« 新たな地方最強決定戦 第1回オッズパークグランプリ | トップページ | オレが福島へ行くよ! LIVEで観た裏開催のドラマ »

2007.11.12

エリザベス女王杯回顧 アンカツの術中に全馬策なし

エリザベス女王杯の当日、ファンの多くはがっくりと肩を落としたのではないだろうか。1番人気に支持されていたウオッカが取り消し。ダイワスカーレットとの再戦は持ち越されることになってしまった。原因は右後肢の蹄踵部に発生した違和感。ウオッカは脚を地面につけない状態だったという。夏、ウオッカは同じ右後肢に蹄球炎を発症、凱旋門賞遠征を断念している。その時との関連性は不明だが、今回の異変も外傷性のものであるとすれば、何とも不運としか言いようがない。取り消し時点で発売額の6割がウオッカ絡みの馬券だった。馬連や単複は返還されるが、枠連の購入者は背筋が凍っただろう。前日の京王杯、私はイイデケンシン流しの枠連を買って代用で的中。すっかり枠連の良さに目が行っていたが、取り消しのリスクを改めて思い知らされた。軽症ということなので、ジャパンカップで巻き返しを期待したい。

ウオッカ取り消しとなれば、ダイワスカーレットの敵はいない。それでも、モヤモヤした気分を晴らしたくなって、馬券はフサイチパンドラの単勝と連勝を買うことにした。レースはハナに行くと思われたアサヒライジングが出遅れ。ついている馬はどこまでもツキがある。ダイワスカーレットは楽にハナを奪うと、前半3ハロン36秒2という超スローのラップを刻む。そして後半、十八番になった早めペースアップ。この必殺技が決まると、少なくとも同性のライバルに付け入る隙はない。前年の覇者、フサイチパンドラが完璧なルメールの騎乗で並びかけようとするが、切れ味では勝負にならなかった。アサヒライジングの出遅れを最も恨んだのは、スタミナ勝負に持ち込みたかったフサイチ陣営ではないか。柴田善の責任ではないだろうが、レースの面白みも半減させた。

3着には一昨年、このレースを制したスイープトウショウが入った。気難しさから追いきりも満足にできなくなり、往年の力はなかったが良く健闘した。鶴留師はパドックで池添に「これが引退レースになる」ことを伝えたそうだ。角田を主戦として阪神JFまで戦った2歳戦、秋華賞での悲願G1奪取、ハーツクライを差しきった宝塚記念など、本当に息長く思い出深いレースを残してくれた馬だった。ウオッカのステイブルメイト、ディアデラノビアは4着。自分で動けない馬では仕方がない。デアリングハートは距離だろう。アンカツの術中に嵌った今年のエリザベス女王杯。どんな展開になってもダイワスカーレットの勝利は動かなかったと思える内容だったが、秋華賞の強さを知りながら、誰も鈴を付けに行こうとしなかったのも、不完全燃焼感が残ったG1だった一因かもしれない。

|

« 新たな地方最強決定戦 第1回オッズパークグランプリ | トップページ | オレが福島へ行くよ! LIVEで観た裏開催のドラマ »

レース回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/17055495

この記事へのトラックバック一覧です: エリザベス女王杯回顧 アンカツの術中に全馬策なし:

« 新たな地方最強決定戦 第1回オッズパークグランプリ | トップページ | オレが福島へ行くよ! LIVEで観た裏開催のドラマ »