« メイショウサムソン 有馬から再び海外へ羽ばたけ | トップページ | 「言いたい放題 年忘れ対談2007」のお知らせ »

2007.12.26

有馬記念回顧 出涸らしメンバーの古きよき凡戦?

祭りだ、マツリだ、マツリダゴッホ。鞍上の蛯名正さえ勝てるとは思わず、レース後は「“CKY”(超空気が読めない)ですいません」とコメントした 2007年の有馬記念。それでも、デルタブルースやコスモバルクより上の 9番人気だったのは、この馬の中山巧者ぶりをファンが覚えていたからだろうか。中山でG2を2勝。とりわけ、直線入り口で先頭に立って、5馬身差をつけて圧勝した AJCCは笑ってしまうほど強かった。しかし、春秋の天皇賞では二桁大敗を喫し、 G1では用無しとの評価が定まりつつあった。居並ぶG1馬のなかで、食指を伸ばせなかった自分を責める気にはならない。予想は完敗である。内でロスなく乗ったこと、落ち着いた流れで早め先頭に立ったことなど、蛯名の騎乗は非の打ち所がなかった。血統的にはスタミナの不安があるゴッホだが、ごまかしの利く中山2500は十分にこなせるコースだった。日経賞の敗戦で目を曇らされてしまった。ゴッホはサンデーサイレンスのラストクロップ。血の力、恐るべしだ。

この10年、ディープインパクト、ゼンノロブロイ、シンボリクリスエス、スペシャルウィークなど、天皇賞秋、ジャパンカップで好走した馬が、そのまま有馬記念でも連対するケースが多かった。だが、もともと有馬記念は出涸らし状態の馬たちが集まって、疲弊した人気馬が飛んで波乱になるのがディフォでさえあった。調教技術の進化や、血統レベルの向上によって、この辺りの傾向が解消されたように感じていたが、サンデー黄金期を過ぎて、再び一昔前に戻ったのだろうか。レースレベルは高くなくとも、それがオグリキャップが奇跡を起こしたような古きよき有馬記念の姿なのかもしれない。 8着のメイショウサムソンは好枠の利を全く生かせず、先行することもできなかった。 4コーナーで16番枠のウオッカより外を回ってくるなど、誰が予想しただろうか。秋2戦の反動としか言えない。ウオッカは前2走の反省から、中団で競馬をしたものの伸びを欠いて11着。大外枠も堪えたが、そもそも中山2500は適距離ではない。調子を取り戻して、来年はヴィクトリアマイル、安田記念を目指してはどうか。

ライバルのウオッカとは対照的に、ここでも連対を確保したのがダイワスカーレット。初めての関東遠征、2500も動じず、牡馬相手に善戦したのには驚かされた。最優秀3歳牝馬争いでも、ウオッカを完全に引き離してしまった。 3着はスカーレットの兄、ダイワメジャー。引退レースということもあって、安藤勝はスカーレットを選び、メジャーにはデムーロが騎乗。共倒れを防ぐため、いつもより後ろからの競馬になったが、早めのスパートで脚を伸ばした。もし、遠慮ないポジションを取れていれば、勝ったのはこちらだったかもしれない。菊花賞1番人気のロックドゥカンブは中団から差してきて4着。メジャーにクビ差なら来年が楽しみになった。距離の不安はなく、春の天皇賞でも十分に戦えると感じさせられた。 5着にポップロック。追い出してから反応がなかったとペリエ。この馬も出涸らしだったのだろう。 1000万すら勝ったことのないレゴラスは大健闘7着。「出遅れも想定内」との善臣の自信あふれたコメントが頼もしい。

一方、直線入り口で転倒寸前のシーンがあったのがドリームパスポート。必死に立て直して6着に食い込んだ。このアクシデントは他馬に影響されたものではなく、行き脚のついたドリームパスポートを高田がコントロールできず、前の馬に自ら追突してしまったことが原因。高田はこの御法について戒告処分を受けた。今年、高田はケガもあって0勝と不振に喘いでいたが、ずっと調教をつけてきたことや、これまで人気以上の着順に持ってきていた相性の良さもあり、大一番で松田博師から手綱を任された。だが、この起用は馬主のサラブレッドクラブセゾンの反対を押し切ってのものだったようだ。レース後、同馬は美浦・稲葉厩舎へ転厩することが明らかになった。同クラブはジョイ・サラブレッドクラブを譲り受けたセゾングループが運営しており、経営陣の中心には岡田繁幸総帥がいるとされる。高田-ドリパスのコンビを支持するファンは多かったが、残念ながら見納めとなりそうだ。

|

« メイショウサムソン 有馬から再び海外へ羽ばたけ | トップページ | 「言いたい放題 年忘れ対談2007」のお知らせ »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

JC組の全滅と4枠までの8頭が上位を独占してしまったのが
印象的な有馬記念でした。内で上手に立ち回った馬だけが
伸びてましたね。ダイワスカーレットだけほんの少し外を
走っていましたが行き脚が付かないで外目にいったサムソン
は見せ場すらありませんでした。

ドリームパスポートの騎手が最後まで決まらなかったのは
調教師が説得していたのでしょうか?クラブ馬の場合、
どうしてもアンちゃん騎手の練習台にされてしまうことが
多いのですが騎乗実績があるとは言え、有馬の次から高田
でもよかった気がします。

この馬など、いかにもクラブ馬の扱いをされているなと
感じます。

投稿: ジュサブロー | 2007.12.26 23:47

ドリパスの経緯はどうなんでしょう?
総帥とマツパク師って、合わないような。。。
高田は大事なところでへぐっちゃいましたね><

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2007.12.27 05:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/17483390

この記事へのトラックバック一覧です: 有馬記念回顧 出涸らしメンバーの古きよき凡戦?:

« メイショウサムソン 有馬から再び海外へ羽ばたけ | トップページ | 「言いたい放題 年忘れ対談2007」のお知らせ »