« 神戸新聞杯予想 パーソロン系の血の継承に期待 | トップページ | ファン有志がイベント企画 ばんえい応援ブロガー盃 »

2007.09.25

アラブ生産馬ゼロ 血は途絶えても歴史に名を留めん

日高軽種馬農協の軽種馬当歳馬名簿で、今年、生まれたアングロアラブが初めてゼロとなっていたことが明らかになった。この名簿は生産者から届け出をもとに製作されるもので、同農協には軽種馬生産者のほとんどが加盟している。かつて、年間4000頭近くも生産されていたアラブだったが、1995年にJRAがアラブ系の競走を廃止した頃から急撃に生産が縮小し、去年、同農協が主催した北海道オータムセールでは上場馬がわずか2頭に留まっていた。中央のみならず、地方でも五月雨式にアラブ系競走は廃止の一途を辿っており、生産頭数の減少を鑑みて、一昨年、アラブだけで開催していた福山競馬もサラブレッド導入に踏み切った。今年6月には福山で行われたタマツバキ記念をもって全国のアラブ交流戦も消滅している。寂しさはあるが、アラブの生産がなくなることは時代の趨勢と言うしかないのだろう。

我々がアラブと呼ぶ品種は、正確には純血アラブとサラブレッドの混血種であるアングロアラブである。アラブと認められるためには、アラブ種の血が25%以上なければならないとされた。もともとアラブは戦前の軍馬改良の一環として、繊細なサラブレッドを温厚で丈夫なものにしようと盛んに生産が行われるようになった。戦後は復興のため地方競馬が各地で開かれるようになり、馬不足のなか、短い間隔で出走を繰り返すことができて管理も比較的容易なアラブが非常に重宝された。しかし、タイムで劣る、メンバーが固定化している、サラブレッドすら余っている、血量を偽ったテンプラが横行しているなど、ネガティブなイメージが喧伝されて、サラブレッドより格下扱いされるようになると、ファンや馬主の人気は衰えていった。70キロの斤量も苦にしないアラブには独特の魅力があるが、そうした楽しみ方が受け入れられなかったのは不幸なことだった。

アラブ競走の全盛期には中央ではタマツバキ、セイユウ、シュンエイ、地方ではイナリトウザイ、ローゼンホーマなど、歴史に名を残す名馬が次々に現れた。戦後まもなく活躍したタマツバキは 83キロの酷量を背負って勝利するなど、そのタフガイぶりは今でも語り継がれている。厳しい斤量と闘う姿は大いにファンの共感を呼んだそうだ。1957年、アラブで無敵を誇ったセイユウはサラブレッドに挑戦。七夕賞、福島記念を連勝すると、セントライト記念に参戦して59キロの最重量をものともせず同世代のライバルたちを打ち破ってしまった。この時の2着馬は菊花賞を制するラプソデーだった。このセントライト記念がアラブによる初のサラ重賞制覇である。菊花賞は制度上、出走できなかったが、もし出ていればアラブのクラシック制覇の偉業を打ち立てていたかもしれない。

私が競馬を始めてからも、アラブ最強馬によるサラブレッド挑戦はファンの心を躍らす一大イベントだった。南関東アラブ三冠馬・トチノミネフジの中央参戦は記憶にある人々も多いのではないだろうか。1994年、6歳(旧表記5歳)時に隅田川賞で大井二冠ブルーファミリーを破って13連勝を飾ったトチノミネフジは、吾妻小富士オープンへ挑んだ。一時は1番人気に支持されるほどの過熱ぶりだったが、芝適性のなさ故か得意の先行力を活かせずに2番人気11着に敗れた。馬群でもがく巨漢馬の姿に、私は胸が熱くなったのを覚えている。中央・森秀行厩舎のムーンリットガールは何度も挑戦を続けた女傑だった。1994年の府中3歳Sでは勝ち馬ホッカイルソーからコンマ4秒差の5着に健闘。翌年のスプリンターズSでも大敗したものの、重賞馬ゴールドマウンテンらに先着した。アラブの血は後世には繋がらないが、長い間、競馬を支えた彼らの活躍は歴史に留めなくてはなるまい。

|

« 神戸新聞杯予想 パーソロン系の血の継承に期待 | トップページ | ファン有志がイベント企画 ばんえい応援ブロガー盃 »

コラム・書評」カテゴリの記事

コメント

西の最後のアラブの生息地の弱小馬主の
ところにある意味、冷やかしとも本気とも
いやきっと限りなくダメ元のような電話が
北の知人からかかってくる。

いやぁ アラブなんだけど・・誰かいねぇいかい?
オンタなんだけど ごっつくて立派な馬だど
チョキンバゴ←(ママ)で・・幾らでもいい
・・ そうかぁ・・ゆるくないねぇ・・
○○もアラブやんない?・・
△さんは?・・そっかぁ・・競馬やめちゃった・・
うん・・また出掛けてきてよ・・サラのいいメンタ
いるから・・はい・・よろすく・・ああ今度 ししゃも
おくっから・・

もうこんなやりとりも無くなるのだろう。
地方の末端はアラブがサラブになっても
秋が深まると話の内容はさして変わりはない。

投稿: 痴呆馬主 | 2007.09.28 22:02

初めまして。
アラブの交流競走は、サラブレッドよりも盛んに行われ、豪華なメンバーでした。
人間の不都合で殺されるアラブも出てるのですから、非常に残念ですし、中央の思うようになったのが悔しいです…。

投稿: キングトップラン | 2007.10.01 10:10

>痴呆馬主さま
生産者にとってはゆるくないですね。
おっしゃるようにサラブレッドになっても、
その風景は変わらないのでしょうが。

>キングトップランさま
経済原理とはいえ、ほとんどのアラブは
生きることを許されなかったのでしょうから、
やむを得ないとはいえ、心は痛みますね。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2007.10.10 03:07

関係者たち(特に厩務員)は、なんでやりやすいアラブなんて無くしたんだよとかなりの方が思っています。
担当する馬が多くなければ食っていけない競馬場では、アラブは必須だと思います。

投稿: キングトップラン | 2007.10.12 17:33

>キングトップランさま 厩務員の方々はそうした見方なのでしょうね。アラブが消えたのは残念です。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2007.10.18 03:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/16564984

この記事へのトラックバック一覧です: アラブ生産馬ゼロ 血は途絶えても歴史に名を留めん:

« 神戸新聞杯予想 パーソロン系の血の継承に期待 | トップページ | ファン有志がイベント企画 ばんえい応援ブロガー盃 »