« POGドラフト ミーハーなラインナップでごめん | トップページ | 旅打ち金沢競馬! 百万石の男気に触れる北陸路 »

2007.06.15

新馬戦開幕! 超良血ポルトフィーノがヴェールを脱ぐ

今週から待望の新馬戦の火蓋が切って落とされる。 16日(土)は函館、福島、阪神の3場で、それぞれ1鞍ずつ新馬戦が組まれている。最も早い11時50分にファンファーレが鳴る函館(芝千)は10頭立て。新種牡馬ショウナンカンプの産駒、牝馬アイリスモレアが人気を集めている。父は高松宮記念を制すなど、サクラバクシンオーのスピードを余すところなく受け継いだスプリンターだった。アイリスモレアもゲートが速く、調教でも好時計を出して評判になっており、平坦コースなら先手を奪って楽々と逃げ切る場面も想像される。ライバルは母ソロシンガーも兄ラントゥザフリーズも函館で新馬戦を勝った牝馬ワイルドエキサイト。去年の新馬勝ち1号、ローレルゲレイロはG1で2度2着する活躍をみせた縁起の良いレースだけに、今年の勝ち馬にも注目したい。

福島(芝千)は関東馬9頭が鎬を削る。元祖・仕上がり早のラフィアン勢のなかでも、確勝級の呼び声が高いのがアドマイヤコジーン産駒の牝馬マイネアルデュール。父はアストンマーチャン、アドマイヤヘッドなど早熟の子を多く輩出しており、この馬の完成度も高いだろう。追い切りでは馬なりながら万全の動きを見せている。去年、サンツェッペリンの素質を育成段階から見出していた松岡騎手が、今年はこの馬にゾッコンだというのも人気を後押ししている。同じく岡田総帥の申し子になる牝馬コスモビットは、新種牡馬アグネスデジタル産駒の初陣を飾る。 5月半ばに入厩してから乗り込み量は充分。オールラウンダーだった父はどんな仔を出すのか、レースぶりが非常に楽しみだ。

阪神(千六)ではドラフト1位候補としてPOGファンの指名を集めた牝馬ポルトフィーノが早速ヴァールを脱ぐ。母は平成の女傑エアグルーヴ、サンデー産駒の姉アドマイヤグルーヴも G12勝をあげた超良血馬。父がクロフネ、所属が角居厩舎に変わったが、やはり鞍上は一族の手綱を取ってきた武豊。ほとんどが初戦勝ちの血統ということもあり、単勝は2倍を切る断然人気になるやもしれない。但し、他の出走馬のレベルも低くない。マル外、牡馬ダンジグマスターはその名の通りダンチヒ産駒。母の父はシーキングザゴールドときているから、初戦向きのスピード馬であることは間違いない。マイルでポルトフィーノを負かすようなら先々は明るい。

|

« POGドラフト ミーハーなラインナップでごめん | トップページ | 旅打ち金沢競馬! 百万石の男気に触れる北陸路 »

若駒・POG・一口」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/15448742

この記事へのトラックバック一覧です: 新馬戦開幕! 超良血ポルトフィーノがヴェールを脱ぐ:

» 良血馬ポルトフィーノが新馬戦を圧勝 [RACING BOOK -競馬予想ブログ-]
 阪神5レースに出走したポルトフィーノは父クロフネ、母エアグルーヴの良血馬。姉アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯を2勝、母系には高松宮記念を勝ったオレハマッテルゼやマイラーズカップを勝ったエガオヲミセテなどがいる。この牝系は社台グループが大切にしている血統で初仔馬のアドマイヤグルーヴを除けば社台の持ち馬(サンデーレーシング)に。新馬戦をもったままの圧勝したことで次も人気になるのでしょうね。ちなみにエアグルーブの子供5頭がこれまでデビューしていますが、デビュー戦は全て武豊が手綱をとっていました。初... [続きを読む]

受信: 2007.06.17 11:13

» ウォッカは宝塚記念も勝ってしまうのか!? [にっかんせきぐち]
エアグルーヴでさえ勝てなかったのに(笑)ダービー前後にそんな発言をして失笑を買ったもと名調教師にして、今や老害と称される調教師さんがいらっしゃいましたっけ。そして、宝塚記念。... [続きを読む]

受信: 2007.06.19 11:56

« POGドラフト ミーハーなラインナップでごめん | トップページ | 旅打ち金沢競馬! 百万石の男気に触れる北陸路 »