« 見どころ満載の天皇賞 この秋いちばんの一戦! | トップページ | 女たちの華麗な戦い レディースジョッキーズS開幕! »

2007.10.31

JBC展望 ブルーコンコルドの3階級制覇となるか

きょう(31日)、地方競馬の祭典、第7回JBCが大井競馬場で行われる。 2000メートルのJBCクラシックは交流重賞の大横綱、ブルーコンコルドが参戦する。一昨年の名古屋1400で施行されたJBCスプリント、去年の川崎で変則的に1600で施行されたJBCマイルを制しており、クラシックを勝てば空前絶後の3階級制覇となる。本質的にはマイラーなのだろうが、去年暮れの東京大賞典で優勝してから、距離への不安は大きく薄れた。前走の南部杯も快勝しており、死角らしい死角を見つけられないのが死角というべきか。逆転を狙うなら内田博幸が操るフリオーソ。1番人気の羽田盃、東京ダービーは惜敗したが、ジャパンダートダービーは完勝。所有するダーレー・ジャパンも溜飲をさげたことだろう。若さの勢いが続くか、脆さが出るか。 3月のドバイ以来となるが、ヴァーミリアンは仕上がり次第では面白い。JCDへのひと叩きの一戦でどこまで。荒れるなら岩田を鞍上に据えた船橋のルースリンド、中央勢シーキングザダイヤクーリンガーの忘れた頃の一発。3連単には加えておきたい馬たちだ。

一方、JBCスプリントは3年ぶりに本来の設定距離である1200で開催される。ステップレースの東京盃はリミットレスビッドが勝利を収め、ダートスプリントチャンプに王手をかけている。内田博幸ということもあって人気を集めるだろうが、こちらはクラシックと違って横一線。先週のチーム・メイショウサムソンが送り出すメイショウバトラー(松本好雄オーナー・高橋成忠厩舎・武豊)は前走の太め残りが解消されていれば、リミットレスビッドとの着順を引っくり返せる。個人的に肩入れしたくなるのは、前走スプリンターズSで◎を打ったプリサイスマシーン。交流重賞は3戦して、いずれも2着。前走はスタートが今ひとつで流れに乗れないなか、勝ち馬とコンマ4秒差まで押しあげた。年齢的にズブくなりつつある今は、芝よりダートの方が良いかもしれない。もともと南関東でデビュー5連勝して中央入りした馬で、勝って故郷に錦を飾る可能性も低くない。地方勢で心に留めておきたいのは御神本フジノウェーブ、石崎駿ベルモントダンサーだが、連対に至るには何か乗り方の工夫が必要だろう。

|

« 見どころ満載の天皇賞 この秋いちばんの一戦! | トップページ | 女たちの華麗な戦い レディースジョッキーズS開幕! »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/16930015

この記事へのトラックバック一覧です: JBC展望 ブルーコンコルドの3階級制覇となるか:

« 見どころ満載の天皇賞 この秋いちばんの一戦! | トップページ | 女たちの華麗な戦い レディースジョッキーズS開幕! »