« 更新のお知らせ 馬耳東風「愛馬紹介」 | トップページ | 作家・月本裕氏死去 志を”レーシングポスト”誌に遺して »

2008.01.10

JRA賞 年度代表馬はアドマイヤムーン圧勝

2007年度JRA賞の年度代表馬と全10部門の受賞馬が発表された。年度代表馬はアドマイヤムーンが178票を獲得、 2位ダイワスカーレットに100票以上の差をつけて選ばれた。宝塚記念、ジャパンカップ、ドバイデューティーFと国際G1を3勝、国内ではメイショウサムソンを2度下した実績が高く評価された。去年はメイショウサムソンが春秋天皇賞を連覇し、ダイワスカーレットが牝馬G1を3連勝、ウオッカが64年ぶりに牝馬としてダービーを制するなど、終盤まで年度代表馬の行方は混沌としていた。しかし、有馬記念を伏兵マツリダゴッホが勝ち、サムソンとウオッカが大敗を喫したことで、消去法的に傷のつかなかったアドマイヤムーンが票を集める結果になったと思われる。アドマイヤムーンは40億円でダーレーに売却されたものの、お家騒動で中央馬主登録が抹消されるドタバタぶりや、武豊降板劇、宝塚やJCは刺客的存在として勝利したことなどから、どこか重厚さが感じられないこともないが、成績を眺めれば文句なしということだろう。

各部門を見ていく。最優秀3歳牡馬はアサクサキングス。但し、「該当馬なし」に30票も入った。ダービーで牝馬に完敗した馬が最も強いはずの菊花賞馬に輝いたわけで、最優秀と呼べる3歳牡馬はいないという判断か。「世代レベルが低かったから牝馬でもダービーを勝てた」と後世の評価を受けないよう、ウオッカのためにもアサクサキングスやロックドゥカンブは頑張ってほしい。最優秀3歳牝馬はダイワスカーレット。ライバルのウオッカはわずか14票しか集められなかった。それだけ、宝塚以降の戦いぶりは精彩さを欠いていた。ウオッカを惜しむ投票者の気持ちは最優秀父内国産馬に現れた。ダイワスカーレット162票に対して、ウオッカは123票。タニノギムレットとの初めての父娘ダービー優勝、日本に長く根付いた牝系。競走成績は譲っても、サンデーの孫より父内国産というノスタルジアを漂わせる響きはウオッカこそ似合っていた。唯一、客観的な視点を覆しても許された部門だった気もする。

票が割れたのは最優秀4歳以上牝馬。ヴィクトリアマイルを勝ったコイウタが113票で選ばれたものの、該当馬なしが103票、サンアディユ53票、フサイチパンドラ17票など、10通りの記述がなされた。サンアディユはスプリント重賞を3勝。スプリンターズSでアストンマーチャンを交わしていれば文句なしだったのだったが。コイウタは他のレースが惨憺たる結果だっただけに、私が投票者だったら入れづらかっただろう。最低限、ヴィクトリアマイルを勝てば自動的に受賞できるのなら、該当馬なしは永遠にないことになる。最優秀短距離馬はダイワメジャーが234票でトップ。こちらは逆に該当馬なしの4票は何故なのか、聞きたくなる。安田記念、マイルCSを勝った馬は受賞資格がないのだろうか。それとも、「短距離」は字面通りスプリンターしか認めないということなのだろうか。それならスズカフェニックスではダメなのだろうか。

おそらく満票ではないかと見られていたのが最優秀ダートホース。中央、地方でG1を4勝したヴァーミリアンがいたからだ。ところが、1票だけ他の馬に入れた人がいた。メイショウトウコンに投じた福島競馬記者クラブの会友、谷上泰正氏。メイショウトウコンには父内国産でも競馬ニホンの清水敬三氏が一票入れている。マヤノトップガンヲタクなのだろうか。他に少数票で目立っていたのは最優秀2歳牡馬のヤマニンキングリー(黄菊賞勝ち)か。投票者は東京競馬記者クラブ会友の橋本邦治氏。去年もアンバージャック、スイープトウショウなど不可解な一票を投じていたが、今年もご老体は健在だったようだ。もはや新春名物か。同じくロジック、フィフティーワナー、テレジェニックなど、好き勝手な名前を書いていたジャパンタイムスのバーバラ・バイヤー記者は今年は至って普通の投票。改心されたようだ。

※追記:
今年の投票内容非公開希望者は東京スポーツの田沼亨記者など23人。去年より3人増えている。JRA賞を巡る議論については、この数年間、ほとんど同じことを言い続けているので、過去のリンクを張っておく。ただ今年は名前から父内国産と勘違いたり、牝馬であることを忘れたりといった低レベルな投票がなく、心穏やかに結果を眺められる年だった。年度代表馬の「無効1」は解せないが、よもや「ディープインパクト」ではあるまい。

>>JRA賞 私が記者投票に”理由の付記”を求める訳(07.1.14)
>>JRA賞 年度代表馬・ディープインパクトは満票ならず(07.1.11)

|

« 更新のお知らせ 馬耳東風「愛馬紹介」 | トップページ | 作家・月本裕氏死去 志を”レーシングポスト”誌に遺して »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

はじめて投稿させて頂きます。私見(推測)
ですが、無効された年度代表馬はスカーレット
ブ-ケではないでしょうか。無効だとは
分かっていても私自身もそう考えていたので…

投稿: むー | 2008.01.11 22:44

>むーさま
コメントありがとうございます。
そういう選択肢がありましたね。
パシフィカスは何かもらったんでしったっけねぇ。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2008.01.15 19:10

お返事のコメントありがとうございます。
いや、何も無かったような気がします。
ベガといい、顕彰馬として選ばれても
いいと思うんですけどね。(ベガの時は
GIを勝つ産駒があと一頭出れば。何て
話もあったとか…!?)

投稿: むー | 2008.01.15 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/17639322

この記事へのトラックバック一覧です: JRA賞 年度代表馬はアドマイヤムーン圧勝:

» [競馬] アドマイヤムーンが年度代表馬に : netkeiba.com [昨日の風はどんなのだっけ?]
アドマイヤムーンがここまで圧勝するとは思わなかった、というのが僕の正直な感想です。というか横並びで選べなかったら、巧く勝ち逃げ出来た所がやはり有利になるというぐらいの印象です。まあ国内G1二勝で、海外でも一勝ということを考えれば、残した成績で抜けているのは... [続きを読む]

受信: 2008.01.25 16:15

« 更新のお知らせ 馬耳東風「愛馬紹介」 | トップページ | 作家・月本裕氏死去 志を”レーシングポスト”誌に遺して »