« 作家・月本裕氏死去 志を”レーシングポスト”誌に遺して | トップページ | 京成杯予想 混戦断ち切るドットコム◎! »

2008.01.15

旅打ち福山競馬! オヤジたちの”CLUB KEIBA”を体感

まだまだ訪れたことのない競馬場はいくつもあるが、広島県にある福山市営競馬もそのひとつ。つい先ごろまで、アラブだけの競走を行っていたところだ。東京から何かのついでに赴くといった機会はほとんどないと見て、先週、意を決して機中の人となり福山をめざすことにした。広島空港から福山駅まで高速バスで一時間ほど。駅前からは競馬場行の無料バスが出ている。昨夏、金沢競馬を訪れた際は無料バスの車中で熱い洗礼を受けたが、乗客10人ほどのこちらは静かなもの。嵐の前の何とやらか。。。クネクネと住宅街を抜けて、とうとう競馬場へ到着。大きな看板に描かれた楽しげな馬たちと、「マジで そんな楽しいなら 福山競馬連れてって♪」とポップなオリジナルソングが出迎えてくれた。妙齢のオネエさまのご挨拶をいただきながら、100円玉を入れてゲートをくぐる。福山って、ファミリーで遊べるテーマパークなのかもしれないね!

「マジで楽しい」福山競馬の場内施設には、コンセプトを強調するかのように「わくわくルーム」、「どきどきルーム」、「にこにこホール」といった心の高揚を示すナイスなネーミングがなされている。私も早くドキドキしたいと、コースへ向かうことにした。ゴール板前、「今日はブログ用の写真、うまく撮れるかなぁ」と、買ったばかりのα700のファインダーを覗いていると、いきなり後ろから咎められた。「許可取ってるかね?」、警備員のおじさんだ。いきなりドキドキである。「ほら、フラッシュとか焚くと馬がびっくりするから」って、こんなピーカンの日にフラッシュ使わんけど。警備員室に連れて行かれ、名前と住所を書かされる。注意事項は2点。フラッシュ禁止、決して他の客とトラブルを起こさないこと。胸に許可証をつけてカメラをぶら下げている私は、一目瞭然、カモネギ余所者観光客である。コーチ屋が見たら声をかけずにいられない!?

福山競馬場は1周1000メートル、直線は220メートルの小回り。弁当箱とも言われる長方形のコースはカーブがきつく、それ故、丈夫なアラブしか走らせることができないのだとも言われていた。過去には全日本アラブ大賞典を勝ったローゼンホーマなど、何頭ものアラブの怪物を輩出してきたが、平成17年12月にサラブレッド導入に踏み切った。収容2万人強というスタンドは非常に年季の入ったもの。スタンド裏のパドックは出走馬名や馬体重を示す掲示板もなく、地方競馬のなかでも昭和のディープな薫り漂う競馬場という印象を受けた。競馬新聞は福山エース、キンキ、特報の3紙。私は手前のブースにある特報を購入することにした。 1部500円、赤鉛筆はサービスである。紙面には独特の言い回しも見られる。「いい駆けりをしているが馬が肥えてきた。絞れるといいカオ」(原文ママ)。顔も予想材料とは奥深い。

応援ソング「One day」が流れる入場門 ゴール前スタンド

まくり必勝 コーナーはきついカーブ

場内を歩いていると、とにかく耳に飛び込んでくるのがオヤジたちの姦しい予想談義。「明け4歳じゃけぇ強いじゃろ」「それが来たら30万じゃけぇなぁ」「3と4で絶対じゃけーのー」。って、仁義なき闘いな方々に囲まれているような気分になるのは私だけ? レース中の声援も熱さ半端なし。「出遅れじゃ。5は死んじゃろ」「どうなっとんじゃ。まくって潰せぇい!」。それだけに外れたときの落胆は激しい。「ダメじゃー。なさけないのー」「あれだけついていかれん」「おかしいことばかりしてんのじゃ。このレースは!」。隣のグループではパンチな中年男性が不機嫌になり、八つ当たり気味に連れの若手に怒りをぶちまける。「おう○○! いい加減にせい! 帰れ!」。そこへ年配者がドスの利いた声で一言、「そういうこと言うとツマラン」。グループ全体に張り詰める空気…。どこの組織の方々ですか><。大人のテーマパーク、福山はドキドキしっぱなしだ。

刺すか刺されるか、女子供はすっこんでろ。そんな雰囲気の中でやたらにシャッターを押していたら何が起きるかわからん。ようやく許可証の意味を理解した私は、騎手を撮るなら安全だろうとパドックへ移動した。実は今月末まで流しジョッキー、ミスターピンクこと内田利雄騎手が福山で短期騎乗中なのだ。ミスターピンクはここでも大人気。周回中、「こうとるからの~」とファンから脅迫 温かく声をかけられていた。ミスターピンクと言えば、百万ドルの流し目。レンズを向けると視線を贈ってくれるファンサービスは全国に知れ渡るようになった。私のカメラにも、いつものようにニッコリと笑って流し目をくれるミスターピンク。ところが、福山のオヤジはそんなことは通じない。「今、笑ったのは誰じゃー。ウチダか。わらっとる場合じゃないけーのー」低音ボイスが響き渡る。ごめんなさい、内田さん><。「池田、お前の馬はゴミじゃー」そのオヤジは不適な笑みを浮かべて去っていった。

慣れないうちは、ちょっと臆してしまうガラの悪さ。だが、しばらくすると言葉の荒さも、喧嘩しているわけでも機嫌が悪いわけでもないことに気づく。きわどい写真判定、「2が残れ!」と叫んだ私に「5じゃろー、5じゃろー」と満面の笑みで話しかけてくるオヤジさん。「2じゃないですか」と返すと、「5じゃろー、5じゃろー、5じゃろー」と再返答。思わず笑ってしまった。ひとたび万馬券など飛び出せば皆で大騒ぎ。「ボックスじゃ。とっとるよ10万じゃ!」「失敗したなぁ」「馬単もマンシュウよ!」。レースは道中からまくっていく大胆な競馬が多いことも、ワイワイ、ガヤガヤと盛り上がれる理由かもしれない。福山では主催者がタレントを使って CMなどしなくても、勝手にオヤジたちが「CLUB KEIBA」を楽しんでいるのだ。

この日の最終レースはアラブ系B-2クラスによる睦月特別。今は亡きコウザンハヤヒデ産駒の4歳馬、エイケイボーイが力強く逃げ切り勝ちを収めた。あと数年もしないうちにアラブ最後のレースが福山で行われることになろうが、その時までアラブはオヤジたちの熱い語らいのなかで走り続けるのだろう。およそ20億円の累積赤字を抱えている福山競馬。サラブレッドへの転換など大きな変化の波に晒されているが、今年度上半期は7600万円の黒字を産み出している。オヤジたちが「マジで競馬を楽しんでいる」限り、廃止など無縁のものであると信じたい。競馬場を去る頃、スタンドの喧騒は不思議と耳触りの良いBGMへと変わっていた。

ご存知、百万ドルの流し目だったが… 名物・尾道ラーメン 卵入り

金子馬じゃなけんのー アラブの怪物・スイグンの優勝レイ

※追記
私は福山競馬場で遊んだ翌日、原爆ドーム、厳島神社の2つの世界遺産を訪ねて一泊二日の小旅行を終えた。福山競馬は週末に開催されることが多いので、土日を利用して観光とセットで足を伸ばしてみてはいかがだろうか。福山では企業や個人がスポンサーとなる冠レースが行われているが、 1月27日は「須田鷹雄全公営競技場踏破記念」が、2月2日は競馬サイト「WEEKEND DREAM盃」が実施される。ご参考まで。

※文中のお国言葉はほとんど広島初訪問の私が拙いヒアリングで聞き取ったものです。実際はかなり異なるかもしれませんが、どうぞご容赦ください。

|

« 作家・月本裕氏死去 志を”レーシングポスト”誌に遺して | トップページ | 京成杯予想 混戦断ち切るドットコム◎! »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

ガトーさん、こんばんは。

福山遠征お疲れ様でした。

私は昨年訪れた際に、「撮影許可証」を返却するのを忘れてそのまま新幹線に乗ってしまいました・・・。まだ手元にあるので、次に行った時にでもこっそり返そうかと思います。

投稿: triomphe | 2008.01.15 20:09

金沢編でコメントさせて頂いた痴呆馬主です。
ようこそ我がホームグラウンドに。一番レア
なエリアで楽しんで頂いたようですね。ここは
広島県と言っても岡山との県境でして備後弁といいます。
地元民がいうのもなんですが競馬オヤジの備後弁は
最強だと思います。
ご来場&ご紹介ありがとうございました。
またのご来場お待ちしております。

投稿: 痴呆馬主 | 2008.01.17 23:15

>triompheさま 撮影許可証、持って帰っちゃったんですか?電話こないですか? >痴呆馬主さま 福山の方でしたか。備後弁しゃべれると楽しそうですね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2008.01.21 02:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/17704976

この記事へのトラックバック一覧です: 旅打ち福山競馬! オヤジたちの”CLUB KEIBA”を体感:

» 「第7回WEEKEND DREAM盃」を紹介して頂きました(その1) [第7回WEEKEND DREAM盃特設ブログ]
個人系競馬サイト・ブログとしては先輩格の 「馬券日記オケラセラ」のガトーさんに ... [続きを読む]

受信: 2008.01.17 04:14

» 日経新春杯はアドマイヤモナークが勝利 [Brain Squall 【競馬ニュース&コラム】]
ひとこと ※日経新春杯は久々にビシっと単勝馬連馬単とったけど、イマイチ馬券が調子に乗り切れないなあ。精霊の守り人が衝撃的に面白かったという話をはてなに更新。 注目記事 ◆グレイトジャーニー号が競走馬登録抹消 ◇大いなる旅路 ※フランスで種牡馬入りという話。 ◆2007年ダートグレード競走最優秀馬にヴァーミリアン号 レース結果 ◆【日経新春杯(GII)】(京都)??アドマイヤモナーク 待望の重賞初制...... [続きを読む]

受信: 2008.01.20 23:16

« 作家・月本裕氏死去 志を”レーシングポスト”誌に遺して | トップページ | 京成杯予想 混戦断ち切るドットコム◎! »