« 100円元返しが消滅 一部レースで控除率引き下げも | トップページ | 馬インフルエンザ 20頭感染も開催は予定通り »

2007.08.16

東西トレセンで馬インフルエンザ? 開催にも影響か

ラジオNIKKEIが報じたところによれば、15日、美浦・栗東の両トレーニングセンターで、馬インフルエンザに罹患した疑いのある馬が確認された。現在、馬の移動は見合わされており、今週以降の競馬開催については監督官庁と協議の上、追ってJRAから発表されることになっている。1971年、日本で馬インフルエンザが大流行した際には、 2ヶ月以上に渡って関東地区で開催が中止される事態になった。それ以来、日本では発生は確認されていなかった。乗馬を含む軽種馬は年2回の予防接種が義務づけられており、 JRAでは予防接種を実施していない馬の施設内入厩は拒否し、防疫に努めている。

馬インフルエンザは発熱性を伴う呼吸器系の疾患で、人のインフルエンザと症状が良く似ていると言われる。感染も咳によって空気中に飛散したウィルスを吸い込むことで起きるため、感染力は極めて強い。1971年の流行はニュージーランドから輸入された 5頭の馬が感染源となったが、この時は瞬く間に全国で6782頭が発病。東京競馬場でもわずか11日間に在厩馬の98%以上にあたる956頭が発病した。また、1992年、香港では在厩馬すべてにワクチン接種を行っていたものの、24日間で42%が感染した事例もある。今後は流行を食い止めるため、人馬の移動制限と徹底した消毒作業が行われるものとみられる。

凱旋門賞に挑戦するメイショウサムソンは出国検疫を受けるため、15日に美浦トレセンへ入厩している。 22日には渡仏するスケジュールが組まれているが、海外遠征にも影響が出るかどうかは定かではない。

|

« 100円元返しが消滅 一部レースで控除率引き下げも | トップページ | 馬インフルエンザ 20頭感染も開催は予定通り »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/16131939

この記事へのトラックバック一覧です: 東西トレセンで馬インフルエンザ? 開催にも影響か:

» 馬インフルエンザとな!! [セイコ−馬券的出目Blog]
大変な事になってしまいました[:冷や汗:] 事態が落ち着くまで、しばらく馬券は静観したほうが良いかもしれません。 馬インフルエンザ発生です JRAは今週末の開催を予定通り行う旨を既に発表しましたが・・ 「どの厩舎で発生したのか」については、公表できないだろうし、しても意味が無い。 そもそも馬房自体各厩舎・競馬場では隣接しているわけですから・・ 潜伏期間も考えると東西の別なくかなりの馬が感染していると考えたほうが良いんじゃないでしょうか[:あせあせ:] これがどの程度の影... [続きを読む]

受信: 2007.08.16 19:58

« 100円元返しが消滅 一部レースで控除率引き下げも | トップページ | 馬インフルエンザ 20頭感染も開催は予定通り »