« 大混戦の春の盾 穴のセオリーは人気薄の逃げ馬? | トップページ | ユートピア カムズバック! 強豪蹴散らす米重賞制覇 »

2007.04.29

波乱の長距離戦は騎手で買う 横山典&マツリダゴッホ

人気が割れている。メイショウサムソンアイポッパーが4倍前後で推移し、デルタブルースが5倍ほどで続いている。お世辞にも三強と呼べるようなものではなく、どの馬も信頼に足りないという不安なファン心理が反映されているようにみえる。私も同じ、本命馬が決まらない。こういう時こそ、騎手から狙ってみようか。平成の盾男、武豊が香港遠征で不在ならば、大威張りできるのが横山典。長距離戦は騎手で買えというが、ノリの天皇賞春や菊花賞の芸術的な騎乗を思い出す人も多いと思う。イングランディーレ、アドマイヤジャパン、セイウンスカイ、サクラローレルなど、逃げ、先行、追い込みとペースを読みきった自由自在な手綱さばきは見事としか言いようがない。

今年、ノリが操るのはGⅠ初挑戦の4歳馬マツリダゴッホ。昨夏は北海道で勝利を挙げ、セントライト記念から菊を目指そうとしたものの、不運な落馬でローテーションを変更せざるを得なかった。年が明けたAJCCでは、早め先頭に立ち 5馬身ちぎる圧勝で初重賞制覇。しかし、日経賞では同じく早めのスパートをしながら、ネヴァブションらに差される結果になった。距離適性という観点にこだわれば三千二百は長すぎることになろうが、前走で脚を測ったノリが同じ競馬をさせるとは考えづらい。前か後ろか、どこで脚を溜めるか分からないが、ここぞという一瞬でゴーサインを出すはずだ。ちなみにマツリダゴッホの祖母フローラルマジックはナリタトップロードの母でもある。叔父が三度挑戦して叶わなかった雪辱を果たせば、一族にとっても祭りがやってくる。

◎マツリダゴッホ ○アイポッパー ▲デルタブルース
△トウカイトリック、ネヴァブション、ファストタテヤマ、メイショウサムソン

|

« 大混戦の春の盾 穴のセオリーは人気薄の逃げ馬? | トップページ | ユートピア カムズバック! 強豪蹴散らす米重賞制覇 »

レース予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/14884305

この記事へのトラックバック一覧です: 波乱の長距離戦は騎手で買う 横山典&マツリダゴッホ:

« 大混戦の春の盾 穴のセオリーは人気薄の逃げ馬? | トップページ | ユートピア カムズバック! 強豪蹴散らす米重賞制覇 »