« 「馬耳東風 競馬データ予想」 活動休止のお知らせ | トップページ | 桜花賞予想 三連単で三強の一角崩れを狙え »

2007.04.05

Jpn1・桜花賞 二強はウォッカを逆転できるか?

いよいよクラシックシーズンが到来。今週は初の"Jpn1(ジーワン)" 桜花賞が行われる。巷ではウオッカダイワスカーレットアストンマーチャンの三強対決とも言われているが、各紙の予想オッズを眺めるとウオッカ一強の感も否めない。 4日には有力馬の最終追い切りが敢行されたが、3頭とも順調な調整ぶりをアピールし、ほぼ100%の状態で本番を迎えることができそうだ。ここまで桁違いの強さを見せているウオッカは、桜花賞次第ではダービーに向かうことも検討されている。十年に一度の名牝とも噂されるウォッカの戴冠は揺るぎないのだろうか。

ライバルとなるダイワスカーレットは、前走のチューリップ賞でハナを切り、ウォッカが来るのを待って直線で追いだした。結果的には着差以上の完敗だったわけだが、陣営には完調ではなかったとの思いも強いようだ。いつもよりイラついていたこと、あくまでトライアル用の仕上げだったのは間違いなく、今回は坂路で連日の猛稽古を積んでいる。「馬の後ろに入れて気を抜かせるような調整」(松田国師)というから、本番では好位で抑える競馬をすることになるだろう。弥生賞馬アドマイヤオーラを完封した実力は、例年なら桜の1番人気に推されているはず。ウォッカが馬群を割るのにもたつく場面があれば、ダイワ→ウォッカの馬単はある。

アストンマーチャンはウォッカと阪神JFで対決して、クビだけ差されてしまった経験を持つ。マイルより1400の方が良いのは確かだが、こうしたスピードに勝ったタイプも桜では数多く連対している。前走、楽勝したフィリーズレビューは準オープンの時計に肉薄しており、この馬もクラシックホースの及第点は充分に得ている。今年、気に留めておきたいのは、阪神が改修されて外回りコースで行われるということ。直線が長いためか追い出しを待つケースが多く、往年の「魔の桜花賞ペース」にはなりづらい。距離ロスのない内枠を引けば、俄然、差は縮まってくる。

|

« 「馬耳東風 競馬データ予想」 活動休止のお知らせ | トップページ | 桜花賞予想 三連単で三強の一角崩れを狙え »

事前見解」カテゴリの記事

コメント

珍しくノーザンファーム産が出ていませんね。
その分、長男のところで6匹出してますけど。
社台の運動会には辟易していますのでウオッカから
その他へ馬単で11点流してもプラスになるかな?
シスタートウショウの年に出走馬の血統も雰囲気も
似ている気がするので第二のヤマノカサブランカに期待!

投稿: ジュサブロー | 2007.04.06 19:28

>ジュサブローさま やはり社台は強かった。ノーザンの後塵を拝して、今年は発奮たのでしょうか。

投稿: ガトー@馬耳東風 | 2007.04.10 02:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/14560954

この記事へのトラックバック一覧です: Jpn1・桜花賞 二強はウォッカを逆転できるか?:

« 「馬耳東風 競馬データ予想」 活動休止のお知らせ | トップページ | 桜花賞予想 三連単で三強の一角崩れを狙え »