« 新春恒例 2007年のダービー馬を占う! | トップページ | オグリキャップ産駒 イギリスで300万円で落札 »

2007.01.11

JRA賞 年度代表馬・ディープインパクトは満票ならず

2006年度JRA賞が発表された。毎年毎年、同じことをブログで書き続けるのも飽きてきたので、去年の文章をコピーしておく。ちなみに今年の投票内容の非公開希望者は、去年より1人少ない20人だった。

JRA賞は記者投票である以上、個人の主観によって賞に相応しいと思った馬に投票すれば良い。だから、未勝利馬に投票したって構わない。だが、「但し」と付け加えたい。権利を行使した責任を負うべきである。… なぜGⅠ未勝利馬を選んだのか、なぜ該当馬なしなのか、プロとして理由を明示してほしい。「私はディープインパクトしか観ていません。戦績を調べるのも面倒です」というのなら、潔く投票権を譲れば良い。…Gallopでは記者が投票理由を述べる特集記事が組まれたこともあるが、非常に興味深いものだった。こうしたものがオフィシャルにあれば、後世に受賞馬がどのような評価をされていたのかも資料として残る。投票権者の資質向上がなければ、JRA賞の格は落ちるばかり。まずは投票理由の付記から実現させてほしい。

さて、今年の受賞馬を見て行こう。年度代表馬はディープインパクト。ダイワメジャー(報知・浜木俊介)、該当馬なし(報知・高栁哲人)に一票ずつ入った。GⅠを何勝しようと薬物違反で失格になった馬に受賞資格はないとの判断か。それはそれで見識だと思う。ただ、その論理なら高栁は最優秀4歳以上牡馬でもディープを外すべきだったのではないか。最優秀3歳牡馬はメイショウサムソンが受賞。解せないのはスプリント戦である京阪杯勝ち馬のアンバージャックへの一票(会友・橋本邦治)。 91年に著書「話のかいば」で馬事文化賞を獲得したベテラン記者だが、当の短距離馬は該当馬なし、3歳牝馬でフサイチパンドラ、古馬牝馬でスイープトウショウと記している。少しお年を召しすぎたか。

最優秀4歳以上牝馬はヴィクトリアマイルの初代女王、ダンスインザムードが戴冠。キャッシュコールマイルで勝利し、秋も牡馬相手に善戦を続けたことを考えれば妥当な結果だろう。少数票はシーイズトウショウ、メイショウバトラー。趣味で入れているとしか言いようがない。玄人好みするタイプの牝馬ではあるが。最優秀3歳牝馬、最優秀父内国産馬はキングヘイロー産駒、カワカミプリンセス。エリザベス女王杯1位降着の幻の三冠馬で実質無敗は素晴らしい戦績だった。しかし、個人的には父内国産はメルボルンCを制したデルタブルースに進呈したかった。同レースは欧州の凱旋門賞、北米のBCに相当するもので、その偉業はもっと評価されて良いものだ。国内の成績が振るわなかったからと、特別賞さえ見送るというのは南半球蔑視も甚だしい。バランスオブゲームの1票(馬・菅原功)はニヤリとするところか。

最優秀短距離馬ダイワメジャーも順当な結果だろう。オレハマッテルゼに37票、シーイズトウショウに10票も入ったのは、短距離馬の響きがマイラーと一致しないためか、それともメジャーに中距離馬の印象が強すぎるためか。意外だったのは最優秀ダートホース。アロンダイト(143票)に文句はないが、カネヒキリの37票との差は大きすぎる。フェブラリーSを制して、ドバイWCで4着。GⅠの数だけなら3勝のブルーコンコルド(94票)だが、中央GⅠに価値を置くなら両馬は際どい接戦になって良い。今年の最大の見所が「年始めのレースは忘れやすい」という単純な理由で失われたとしたら惜しい。ユートピア1票は膝を打ったが、非公開では共感半減だ。タイムパラドックスも非公開。受け狙い票に入れるために非公開にするのだろうか。

GⅠの勝ち馬が自動的に受賞することになる2歳馬部門は、ドリームジャーニーウォッカ。但し、牡馬はフサイチホウオーが76票も集めた。去年、ラジオたんぱ杯を勝ったサクラメガワンダーが1票だったことを考えると、いかに多くの得票を得たかが分かる。東スポ杯でドリームを降したことから、GⅠ馬に投票しない抵抗感も薄れたからだろう。ホウオーは古馬に混じって父内国産でも1票を得ている(大阪スポーツ・米原聡)。去年、米原は父内国産でサンデー産駒のハットトリックに投票して大恥をかいた。馬名からサッカーボーイ産駒と勘違いしたとのアホらしい噂もある。今年、ひとり敢然と2歳馬に投じた米原には「ちゃんとジャングルポケット知ってまっせ!」とアピールする強い意志を感じる。その気持ちを汲み取って差し上げたい。

最優秀障害馬は瀬戸口厩舎に恐らく最後のGⅠ勝利をもたらすことになったマルカラスカル。中山大障害の6馬身差圧勝も強烈だったし、西谷の涙のインタビューも印象深い。例年、該当馬なしの票も多い障害部門だが、マルカラスカルが206票の支持を受けたのには安堵した。最後になるが、ロジック、フィフティーワナー、テレジェニックなど、少数票ばかり投じたジャパンタイムスのバーバラ・バイヤー記者について。在日20年でアラン・ムンロの通訳を務めたこともあるというが、誰か記者投票の意味を知らせてあげる必要がありそうだ。なお、騎手大賞は武豊、最多勝利調教師は63勝の森秀行師。地方交流レース15勝をあげた鋭い経営感覚が、リーディングの座を射止めたと言えよう。

>>記者投票集計結果

|

« 新春恒例 2007年のダービー馬を占う! | トップページ | オグリキャップ産駒 イギリスで300万円で落札 »

気になるニュース&ブログ」カテゴリの記事

コメント

橋本さんは投票できてもあと数回なんで見てみぬフリをするとして、報知の記者は酷いね。何のためにJRA賞の投票権を競馬関係者に与えているのか意味がまるでわかってない。個人が選ぶMVP投票か何かと勘違いしているとしか思えませんな。普段のアンケートのようにファンの中から1000人くらい選んで投票させた方がこれならマシな気がする。

投稿: ジュサブロー | 2007.01.11 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1902/13431970

この記事へのトラックバック一覧です: JRA賞 年度代表馬・ディープインパクトは満票ならず:

» 2006年度JRA賞」決定 [Forza Yuichi]
1.競走馬部門 年度代表馬 ディープインパクト号 栗東・池江 泰郎きゅう舎 最優秀2歳牡馬 ドリームジャーニー号 栗東・池江 泰寿きゅう舎 最優秀2歳牝馬 ウオッカ号 栗東・角居 勝彦きゅう舎 最優秀3歳牡馬 メイショウサムソ... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 16:48

» JRA年度代表馬に関わるあれこれ雑感 [Re:F's blogroom]
 既に昨日の新聞にも出てたニュースなので、今になって特段語るものはないかもしれない。それでも、ディープインパクトの年度代表馬には文句の出ようもないけど、あえてダイワメジャーに1票入れたH木さんとか、「該当馬... [続きを読む]

受信: 2007.01.11 22:25

» [競馬][マスコミ] JRA賞は現状ファンが競馬マスコミ人の見識をチェックする場になってる [昨日の風はどんなのだっけ?]
JRA賞記者投票内訳、個人的メモ。 : 傍観罪で終身刑 JRA賞 年度代表馬・ディープインパクトは満票ならず : 馬券日記 オケラセラ 個人的にはダートホースと障害馬に該当馬無し投票をした三宅アナには失望、というか氏に対する見方が少し変わりそう、あと馬場アナウン... [続きを読む]

受信: 2007.01.12 02:53

» JRA賞 [うぉんばっとな毎日]
JRA賞が発表されています(記事)。 年度代表馬 ディープインパクト(栗東・池江泰郎厩舎) GI4勝ですから文句なしでしょう。 凱旋門賞での薬物使用がフェアプレーに反するとしてディープに投票しなかった記者もいるようです。これはそれなりの理由となるでしょう。 しかし、その凱旋門賞では失格処分を受けています。薬物に関する処分は規定に従って既に受けたと私は考えます。 最優秀2歳牡馬 ... [続きを読む]

受信: 2007.01.19 20:35

« 新春恒例 2007年のダービー馬を占う! | トップページ | オグリキャップ産駒 イギリスで300万円で落札 »