« 遅ればせオークス回顧 責められぬ秋山のハナ差負け | トップページ | 父を継ぐダービー制覇へ フサイチ鳳凰◎! »

2007.05.24

皇太子殿下がダービー行啓 馬上礼の似合う騎手は?

今週、東京競馬場で行われる日本ダービーを皇太子殿下がご観戦されることが明らかになった。新スタンド完成を記念してJRAが招待したもので、国内での競馬観戦は殿下にとっても初めてとのこと。一昨年、天皇賞秋に天皇・皇后両陛下がいらした天覧競馬では、勝った松永幹夫がヘルメットを取って馬上から最敬礼したことが大きな話題になった。勝利ジョッキーが馬上礼を行うことは事前にファンには知らされていなかったが、このような姿が似合うのはミッキーか武豊ぐらいしかいなかったなと、レース後はしみじみと感じさせられた。今回は武豊、福永が適格で、カッチー、四位、柴田善あたりが有資格か。地方出身の安藤勝、岩田康は微妙だが、藤田の単は100%消えたと考えてよい。

JRAの皇室への心配りは一方ならぬものがある。かつて、陛下が皇太子時代にご観戦されたときは、ニッポーテイオー、レジェンドテイオーの帝王馬券が炸裂。一昨年の天覧競馬では紀宮殿下ご成婚を祝ってヘヴンリーロマンスが優勝。皇后陛下には同馬の単勝馬券が渡されていたという。皇室馬券は明快さが基本だ。フサイチホウオー「法皇」「法王」につながり、陛下が「訪欧」中と考えればど真ん中。皇位継承というお立場を鑑みれば、「ダービー馬はダービー馬から」という競馬界の格言を体現すべく、ジャングルポケット産駒の同馬が勝つのも納得がいく。馬名ではヒラボク"ロイヤル"が皇室を連想させるが、この馬の父もダービー馬、タニノギムレット。両馬とも父内国産というのが素晴らしい。ホウオー→ロイヤルの馬券は買ってみよう。

|

« 遅ればせオークス回顧 責められぬ秋山のハナ差負け | トップページ | 父を継ぐダービー制覇へ フサイチ鳳凰◎! »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

皇太子殿下御成婚奉祝記念の宝塚記念はマックイーンと
イクノディクタスで牡牝カップルでしたねw
普通に考えればフサイチホウオーで頭は堅いんでしょうが
タニノギムレット産駒が3頭もいるのが妙に気になります。
連下に要注意ってことでしょうか。まさかウオッカ・・・?

投稿: ジュサブロー | 2007.05.24 17:48

まさにご名答でした^^;

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2007.05.29 12:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/15184336

この記事へのトラックバック一覧です: 皇太子殿下がダービー行啓 馬上礼の似合う騎手は?:

« 遅ればせオークス回顧 責められぬ秋山のハナ差負け | トップページ | 父を継ぐダービー制覇へ フサイチ鳳凰◎! »