« 日本代表馬の意地 人気も◎メイショウサムソン! | トップページ | レジェンドハンター去る 笠松の歴史に伝説を刻んで »

2007.11.27

アドマイヤムーンJC制覇 ダーレーに初勝利もたらす

下馬評どおり、スローペースとなったジャパンカップ。前半6ハロンは1分12秒8だったが、これは今年のダービーとほぼ同じラップだ。勝ったアドマイヤムーン、2着のポップロックはいつもと違う前々での競馬で、内をロスなく立ち回った。岩田ムーンは追い出しを我慢して、一瞬の切れ味を最大限に活かすことができた。決して得意とは言えなクラシックディスタンスでG1制覇を成し遂げたことで、天皇賞秋の敗戦で落としていた評価を再びあげることができた。これで引退となるが、500万円の種付け料に恥じないラストランになったのではないか。ポップロックはペリエの好騎乗。レース前から穴気配を漂わせていたが、お陰でメイショウサムソン本命の私も馬連3660円を抑えることができた。そのサムソンは中団から外々を回る競馬。武豊は安全策を取ったのだろうが、上がり勝負の不向きなサムソンは差しきることは難しかった。天才と言えど、人気の重圧はあるものか。内容は最も強かったが、虎穴にいらずんばという奴である。

4着には最後方から追い込んだウオッカが入った。秋華賞での待機は理由があったが、今回の四位の位置取りには首をひねらざるを得ない。直線もサムソンのさらに外で、上がり33秒6は能力をフルに発揮できたと見ていい。府中は間違いなく合っているだけに、もう少し考えた騎乗をしてほしかった。 5着にはデルタブルース。使われて体調が上向いており、距離延長も良い結果につながった。有馬記念では馬券圏内に入ってくるかもしれない。角居厩舎は2、4、5着と3頭とも掲示板に乗ったことになる。外国馬はペイパブルの7着が最高。人気もなかったが、日本馬との実力差は歴然としていた。来年以降、どれだけの馬が来日してくれるのか、ディラントーマスの件も含めて心配になってしまう。 3番人気インティライミは伸びず10着。次はダービーのような先行力復活を試す競馬を見てみたい。天皇賞秋で斜行したコスモバルクは13着。今回は真っ直ぐ走った。乗り替わった松岡の「乗りやすい馬です」というコメントはどう理解しようか。

一方、土曜日に行われたジャパンカップダートは人気のヴァーミリアンがレコードで完勝。 JCとは対照的にエイシンロンバードキャンディデートらがハイペースで飛ばし、武豊のヴァーミリアンは中団で先行勢を眺めながら追走した。直線半ばでは横山典が内で完璧な競馬をしたフィールドルージュが先頭に踊り出るシーンもあったが、武豊はまったく慌てなかった。追い出しのタイミングを待って、ライバルを捻じ伏せる横綱競馬。馬に凄みが生まれてきた感じで、ドバイワールドカップ再挑戦が本当に楽しみになった。これでエルコンドルパサー後継として、繁殖にも恵まれるのではないか。離された3着にはフェブラリーS勝ち馬のサンライズバッカス。府中巧者の面目躍如か。 2番人気の3歳馬、ドラゴンファイヤーは6着。3角からヴァーミリアンを追ってあがっていったが、直線では詰め寄るだけの脚はなかった。今後の成長に期待したい。距離もマイルぐらいがいいか。

ところで、アドマイヤムーンのジャパンカップ優勝は、馬主登録後、ダーレー・ジャパン・ファーム(DJF)にとって記念すべき初勝利となった。DJFは高橋力代表が90%出資した生産法人だが、 11月1日に高橋氏は本家ダーレーからダーレー・ジャパンの代表解任通告を受けたことが話題になった。高橋氏は競馬ブックのインタビューのなかで、アドバイザーであるジョン・ファーガソン氏との方針の食い違いが背景にあることを示唆している。日本での急激な発展を望むファーガソン氏と、慎重に事を進めてきた高橋氏との間の溝は広がっていて、外国人スタッフが送り込まれるなど高橋氏の権限を弱める動きが進んでいるという。解任通告との関係性は不明だが、40億円で購入したムーンの天皇賞敗戦がひとつの引き鉄になっていたならば、 JCの同馬の勝利は高橋氏を勇気付けるものになっただろう。距離不向きのJC出走を強く推したのは高橋氏で、惨敗していれば責任を追及されていたからだ。そういう意味では高橋氏が大博打に勝ってダーレー内の影響力を回復したとすれば、今年のJCは競馬史の意外な部分も左右することになったのかもしれない。

|

« 日本代表馬の意地 人気も◎メイショウサムソン! | トップページ | レジェンドハンター去る 笠松の歴史に伝説を刻んで »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

ダーレージャパンはかなり迷走しているみたいですね。
JRA馬主資格を返還したとか、どうなっているんだ?
高橋代表(元か?)は、日本生産界を考えての行動だったのだろうが・・・。

投稿: はやひで | 2007.11.28 12:14

ダーレーがJRAに馬主資格を返上するらしいですね。
生産は続けていくようですがだとすればムーンは
とてつもなく高い買い物になったような気が・・・。

投稿: ジュサブロー | 2007.11.29 00:42

>はやひでさま
高橋代表の思惑やいかに。
そのうち明らかになりますかね。

>ジュサブローさま
もう一度、申請する気でしょうか。
どうなるのかな。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2007.11.30 20:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/17201795

この記事へのトラックバック一覧です: アドマイヤムーンJC制覇 ダーレーに初勝利もたらす:

« 日本代表馬の意地 人気も◎メイショウサムソン! | トップページ | レジェンドハンター去る 笠松の歴史に伝説を刻んで »