品される »

2008.01.05

中山金杯予想 一年の計をシルクネクサスに託そう

今年も中央競馬がスタートする。年の初めは中山金杯。去年は道悪馬場をスイスイと逃げたシャドウゲイトと田中勝春が 7馬身差をつける圧勝劇を披露した。このコンビはシンガポールでG1を制し、田中勝も皐月賞優勝、関東リーディング2位と活躍するなど、「一年の計は金杯にあり」を身をもって体現してくれた。 2008年、幸運を掴み取るのは松岡正海が操るシルクネクサス。父グラスワンダーも有馬記念や朝日杯を制するなど中山巧者だったが、ネクサス自身もコース適性は高い。去年はAJCCで3着、オールカマーで2着。ふたつのレースとも勝ったのは有馬記念馬・マツリダゴッホだったが、オールカマーではネクサスは半馬身差まで食い下がる健闘をみせている。前走の鳴尾記念は12着と大敗したが、この時は前残りの展開と馬体重増が敗因とはっきりしている。調教と長距離輸送で冬場でも絞れてくるはずで、大ブレイクの予兆ある松岡が内枠を利して、お年玉を運んできてくれると信じたい。

◎シルクネクサス ○サイレントプライド ▲アドマイヤフジ
△エアシェイディ、アサカディフィート、グラスボンバー、トウショウナイト

|

« 謹賀新年 カンボジアからご挨拶 | トップページ | ホリエモン ネットオークションに1円で出品される »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/17584246

この記事へのトラックバック一覧です: 中山金杯予想 一年の計をシルクネクサスに託そう:

« 謹賀新年 カンボジアからご挨拶 | トップページ | ホリエモン ネットオークションに1円で出品される »