« 選択したのは背水の陣 ウオッカが期す三度の正直 | トップページ | エリザベス女王杯回顧 アンカツの術中に全馬策なし »

2007.11.11

新たな地方最強決定戦 第1回オッズパークグランプリ

月曜日(12日)、水沢競馬場で「オッズパークグランプリ2007」が開催される。このレースはオッズパークがスポンサーとなり、優勝賞金1000万円をかけて、全国の主催者から推薦された馬たちが激突するお祭りイベント。初めての施行となる今回は笠松からミツアキタービン(ダイオライト記念・オグリキャップ記念)、金沢から上がり馬・エフテークリニックが参戦。この2頭を岩手の女傑サイレントエクセル(ビューチフルドリーマーC)、テンショウボス(赤松杯)らが迎え撃つ。注目は岩手転厩初戦を3.1秒の大差をつけて勝ったタイガーマスク。賞金の一部を児童養護施設に寄付するとして話題になった "あしながホース"だ。キングマンボ産駒とあってダートで激変、一気の大物食いで寄付金を稼ぐことができるだろうか。

実は前日の日曜日(10日)、私は初めて水沢競馬場に足を伸ばしてみたばかり。オッズパークグランプリを盛り上げようと、場内ではさまざまな催しが行われていた。ハズレ馬券と引き換えにクジが引ける抽選会、全国のご当地グルメが出店した屋台村、ふじぽんが後半レースを予想する「勝ちそー」リベンジ大会などなど。厳しい経営が続く岩手競馬だが、そんな暗い話が出るのが不思議なほど場内は盛り上がっていた。水沢観戦記は後日、改めるとして、まずはオッズパークグランプリの馬券予想を楽しもう。雨の影響で馬場が軽くなった水沢は、内枠の先行馬が非常に有利になっている。1枠に入ったサイレントエクセルは優位。水沢は【8113】と鬼だ。相手は脚元との戦い続くミツアキタービン、ひょっとすると岩手の看板馬となるかもしれないタイガーマスク。

>>「オッズパークグランプリ2007」公式サイト

◎サイレントエクセル ○ミツアキタービン ▲タイガーマスク
△ニシノグレイシャ、テンショウボス、エアウィード

|

« 選択したのは背水の陣 ウオッカが期す三度の正直 | トップページ | エリザベス女王杯回顧 アンカツの術中に全馬策なし »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/17048888

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな地方最強決定戦 第1回オッズパークグランプリ:

« 選択したのは背水の陣 ウオッカが期す三度の正直 | トップページ | エリザベス女王杯回顧 アンカツの術中に全馬策なし »