« ジャパンカップダート 来年から阪神1800に | トップページ | 新たな地方最強決定戦 第1回オッズパークグランプリ »

2007.11.10

選択したのは背水の陣 ウオッカが期す三度の正直

※ウオッカは出走取り消しとなりました。

ダービー馬・ウオッカを桜花賞、秋華賞で破ったダイワスカーレット。チューリップ賞でウオッカの後塵を拝した後は、完璧なレースを続けている。前日売りでは秋華賞と同じく人気はウオッカに軍配が上がった。それだけ人々に印象付けたダービーのパフォーマンスは衝撃的だったということだろう。本来なら休養明けの秋華賞を叩いた後、世代頂点に立つダービー馬として、ジャパンカップをめざすのが王道ではあった。しかし、ダイワスカーレットに敗れたままでは済まされないと考えたのか、陣営は敢えてエリザベス女王杯での再戦を選択した。だが、三度負ければ、最優秀3歳牝馬の座を失うことになりかねず、 64年ぶりの牝馬ダービーがノンタイトルとなる可能性さえある。どこかの放送局の陳腐な台詞を借りれば、ウオッカ陣営にとって「絶対負けられない戦い」に間違いない。

宝塚記念、秋華賞の連敗でウオッカに力の陰りがあるとする見方もあるが、私は正しくないと思う。不運が重なった宝塚記念もそうだが、秋華賞もとても地力だけで勝つことは難しい展開になった。 G1レベルでは考えられない中盤13秒6のスローラップが出現、 2番手で追走していたダイワスカーレットに勝って下さいと言わんばかり。対するウオッカはタメていくことを決めていたため、縛られたように後方に待機するしかなかった。結果として、上がり33秒2という限界に近い脚を繰り出したものの、先に抜けたダイワスカーレットを捕らえられなかったのは当然としか言いようがない。今回、舞台は京都内回りから、直線で内の開きやすい外回りに変わる。ひと叩きされたウオッカが前走のような不完全燃焼の競馬に終わるとは考えづらい。G1での三度目の正直。ウオッカか、ダイワスカーレットか。個人的には背水の陣を期すダービー馬の雪辱を観たい。

|

« ジャパンカップダート 来年から阪神1800に | トップページ | 新たな地方最強決定戦 第1回オッズパークグランプリ »

事前見解」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/17037048

この記事へのトラックバック一覧です: 選択したのは背水の陣 ウオッカが期す三度の正直:

« ジャパンカップダート 来年から阪神1800に | トップページ | 新たな地方最強決定戦 第1回オッズパークグランプリ »