« 函館記念予想 滞在競馬でサクラメガワンダー◎! | トップページ | 大衆競馬とは何か? ダーレー来襲で揺れる日本 »

2007.07.25

逆境の武豊 最多勝記録達成から始まる大逆襲!?

21日、武豊は小倉競馬12レース有明特別でヒシワンスモアに騎乗して1着となり、 JRA通算2944勝をあげて歴代最多勝記録を更新した。これまでの記録は岡部幸雄の持つ2943勝だった。武豊は1987年の初騎乗以来、20年4ヶ月、1万4104戦をかけて前人未到の領域に達したことになる。とにかく競馬界にとって不世出の騎手であることは間違いない武豊は、新人の年間最多勝記録(69勝)、JRA年間最多勝記録(212勝)を始めとしてありとあらゆる記録を樹立してきた。これまでJRA重賞は245勝、G1は58勝。また、そうした中央競馬の活躍だけでなく、地方競馬を盛り上げようと交流競走に頻繁に参加したり、海外への挑戦も粘り強く重ねて日本競馬の地位を高めてきた功績も大きい。さらには競馬の社会的認知を獲得させたスマートな立ち振る舞いは、他の騎手では替わることができなかっただろう。

武豊が初めてG1を制したのはデビュー2年目の1988年。スーパークリークとコンビを組んだ菊花賞だった。直前まで出走権のなかったスーパークリークの騎乗に固執したため、岡田繁幸が所有馬を回避させた逸話はあまりに有名だ。翌春の桜花賞、大外枠に入ったシャダイカグラは出遅れを逆に利して優勝したが、世間では武豊は故意に出遅れさせたのではないかと噂された。こうした武豊の風評は1990年暮れの有馬記念で、「終わった」と評されたオグリキャップを勝利に導いたことで伝説へと昇華した。 94年スキーパラダイスで日本人初の海外G1制覇、98年シーキングザパールで日本調教馬初の海外G1制覇を達成。国内でもメジロマックイーン、ベガ、ダンスインザダーク、エアグルーヴ、スペシャルウィークらで数々のG1を総なめにし、ディープインパクト無敗の三冠で全てをやり尽くしたかのように思える。

しかし、歴代最多勝記録に達した今年、皮肉にも武豊はこれまでにない逆境に苦しんでいる。長年、築いてきたリーディングトップの牙城が地方出身の岩田らによって崩されようとしているのだ。現在、武豊のリーディングは関西3位。不振の原因は他騎手のエージェントの台頭で包囲網が形成され、今までのように自由に馬を選べなくなったことだと指摘されている。また、サンデーサイレンス産駒が少なくなり、同産駒とのコンビで得意としていた瞬発力を活かす競馬が足枷になっているとの声も聞かれる。これが原因だと断言することは今の時点では難しいだろうが、実際、ダービーではアドマイヤオーラを降板させられ、岩田に取って代わられるという屈辱も経験した。だが、武豊にとってはマンネリ化した国内競馬のモチベーションを再び高める発奮材料になったのは間違いない。下半期、リーディング争いは武豊がどれだけスパートをかけて岩田を差し切れるか、例年になく面白い勝負になるはずだ。

もうひとつ、下半期、武豊の存在感を示すことになりそうなのが、メイショウサムソンに騎乗する凱旋門賞。敬愛する先輩、石橋守のお手馬をいただく格好になっただけに、それなりの覚悟をもって依頼を受諾したはずだ。輝かしい経歴のなかで、凱旋門賞だけは武豊は目をそらしたいレースではないか。 94年、有力馬のホワイトマズルの手綱を任されたものの、消極的なレース運びで6着。「何もしなかった」日本人騎手に現地の関係者やファンからは厳しい批難が浴びせられた。そして、去年のディープインパクト。ディープの気性、日本とのスタートの違い、ペースなど様々な要因を考えれば、誰が乗っても1位で入線させることは難しかったのかもしれない。しかし、レースに最も悔いを残しているのは手綱を取った本人だろう。不振と言われた2007年も終わってみれば、リーディングの指定席は明け渡さず、凱旋門賞優勝の偉業も成し遂げる、武豊なら見事にやってのけそうな気もしてならない。天才の逆襲から目が離せない。

|

« 函館記念予想 滞在競馬でサクラメガワンダー◎! | トップページ | 大衆競馬とは何か? ダーレー来襲で揺れる日本 »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

そういやホワイトマズルの調教師はレース後、カンカンでしたねw

投稿: ジュサブロー | 2007.07.26 04:37

あれは未だに欧州での武豊の評判に尾を引いているとも聞きますが。。。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2007.07.30 02:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/15897635

この記事へのトラックバック一覧です: 逆境の武豊 最多勝記録達成から始まる大逆襲!?:

» 武豊が8月は月間27勝で安藤勝己を抜いて騎手リーディング2位に [RACING BOOK -競馬予想ブログ-]
 リーディング上位騎手がいない小倉では武豊の天下で1回小倉最終を残して19勝と勝ちまくり、その前の阪神と新潟を合わせて27勝もして騎手リーディングも安藤勝己を抜いて2位に上昇。5月20日に集計したときは8位で安藤勝己に18差、岩田康誠に25差あったのが安藤勝己には4差をつけ、岩田康誠には14差まで詰め寄ってきた。この調子でいけばリーディング奪取の日も近いと思ったが、8月1日(水)~8月13日(月)までフランスとイギリスでの騎乗があるので4日間のお休み。帰国後は小倉は6日間あるのでここでどこまで勝ち... [続きを読む]

受信: 2007.08.04 12:05

« 函館記念予想 滞在競馬でサクラメガワンダー◎! | トップページ | 大衆競馬とは何か? ダーレー来襲で揺れる日本 »