« 6億円馬の姉・アゲヒバリ 船橋でデビュー快勝 | トップページ | ディープロス症候群? エイプスが背負った異常人気 »

2007.02.12

佐賀記念 ”がばい馬”サイレントディールに期待

交流重賞、佐賀記念(ダ二千)。1着賞金3000万円は地元では破格、今年で34回目を迎える由緒あるレースだ。日程的には川崎記念とフェブラリーSの狭間にあるため超一流馬の参戦はないが、毎年、九州のお祭りレースとして大いに盛り上がる。今年、中央勢の実力は地方勢を上回っているとは言え、確たる軸として信頼できる馬には悩む。そうした中、ひさびさの重賞勝利を期待したいのがサイレントディール。ダートではフェブラリーSで2着、帝王賞で3着したほどの馬だが、芝も長距離もこなしてしまう器用貧乏さで損をしてきたように思える。もともとはクラシックで好走していた”がばい”(すごい)馬。ダート二千はベストのはずで、武豊の手綱なら頭から勝負したい。

◎サイレントディール ○クーリンガー ▲バンブーエール
△マイネルボウノット、ナムラハンニバル

発走・12日15時55分。

|

« 6億円馬の姉・アゲヒバリ 船橋でデビュー快勝 | トップページ | ディープロス症候群? エイプスが背負った異常人気 »

地方競馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/13879925

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀記念 ”がばい馬”サイレントディールに期待:

» フェブラリーS の展望 [競馬で小遣い稼ぎ!プロ顔負けの競馬予想でリーマン脱出を目指すブログ]
今週末には早くも今年しょっぱなのG1レース、フェブラリーSが行われる。このフェブラリーSの過去の結果を見てみると武豊やペリエがところどころに名を連ねており彼らの得意としているレースでもある。その武豊は毎度お馴染のシルバーコレクターであるシーキングザダ...... [続きを読む]

受信: 2007.02.14 12:33

« 6億円馬の姉・アゲヒバリ 船橋でデビュー快勝 | トップページ | ディープロス症候群? エイプスが背負った異常人気 »