« セレクトセール 近藤利一が意地の兄弟まとめ買い | トップページ | 移籍金40億円! アドマイヤムーンがゴドルフィンへ »

2007.07.13

帯広ばんえい競馬 藤田、安藤勝らが異種格闘技戦?

16日(月・祝)、帯広競馬場に6人のスタージョッキーが集まり、ばんえい騎手となってエキシビジョンレースを繰り広げる。ばんえい競馬は去年、廃止の危機に直面したが、帯広市の単独開催となって存続。今年はナイター開催を行うなど、経営の立て直しが進められている。今回は藤田、安藤勝、四位、横山典、勝浦、池添らが新生ばんえい競馬応援しようと、イベントに駆けつけることになった。ばんえい競馬は通常の競馬と違って、馬に引かせたソリの上に騎手が乗り、長手綱を操りながらゴールをめざす。同じ競馬とはいえ、まったく求められるものは異なる。サラブレッドの扱いに長けた中央騎手は巨大なばん馬も動かすことできるのか、ばんえい独特の仕掛けのタイミングを巧く判断できるのか、とにかく非常に興味深いレースになることは間違いない。

日刊スポーツの報道によれば、イベントを開くために最も汗を流した騎手は藤田だという。ばんえいの馬主協会の理事が安藤賢一調教助手(元騎手)に相談し、安藤助手の呼びかけにいち早く藤田が手を上げたとする。北海道出身ということもあって、去年の廃止危機の際も組合を通じて存続の署名集めをしたそうだ。去年暮れの暴行事件で騎乗停止になり、復帰してからも公式なコメントもなく、 JRAのファン向けイベントには参加せず、NHKマイルCの勝利ジョッキーインタビュー拒否騒動も記憶に新しい。だから、ばんえいイベント参加からは、決してファンや公のために汗をかくことが嫌なのではない、藤田なりの憤りがあって協力しないのだという彼なりの姿勢も感じる。だが、それが何なのかは藤田自身が言葉にしなければ、ファンには届かないのもまた事実だろう。

|

« セレクトセール 近藤利一が意地の兄弟まとめ買い | トップページ | 移籍金40億円! アドマイヤムーンがゴドルフィンへ »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/15742413

この記事へのトラックバック一覧です: 帯広ばんえい競馬 藤田、安藤勝らが異種格闘技戦?:

« セレクトセール 近藤利一が意地の兄弟まとめ買い | トップページ | 移籍金40億円! アドマイヤムーンがゴドルフィンへ »