« ディラントーマス出走断念 外国馬にチャンスはあるのか | トップページ | 日本代表馬の意地 人気も◎メイショウサムソン! »

2007.11.24

父に捧げるJCD連覇を 本格化なった◎ヴァーミリアン!

8回目を迎えるジャパンカップダート。来年から阪神に舞台を移すため、東京での開催は今年が最後となる。ヴァーミリアンは前走でJBCクラシックを危なげなく完勝。7ヵ月ぶりの休養明けだったが、ドバイWCで世界の強豪を相手にして4着に好走した実力は伊達ではなかった。これまでコロっと負ける脆さがあったが、怯まずに落ち着いて馬群を突き抜けてきた様子からは「本格化」なったことを伺わせた。この馬が圧巻だったのは今年1月の川崎記念。アジュディミツオーを1.3秒も突き放し、驚異的なタイムを叩き出した。父・エルコンドルパサーはデビューからダートで3連勝を飾った馬で、去年もアロンダイトで JCDを制覇している。ヴァーミリアンのダート適性は中央の砂でも落ちることはなく、ここを勝って早世した父の血を次の世代へと繋いでほしい。

ライバルも面白いメンバーがそろった。500万条件から4連勝中のドラゴンファイヤーはブライアンズタイム産駒。前走のシリウスSでは直線、前が壁になりながらも、進路を探す余裕を見せてラスト1ハロンで突き抜けた。時計以上に濃い内容で、勢いのある3歳馬はJCDの勝ちパターンだ。アメリカのスチューデントカウンシルはBCクラシックを回避してJCD参戦。ポリトラックで行われたパシフィッククラシックを勝ち、そのデルマーの新コースと似た東京のダートは合うのではないかと判断したようだ。パシフィックCとJCDを連勝すると1億円のボーナスがJRAから払われることになっており、陣営は目の色が違うだろう。武蔵野Sで全く不向きな展開と馬場を追い込んできたフィールドルージュも侮れない1頭。ノリの自信は怖い。

◎ヴァーミリアン ○ドラゴンファイヤー ▲スチューデントカウンシル
△フィールドルージュ、メイショウトウコン、ブルーコンコルド、フリオーソ

|

« ディラントーマス出走断念 外国馬にチャンスはあるのか | トップページ | 日本代表馬の意地 人気も◎メイショウサムソン! »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/17169625

この記事へのトラックバック一覧です: 父に捧げるJCD連覇を 本格化なった◎ヴァーミリアン!:

« ディラントーマス出走断念 外国馬にチャンスはあるのか | トップページ | 日本代表馬の意地 人気も◎メイショウサムソン! »